プリキュア恒例の入れ替わり回は「自分らしく生きる」ことの意味を問うサラリーマン、プリキュアを語る(2/3 ページ)

» 2017年10月05日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]

琴爪ゆかりが、わからない


 自分は「琴爪ゆかり」というキャラクターが本当にわからないのです。

 当初はミステリアスなお姉さん、という感じで、第16話「キケンな急接近!ゆかりとリオ!」においては、敵である「ジュリオ」を翻弄(ほんろう)し、手玉に取り、1枚も2枚も上手であることを見せつけました。

 しかし、その後の第25話「電撃結婚!?プリンセスゆかり!」では、かなりの不安定さを見せ、弱さを吐露し、迷うキャラへと変貌するのです。

 さらに、第29話では過去のトラウマを克服し「楽しさは与えられるものではなく、自分でつかみ取るもの」との心境に至ります。

 そんな彼女が、今回「自己犠牲」ともいえる“崖から飛び降りて、場を丸く収める”なんて行動を取るのです。

 琴爪ゆかりというキャラは、「自分を中心に(良い意味でも悪い意味でも)周りを翻弄するタイプ」で「自己犠牲」とは最も遠いところにいるキャラだと思っていたのですよね。

 もう、おじさんには理解不能なキャラクターなのです。

 そもそもプリキュアが「自ら死を選ぶ」ということは考えにくいのですよね(でもよく考えたら「猫のクリスタルアニマル」と入れ替わっているため、猫ゆかりは「飛べる」はずなので崖から落ちても大丈夫だったのかな?)。

 しかし、そんな悪くいえば「一貫性の無さ」、良い意味での「気まぐれさ」が、彼女の魅力なのかもしれません。

 まさに第5話タイトルにあるように「気まぐれお姉さまは、キュアマカロン」なのです。


女性の視点で描かれる琴爪ゆかり

 今回脚本を書かれた森江美咲さんは、「アイカツスターズ!」でも女児向けアニメの脚本を手掛けていますが、キラキラ☆プリキュアアラモードの脚本は初参加です。

 キラキラ☆プリキュアアラモードの「ゆかり回」といえば、坪田文さん(「魔法つかいプリキュア!」や「映画プリキュア ドリームスターズ!」でも脚本を担当)が書かれることが定番だったのですが、森江さんの手により、また新たな琴爪ゆかり像が垣間見られました。(2人とも、心理描写や、ちょっとしたしぐさなどの女性視点の繊細な描写が魅力的です)


 ちなみに、今回絵コンテを担当された今千秋さんは、名作映画「映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ」の監督さんですね。こちらも女性です。(ちなみに「人形の国のバレリーナ」は「プリキュアにも出来ないことがある」というテーマが秀逸で、挿入歌からのラストバトルが最高に熱く、感動するのです! おすすめの映画です)

 プリキュアのプロデューサーである神木優さんも女性ですし、琴爪ゆかりは、女性による女性のためのキャラクターなのかもしれませんね。(そう。自分のようなおじさんには共感が難しいのも当たり前なのです)

 昨今のプリキュアは3年連続で女性がキャラクターデザインを手掛ける等「女性の感性」で作られることが多くなってきましたね。それもプリキュアが多くの女性ファンを引き付ける要因の1つなのでしょう。


キュアマカロン、子どもに大人気

 さて、そのキュアマカロンですが、実は、子どもに大人気なのです。

 プリキュア公式YouTubeチャンネルの動画再生数も、変身シーン動画はキュアホイップに次いで僅差(きんさ)の2位。子どもが踊りを覚える際に使う「ダンスレッスン動画」では、圧倒的な再生数1位です。

プリキュア公式YouTubeチャンネル、ダンスムービーの再生数(2017年10月1日23時30分現在)。グラフは著者作成(キュアパルフェは7月に追加されたので再生数が少ない)


 幼児誌『たのしい幼稚園』の表紙でも大きく取り上げられるなど、キュアマカロンの子ども人気はかなり高いようです。

『たのしい幼稚園 2017年11月号』。キュアホイップ(下中央)、キュアパルフェ(左)、キュアマカロン(右)が大きく取り上げられる(Amazon.co.jpから)

 やはり「ミステリアスな雰囲気」と「きまぐれ加減」が女児の心をもつかむのでしょうか。かつて、「Yes!プリキュア5GoGo!」(2008年)でも、紫色のお姉さんキャラ「ミルキイローズ」が子どもに大人気だったと聞きます。もっとさかのぼれば、同じニチアサ同時間帯に放送されていた「おジャ魔女どれみ」でも、紫色の小悪魔系キャラ「瀬川おんぷ」は子どもからの支持率が高かったようです。

 やはり「紫色」「お姉さん」「ミステリアスさ」は大人の象徴、憧れの対象として子どもの目に映るのでしょうね。


ビブリーちゃん、どこいった?

 ただ1つ、今回のお話で残念だったのは、前回仲間になってキラ星シエルのパティスリーで同居することになったビブリーに全く触れられなかったことです。

 せっかく悪側から善側へ転向し、キラキラルは「人から奪うもの」ではなく、「自分で作り出すもの」という物語の根幹を成す大切なことに気が付いたキャラクターです。

 1シーンでも出て、なにか一言でもしゃべれば、きっと物語に厚みがでていたのではないでしょうか。(でも、そのうちきっと大活躍するでしょうから、それを待ちましょう)

第33話「スイーツがキケン!?復活、闇のアニマル!」から、ビブリー(左)とキラ星シエル(右)

 ところで、第34話で一番面白かったのは、このシーン。

 敵がいちご山にいることを察知した5人が戦いへ向かう場面です。



 左上の(中が猫の)ゆかりさんが、「煮干し」の袋を大事そうに抱えています。煮干し大事。「この煮干しは私が守る」って思ってそう。

 キラキラ☆プリキュアアラモード第34話は、一見プリキュア定番の入れ替わり回で、面白い絵が満載で小さな子どもも大喜びするであろう、シュールな回ではありました。

 しかし、その根底には、「自分らしく生きるとはどういうことか?」を問われていた気がするのです。あと、ゆかりさんが、やっぱりわからない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」