ニュース
» 2017年10月01日 16時37分 公開

日本始まったな! 「蜷川実花×異色肌ギャル」の極彩色コラボに鳥肌が止まらない

この世界観に飲み込まれたい。

[深戸進路,ねとらぼ]

 色彩豊かな作風で知られる女性写真家の蜷川実花さんと、極彩色の肌色が話題を呼んだ「異色肌ギャル」のコラボが実現。9月30日に開催された「六本木アートナイト2017」でスペシャルパフォーマンスが上演され、イベントに訪れた多くの観客を未曾有のエンターテインメントへと誘いました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 日本道中 「蜷川実花×異色肌ギャル」左から、美紅、いちごれあ、miyako、ひつじちゃん、ソノラマ(敬称略) photo by.レアメタル伊藤
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 パフォーマンの様子 photo by @lmskii
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 極彩色×極彩色のコラボレーション photo by @lmskii

 「異色肌ギャル」とは、モデルやライターとして活動するmiyakoさんがプロデュースするファッションプロジェクト。2017年6月に「ウチらが一番カワイイし」のうたい文句で投稿された写真が大きな話題を呼び、アメリカのお菓子を擬人化したような奇妙でポップな肌色をした“ギャル集団”として国内外で注目される存在となりました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 「ウチらが一番カワイイし」で話題となったmiyakoさんの異色肌ギャル姿

 その後も、9月にはオシャレのホットスポットである表参道においらん姿で現れ、周囲の視線をくぎ付けにするなど順調に知名度を上昇させていた「異色肌ギャル」(関連記事)。今回のコラボでは、同イベントのメインアーティストである蜷川さんが手掛けたパフォーマンス「TOKYO道中」に出演し、極彩色×極彩色が生み出す幻想的な世界観で観客を魅了しました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 圧倒的な世界観……! photo by @lmskii
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 今後はさらに注目度が高まりそう photo by @lmskii

 ネット上では、「アートナイトで異色肌ギャルを間近で見れた、かっこいい!」「初めての生異色肌ギャル!! 言葉が出ない!! 最高過ぎる!!」「極彩色のステージに異色肌ギャルのみなさんが加わっての鳥肌もの」など早くも話題に。ステージを終えたmiyakoさんも、「本当に本当にありがとうございました」「なんと言って良いかわからないけど、もう本当に楽しかったよ〜〜!!!」とあふれる喜びを表現しています。

関連キーワード

ギャル | 蜷川実花 | 芸術 | 六本木 | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」