ニュース
» 2017年10月10日 11時15分 公開

「ゲームライターに腕前は必要か」議論を巻き起こした「Cuphead」 やってみたら本気で難しかった

ベテラン記者がヘタだったのか、ゲームが難しすぎたのか? 実際に遊んで確認したのですがマジきつい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2Dアクションゲーム「Cuphead」(PC/Xbox One)が9月29日の発売以来右肩上がりでセールスを伸ばし、全世界販売本数がSteam版だけで40万を突破しました(10月8日時点、SteamSpy調べ)。ヒットした理由の大部分は、かわいらしいキャラクターが生き生きと動く、1930年代カートゥーンチックな世界観と思われます。そしてビジュアルからは想像できないような難しさもまた、注目を集める要因となっています。

ローンチトレーラー。1コマ1コマ手描きされたキャラクターがなめらかに動く様は必見

Cuphead フィルムの劣化具合まで再現した絵作りがすごい

 同作の難しさは発売前からささやかれてきましたが、8月24日にベテランゲーム記者のDean Takahashiさんがプレイ動画を公開したことでさらに浮き彫りになりました。彼のプレイはチュートリアルでつまずくほどに不器用で、約26分に渡る挑戦で1ステージもクリアできなかったのです。そのつたなさに「これでもゲームのジャーナリスト?」といった批判が多数寄せられ、「ゲームライターに腕前は必要か」と議論にまで発展しました(関連記事)。

Dean Takahashiさんのプレイ動画。批判を受けてから「Deanの恥ずべきプレイ」という自虐的なタイトルに変更されています

 批判を受けたDean Takahashiさんは主な寄稿先であるVentureBeatで、9月8日に弁明する記事を公開。チュートリアルの指示を読み飛ばして行き詰まった自分を恥じ、不器用なプレイで視聴者の期待を裏切ったことを謝罪しました。


チュートリアル Dean Takahashiさんがチュートリアルでつまずいた、空中ダッシュで柱を越える場面。製品版では越えやすいよう、左の足場が大きくなっています

 動画は正規のゲームレビューを意図したものでなく、自分のまごついたプレイが面白いと思って投稿したとのこと。本人も「コミュニケーション不足だった」と認めていますが、彼の感じた「面白さ」が自虐ジョークの類かカートゥーン的なドタバタに由来するものだとしたら、言葉が足りなかったように思えます。

Dean Takahashiさんが苦戦するのも仕方ない難易度

 ただ、Dean Takahashiさんがプレイしたのはドイツのゲーム見本市「Gamescom 2017」に出展されていたデモ版。なかなか落ち着いて操作できない環境に加えて高難易度とあっては、プレイングがお粗末になるのも仕方ないことかもしれません。そこで「Cuphead」は本当に難しいのか、製品版をプレイして確認してみました。結論から言うと、ゲーム自体は本気で難しいです。


YOU DIED 筆者も辛酸をなめまくりました

 同作は「魂斗羅(コントラ)」や「ガンスターヒーローズ」の流れをくむアクションシューティング。ワールドマップを歩いて建物などに入り、「RUN&GUN」(Dean Takahashiさんが挑戦したようなスクロール面)か、ボス戦のみが展開されるステージに挑戦するスタイルです。基本的に主人公のHPは3しかなく、3回ダメージを受けたらアウト。それでいて敵は大勢で攻めてきます。一般的なアクションゲームでは当たり前のようにある復帰ポイント(越えればミスしたあとそこから再開できる)もなく、ミスした場合は最初からやり直しになるのもキツい。


RUN&GUN ジャンプとダッシュ、8方向に撃てるショットで敵に立ち向かう

 もっとも、プレイヤーは集めたコインで武器やアイテムを購入し、攻略を楽に進めることも可能。例えばDean Takahashiさんがクリアできなかったステージは、誘導弾を撃てる「CHASER」さえ購入すれば簡単に越えられます。しかし製品版では最初に与えられるボーナス的なコインがデモ版にはなく、最初は直線的に飛ぶ標準ショットと短射程の拡散弾「SPREAD」しか使えなかったもよう。そこで可能な限りデモ版と同じ条件でプレイしてみたところ、敵に狙いをつけにくく苦戦させられました。Dean Takahashiさんのように、アクションゲームの苦手な人が行き詰まるのも無理のないことです。


ミス 不慣れだとChaserなしでは早めに敵を処理できず、囲まれてひどい目に遭います

どうせなら最大の魅力であるボス戦で苦戦してほしかった

 ただし同作の真骨頂は、バラエティ豊かなボス戦にあります。あらゆるボスが多彩な攻撃手段を持つうえ、一定のダメージを受けると形態を変化。さらに複雑なパターンでプレイヤーを苦しめてきます。よほどの腕前がない限り初見での突破は難しく、普通は倒すまでに何度もの死を体験することになるでしょう。


スライム 最序盤のボス、スライム。最初は飛び跳ねたり身体を伸ばしたりしてきますが……

第2形態 ある程度ダメージを与えると巨大化。どでかいパンチを放ってきます

最終形態 しまいには、墓石になってまで襲ってくる執念深さ

 しかしミスのたびに学習し、攻略の筋道を立てていくのは非常に楽しいもの。運に左右される要素は薄くて理不尽にやられるケースはなく、敵の攻撃パターンを1つ1つ覚えて対応すれば、必ずクリアできる設計になっています。ペナルティなしで際限なくやり直せる遊びやすさもあって、「あともう少しで倒せたのに!」と何度も挑戦する気にさせられます。


進捗 やられた場合、どれだけボスにダメージを与えられたか進み具合が表示されるのも、再挑戦を誘う巧みな仕掛けです

 「RUN&GUN」は全6ステージなのに対し、ボス戦ステージは全19と、明らかにボス戦メインで設計された「Cuphead」。Dean Takahashiさんにあえて苦言を呈するとすれば、「どうせ苦戦するならボス戦ステージを選び、ゲーム最大の魅力を伝えてほしかった」といったところです。ただ、彼は弁明ののちに公開した新たなプレイ動画で、かつて26分かけても突破できなかったステージを2分27秒でクリアしてみせました。


 Dean Takahashiさんが証明してくれたように、同作は誰でも精進すれば達成感を得られる楽しいゲームです。敵たちのアニメーションも非常に美しく、難関を乗り越えてでも見る価値があると断言します。ただし、プレイ中は忙しくて見る余裕がないので、可能ならば録画してじっくりながめることをおすすめします。


イメージ


(沓澤真二)


関連キーワード

ゲーム | アクションゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」