祝・アニメ完結! マンガ『徒然チルドレン』ですさまじい「青春の破壊力」を体感せよ(1/2 ページ)

一気読みで昇天しよう。

» 2017年09月28日 12時00分 公開
[ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像 「徒然チルドレン」(C)若林稔弥/講談社

 どこにでもいる高校生たちを主人公にした青春マンガ『徒然チルドレン』(若林稔弥)。7月から放送開始されたアニメが、先日めでたく最終回を迎えました。

 アニメ放送に合わせてねとらぼに出張掲載した12話を、あらためて振り返ってみましょう。それにしても出てくるカップルみんながみんな、笑って泣いて悩んでドキドキして、一気読みするとすさまじい破壊力。こんな高校生活、送りたかった……。


エピソード1:『スピカ』

徒然チルドレン『スピカ』

 二人きりの天文部。笹原は先輩の湯川に毎日「好き」とちゃかしているけど、本当の気持ちは……。タイトルのシルエットが流す涙と、震える笑いがつらい。


徒然チルドレン『スピカ』

 ちゃかしてくる相手が自分を好きかどうかなんて、うすうす気付くものです。そんなのわかってるけど、どっちが先に真面目に切り出すかは、本当に悩ましい。わちゃわちゃしていた関係に、もう戻れなくなるのだもの。2人で笑って、1人で泣いて。



エピソード2:『お兄ちゃんの彼女』

徒然チルドレン『お兄ちゃんの彼女』

 大好きなお兄ちゃんに、変な虫がついた……だれあの女!? 彼女とかありえないでしょう私がいるのに!? 妹の怒りが、炸裂する。


徒然チルドレン『お兄ちゃんの彼女』

 何考えてるかわからない皆川さんと、嫉妬の炎燃やす妹につきまとわれる古谷兄。……そんなことあるかー! ふざけんな古屋兄! ラブコメ体質! ラノベ主人公! なんだよこの……うらやましい……くそう……。



エピソード3:『恋はカッコ悪い』

徒然チルドレン『恋はカッコ悪い』

 いつも遠くから見ていた栗原さん。彼女がこんな冴えなくてパッとしないぼくに声をかけてきた……あ、そっか、夢だなこれ。うん。え、現実なの?


徒然チルドレン『恋はカッコ悪い』

 自信がない山根くんシリーズは、『徒然チルドレン』屈指のあるあるエピソード山盛り。今までモテたことがなくて、コミュニケーションが苦手な、ディープオタク。褒められると不安になる。相手に対して自分を低めてしまう。これって老若男女問わずあると思う。



エピソード4:『ラブコメディ』

徒然チルドレン『ラブコメディ』

 お互いボケツッコミをしていたコント友達、内村千秋と飯島香奈も、晴れてカップルに。とそこまでは良かったけど、今までの友人関係が強すぎて一歩踏み出せない、まだキスもしていない2人がとうとうベッドで……!


徒然チルドレン『ラブコメディ』

 えーと、殴りたいので壁十枚持ってきてもらえますか。なんなの今の高校生ってこうなの!? しれっとえっちするの!? そんな青春知らんぞ!(個人差があります)



エピソード5:『Re:』

徒然チルドレン『Re:』

 告白ができない、神田沙希と高瀬晴彦。ぶっちゃけお互い好き同士なのは周りから見たらまるわかりなんだけど、お互い超絶ヘタレすぎて、ちゃんとした告白ができない! ここはメールの力を借りることにしたが……。


徒然チルドレン『Re:』

 声の場合は口調で感情が伝わります。でもメールは文字だから、どういう意味なのかはかれない。だから「メールでの告白は、するのもされるのもNG」という人も、女性雑誌なんかのアンケートを見るとそこそこいるようですね。ただ、面と向かっては恥ずかしいから、記録に残るから、と電話やメールの方を好む人もいるようです。



エピソード6:『Xファイル』

徒然チルドレン『Xファイル』

 先日意を決して初エッチに挑もうとした内村千秋と飯島香奈(香奈母の機転でゴム準備済み)。ところが母親の乱入により、あえなく未遂に終わったのだった。それ以来、幼馴染から恋人関係にシフトした2人は仲良くすごしているものの、なぜだろう、進展がなくなってしまった……モルダー、この事件の理由はわかる?


徒然チルドレン『Xファイル』

 2人でバカやるのは楽しいのだけれども、香奈としては「正直、今はネタとかどうでもいいなぁ……」。じゃあ千秋はと言うと……キスしたいよなー! 男の子だもんなー!! タイミングわかんないだけだよなー!!!



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」