ニュース
» 2017年10月06日 20時43分 公開

美しすぎてInstagramがダウンした伝説の持ち主 米国の歌手セリーヌ・ファラクさんに会ってきた

もうこの人、美の神様の生まれ変わりってことでよくないですか(提案)。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 8月に「美しすぎるアーティスト」として話題になった米国出身の歌手セリーヌ・ファラク(Celine Farach)さん(関連記事)。先日、東京都内で開催されたファンを招いての交流イベントに、ねとらぼ編集部が参加してきました。


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント 生のセリーヌさんだー! (C)Spotify


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント 国内で話題になった8月時点のセリーヌさんのInstagramアカウント。きっと見覚えがある人も多いはず

 セリーヌさんは、米国フロリダ州出身で20歳。幼いころからファッションモデルとして活躍しており、現在はシンガーソングライターとしての活動も行っています。

 約76万フォロワーを誇るInstagramアカウントには、スタイルの良さが際立つ水着写真などが多数掲載。あまりにナイスバディーなことから、国内のネットユーザーの注目が集まり、「素晴らしすぎやしないか」「ほれた」と絶賛の声が続出しました。ちなみに、この影響でアクセスが殺到してしまい、Instagramがダウン。一部投稿を削除する対応が取られたそうです。


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベントCelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント これくらい美しいと、自分の画像、動画だけでInstagramが落ちてしまう場合があるらしい(Instagramより)

 「Instagramのサーバーがおかしくなるレベルの美しさ」とは、いったいどれほどのものなのでしょうか。スケールが大きすぎてピンと来ませんが、交流イベントにセリーヌさんが登場すると、筆者はすぐに納得がいきました。身長170センチでヒールを履いており、その場にいたほとんどの日本人より身長が高かったのですが、顔は誰よりも小さく、体は細く、常人離れしたスタイルの良さに驚いてしまいました。あと、とにかくすごーくかわいかった……。

 容姿についてこれ以上書くと、褒め言葉だらけの記事になってしまうので、詳細は画像でご確認ください。「頭を冷やしたら、他に書くことが思いつくだろう」とイベント翌日、撮った写真を確認してみたのですが、セリーヌさんの全身写真がぴったり八頭身に写っていたことに気付き、諦めました。もう「美しい」以外に書くことなんか無いよ!


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント (C)Spotify


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント 不意に取ってくれたポーズがこちら。かわええ…… (C)Spotify


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント ヒール込みで、ちょうど八頭身に見える写真。思わず「漫画かよ」とツッコんでしまいました(C)Spotify

 セリーヌさんは新曲をいくつか披露した後、握手撮影会に参加。英語で楽しそうに会話したり、笑顔でサインに応じたり、時にはファンにハグをしてあげたりと距離感の近さが印象的でした。そのためか、あるファンとの会話が長引いてしまい、SPのような人物に「そろそろ……」とストップをかけられるシーンも。

 セリーヌさんが国内で有名になったのは最近のことですが、すでにかなり熱心なファンが現れているらしく、「私のことをよく知っていて、好みに合ったスイーツをプレゼントしてくれる」とのこと。セリーヌさんは「虫歯の原因を作ってくれて、ありがとう」と冗談まじりに、感謝のコメントをしていました。


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント ファンと楽しそうに話すセリーヌさん (C)Spotify


CelineFarach(セリーヌ・ファラク)さん来日イベント サインしている様子 (C)Spotify

 セリーヌさんは7日、東京都渋谷区のクラブ「camelot」に登場する予定。来日中はその他にもライブ、取材などを行うことが決定しており、仕事でスケジュールが埋まっているとのこと。今後の日本での活躍にも期待できそうです。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声