ニュース
» 2017年10月01日 16時37分 公開

日本始まったな! 「蜷川実花×異色肌ギャル」の極彩色コラボに鳥肌が止まらない

この世界観に飲み込まれたい。

[深戸進路,ねとらぼ]

 色彩豊かな作風で知られる女性写真家の蜷川実花さんと、極彩色の肌色が話題を呼んだ「異色肌ギャル」のコラボが実現。9月30日に開催された「六本木アートナイト2017」でスペシャルパフォーマンスが上演され、イベントに訪れた多くの観客を未曾有のエンターテインメントへと誘いました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 日本道中 「蜷川実花×異色肌ギャル」左から、美紅、いちごれあ、miyako、ひつじちゃん、ソノラマ(敬称略) photo by.レアメタル伊藤
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 パフォーマンの様子 photo by @lmskii
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 極彩色×極彩色のコラボレーション photo by @lmskii

 「異色肌ギャル」とは、モデルやライターとして活動するmiyakoさんがプロデュースするファッションプロジェクト。2017年6月に「ウチらが一番カワイイし」のうたい文句で投稿された写真が大きな話題を呼び、アメリカのお菓子を擬人化したような奇妙でポップな肌色をした“ギャル集団”として国内外で注目される存在となりました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 「ウチらが一番カワイイし」で話題となったmiyakoさんの異色肌ギャル姿

 その後も、9月にはオシャレのホットスポットである表参道においらん姿で現れ、周囲の視線をくぎ付けにするなど順調に知名度を上昇させていた「異色肌ギャル」(関連記事)。今回のコラボでは、同イベントのメインアーティストである蜷川さんが手掛けたパフォーマンス「TOKYO道中」に出演し、極彩色×極彩色が生み出す幻想的な世界観で観客を魅了しました。

異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 圧倒的な世界観……! photo by @lmskii
異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako異色肌ギャル 蜷川実花 六本木アートナイト2017 TOKYO道中 miyako 今後はさらに注目度が高まりそう photo by @lmskii

 ネット上では、「アートナイトで異色肌ギャルを間近で見れた、かっこいい!」「初めての生異色肌ギャル!! 言葉が出ない!! 最高過ぎる!!」「極彩色のステージに異色肌ギャルのみなさんが加わっての鳥肌もの」など早くも話題に。ステージを終えたmiyakoさんも、「本当に本当にありがとうございました」「なんと言って良いかわからないけど、もう本当に楽しかったよ〜〜!!!」とあふれる喜びを表現しています。

関連キーワード

ギャル | 蜷川実花 | 芸術 | 六本木 | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」