ニュース
» 2017年10月03日 17時45分 公開

高田延彦が20年越しにヒクソン・グレイシーとの一戦を語る番組、10月9日に放送へ

もう20年前……だと……?

[西尾泰三,ねとらぼ]

 約20年前、格闘家、ヒクソン・グレイシーとの世紀の一戦に臨んだ元プロレスラーでタレントの高田延彦さんが、10月9日6時30分から放送のインタビュー番組「ここから」(NHK総合)で当時を振り返ることが明かされました。

高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE ここから 早朝に振り返る高田ヒクソン戦(画像はNHK 番組表から)

 立ち技では「K-1」がスタートし、ほとんど無名だったブランコ・シカティックがKOの山を築いていくなど、国内での格闘技熱が高まりつつあった1990年代前半。時を同じくして総合格闘技の世界を圧倒的な強さで席巻していたグレイシー柔術のホイス・グレイシーに「私の十倍強い」と言わしめたヒクソンと、当時日本のプロレス界を代表する1人だった高田さんが対決を迎えたのが、1997年10月11日に開催された「PRIDE.1」でした。

高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE 高田延彦さん(画像は高田延彦オフィシャルサイト

 “400戦無敗”のキャッチコピーや、来日後に山ごもりする様子などが報道され、神秘的な強さを感じさせたヒクソンとの一戦は、地上波中継ではなく、当時本稼働しはじめた「パーフェクTV!」(現スカパー!)の「FIGHTING TV サムライ」のペイパービューで中継。5分12ラウンドで行われた試合は、高田さんに特に見せ場もなく、ヒクソンの腕ひしぎ十字固めにより1ラウンド4分47秒で決着。その後PRIDEはシリーズ化され、翌年のPRIDE4で再び両者は対決する(そしてまたしても同じ技で敗れる)など、結果的にこの試合が総合格闘技の人気に火を付いていくことになりました。

 1976年6月26日に行われた、アントニオ猪木とモハメド・アリの格闘技世界一決定戦に比肩する伝説の一戦を20年ぶりに振り返る高田さん。番組説明では、「ヒクソンの強さを体感できた僕は、幸運だったのかもしれない」という高田さんの言葉が紹介されている他、「負けることを恐れるな。負けて見えてくることもある」という哲学に迫るとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声