連載
» 2017年10月05日 18時00分 公開

プリキュア恒例の入れ替わり回は「自分らしく生きる」ことの意味を問うサラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

猫になっても全く動じないゆかりさん、さすがです。

[kasumi,ねとらぼ]

 2017年10月1日時点で「キラキラ☆プリキュアアラモード」は第34話。1年でみると約5分の3を終えたところです。

 6人目の仲間「キュアパルフェ」も仲間になり、最終アイテム「キラキラル・クリーマー」も入手しました。今後の最終決戦に向け、6人のプリキュアの日常を描きながら、お互いの関係を深く掘り下げているところです。

 途中から見はじめた人にもわかるように、1年の中でプリキュアが「今どれくらい進んでいるのか」を表にしておきます。

「プリキュア、今どれくらいまで進んでいるの?」メーター

第34話「小さな大決闘!ねこゆかりVS妖精キラリン!」


かんたんなあらすじ

  • 猫のクリスタルアニマルと頭ごっつんこで体が入れ替わり、猫になってしまった琴爪ゆかりが猫界のボスになる
  • 妖精と猫がケンカしていることを知り、猫側のボスとして妖精に戦いを挑む
  • キラリンとの決闘に勝利した猫ゆかり、自ら悪役となり場を収めようとする
  • 「後はあなたが丸く収めるだけ」とキラリンに耳打ちし、猫ゆかりは崖にダイブするもキラリンも一緒に落ちる
  • 猫と妖精が力を合わせて2人を助け「姿が違っても命はみんな1つ」と争いを反省する
  • キュアパルフェ(キラリン)ようやく、猫ゆかりがゆかりであることに気付く
  • もとに戻ったキュアマカロン。プリキュア6人でディアブルの影を撃破
  • 妖精も猫も仲直りして、みんなでスイーツをたべました


 プリキュアというアニメーションの歴史において、「シリアスな回」の後に「ちょっと面白い回」が来ることがあります。

 「スマイルプリキュア!」(2012年)では、中盤第23話で「なぜ私たちは戦うのか」「プリキュアの意味とは?」を突き付けるシリアスな回の翌週第24話で「プリキュア5人が妖精になって大暴れする」という、プリキュア史に残るであろうシュールな回が放送されました。

 「ハピネスチャージプリキュア!」(2014年)でも、第13話でプリキュアハンターという強大な敵が出てきたシリアスな回の後、翌週は「強い敵が出てきたので、気分転換のため潮干狩りに行く回」だったりしました。

 今作「キラキラ☆プリキュアアラモード」でも、前回第33話が「スイーツを作る意味とは?」「何のために戦うのか?」をプリキュアに突き付けるシリアスなお話でした。

 今回はそのバランスを取るため、見た目にも面白い、シュールなお話が展開されました。

 「琴爪ゆかり」と「猫のクリスタルアニマル」が入れ替わるというストーリーで、各所に面白い表現がちりばめられ、絵的にも楽しく、小さな子どもたちはきっとテレビの前で大喜びだったと思います。


「わたしは、わたし」という生き方

 第34話で琴爪ゆかりは「わたしは、わたし」という言葉を2回使います。

 1回目は猫になって、町の猫に「お前は誰ニャ?」と問われたとき。
 2回目は猫の姿からキュアマカロンに戻ったとき。

 2回とも「わたしは、わたし」という言い方をしています。

 姿が猫だろうと、人間だろうと、プリキュアだろうと、どんな姿であれ「自分は自分である」というスタンスを貫くのが「琴爪ゆかり」というキャラクターなのです。

 そして、それと対比させたのが今回のもう一人の主役「妖精キラリン」です。


妖精キラリンと琴爪ゆかりとの関係性


 今回のお話は、琴爪ゆかり(キュアマカロン)とキラリン(キュアパルフェ)との関係性を描くことにあったと思います。

 猫であろうが、人間であろうが、プリキュアであろうが「わたしはわたし」であろうとする琴爪ゆかり。

 それに対し、キラリンという妖精は、妖精体(キラリン)と、人間体(キラ星シエル)と、プリキュア(キュアパルフェ)と3つの役割を持つキャラクターです。

 「自分の考えが唯一、この場を収める方法である」と崖から飛び降りる琴爪ゆかりと、「全員で幸せになりたい」と感情に訴えるキラリンのキャラクターの対比が良くできていたと思います。

 そして最終的に自己犠牲は否定され、「一人を悪者にするのでは無く、みんなで幸せになる方が良いに決まっている」というプリキュアっぽい選択が示されたのも個人的には良かったと思います。

 「みんなで幸せになりたい
 「姿がちがっても、命はみんな1つ

 プリキュアらしいですよね。

 僕は、プリキュアのこういう「キレイ事」が大好きなのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」