ニュース
» 2017年10月03日 17時45分 公開

高田延彦が20年越しにヒクソン・グレイシーとの一戦を語る番組、10月9日に放送へ

もう20年前……だと……?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 約20年前、格闘家、ヒクソン・グレイシーとの世紀の一戦に臨んだ元プロレスラーでタレントの高田延彦さんが、10月9日6時30分から放送のインタビュー番組「ここから」(NHK総合)で当時を振り返ることが明かされました。

高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE ここから 早朝に振り返る高田ヒクソン戦(画像はNHK 番組表から)

 立ち技では「K-1」がスタートし、ほとんど無名だったブランコ・シカティックがKOの山を築いていくなど、国内での格闘技熱が高まりつつあった1990年代前半。時を同じくして総合格闘技の世界を圧倒的な強さで席巻していたグレイシー柔術のホイス・グレイシーに「私の十倍強い」と言わしめたヒクソンと、当時日本のプロレス界を代表する1人だった高田さんが対決を迎えたのが、1997年10月11日に開催された「PRIDE.1」でした。

高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE 高田延彦さん(画像は高田延彦オフィシャルサイト

 “400戦無敗”のキャッチコピーや、来日後に山ごもりする様子などが報道され、神秘的な強さを感じさせたヒクソンとの一戦は、地上波中継ではなく、当時本稼働しはじめた「パーフェクTV!」(現スカパー!)の「FIGHTING TV サムライ」のペイパービューで中継。5分12ラウンドで行われた試合は、高田さんに特に見せ場もなく、ヒクソンの腕ひしぎ十字固めにより1ラウンド4分47秒で決着。その後PRIDEはシリーズ化され、翌年のPRIDE4で再び両者は対決する(そしてまたしても同じ技で敗れる)など、結果的にこの試合が総合格闘技の人気に火を付いていくことになりました。

 1976年6月26日に行われた、アントニオ猪木とモハメド・アリの格闘技世界一決定戦に比肩する伝説の一戦を20年ぶりに振り返る高田さん。番組説明では、「ヒクソンの強さを体感できた僕は、幸運だったのかもしれない」という高田さんの言葉が紹介されている他、「負けることを恐れるな。負けて見えてくることもある」という哲学に迫るとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」