ニュース
» 2017年10月14日 19時00分 公開

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い(3/4 ページ)

[池谷勇人, 大里ミチル,ねとらぼ]

寝ても覚めても漫画のこと考えているんだろうな

―― 奥村さんから見た本気さんはどんな人ですか。

奥村:あのね、すごく真面目に仕事してらっしゃっていて、本当に漫画が好きなんだろうなと。寝ても覚めても漫画のこと考えているんだろうなというのが分かる。だから岩井が本気さんに任せるっつったときも、あの人が好きにやってくれるんだったらありがてぇなっていう感じで「うん、いいよー」って。

―― 1人に全部任せるというのは、かなり思い切ったなと感じました。

奥村:けれど、本気さんはビームのこともよく知っていらっしゃるし、さっきも岩井が言っていたように、根っこのとこだけちゃんと分かっていてくれたらいいなと。

岩井:寝ても覚めても漫画のこと考えてるってのはその通りで、本気さんって、いろんな漫画家さんとつながりがあって、どこに載せるか分からない段階から打ち合わせをしてるって言うんですよ。普通そんな人いませんからね。


コミックビーム100 インタビュー

―― そういうものなんですか。

岩井:普通、漫画家や編集者って編集部にくっついていて、そこに載せるために打ち合わせするんですよ。でも本気さんの場合、「いや漫画家さんが連絡してきて」って。

本気:みんなこういうものじゃないんですか?

奥村:載せ先分からねえけど描くって漫画家もすげえなって思うよ。

本気:昨日も漫画家さんから連絡があって、電話で打ち合わせしてました。

岩井:でもそれ、どこに描くか決まってないんでしょ?

本気:決まってないです。出来上がってから決める。今やってるのもそういうのは多いですよ。もちろん通らないこともあるけど、うまくいく場合もやっぱりあって、それでなんとかやれているみたいな。

岩井:それは本気さんのこれまでのキャリアがあるからですよ。漫画家さんからも、媒体からも信頼されているからできる。

奥村:どこかほどよいところで載っけてくれるに違ぇねえという信頼感があるんでしょうなあ。

本気:でもダメだった時は本当に申し訳ないですよ。半年くらいかけて一銭にもならなかったり。今回載せる『反逆のオーバーズ』も結局、ネーム作るのに2年くらいかかりましたからね。


コミックビーム100 インタビュー 『反逆のオーバーズ』(山城良文)。特殊能力者同士の戦いにより崩壊し、統治局による「ヒーロー狩り」が行われるようになった世界で、ヒーローに憧れる少年の冒険を描く。『コミックビーム100』創刊号の巻頭作品

―― そういう漫画家さんとはどうやって知り合うんですか。

本気:例えば担当していた連載が終了したあとに、「この人とはもうちょっと付き合いたいな」ってなったり。あとは知り合いの作家さんとか、編集さんから紹介されたり。「うちではダメだったんですけど、本気さんの方でどうですか?」って。

奥村:分かる分かる。

岩井:漫画業界のトラブルシューターですよ。

本気:まあでも、雑誌じゃなくて編集に付いていく作家さんってけっこういますからね。

岩井:確かによくあります。奥村さんもぶっちゃけ、グランドチャンピオンのころからの作家さんが多い。

奥村:うん、腐れ縁ばっかり。

岩井:ただ、それってあくまでも編集が出版社に所属している場合で、本気さんみたいにどこにも所属していないのはやっぱり珍しいですよ。最近はフリーの漫画編集者もちらほら出てきているけど、本気さんはまさにその開拓者だったと思います。



ビームって作家なんですよ

―― 創刊号のラインアップの狙いは。

本気:狙いは「僕が面白いと思ったもの」です。当たり前ですけど、今のビームとか、奥村さんの作るような漫画は僕には作れないので、自分なりに他にはない面白い漫画を作るしかないなと。だから、これがビームかといわれるとちょっと困りますが、これもビームだと思ってください。


コミックビーム100 インタビュー 『反逆のオーバーズ』(山城良文)
コミックビーム100 インタビュー 『快傑蒸気探偵団 ANOTHER STORY 少年怪盗ル・ブレッド』(原作/麻宮騎亜・漫画/金村連)
コミックビーム100 インタビュー 『ちんちんケモケモ』(藤咲ユウ)


コミックビーム100 インタビュー 『ピカリちゃんはなかなかしなないっ!』(三部べべ)
コミックビーム100 インタビュー 『ワシとゆきさん』(青色イリコ)
コミックビーム100 インタビュー 『ソレまだとっとくの?』(ねむようこ)



岩井:ビームって作家なんですよ。作家性。

―― 作家性。

岩井:作家が描きたいと思うものを描かせる場所。編集者が「この作家すごいな」ってほれ込んで、作家さんは描きたいものを描く、それを一生懸命売っていく、というのがコミックビームのやり方なのかなと。奥村さんもまさに作家にほれるタイプですしね。本気さんもそこは理解してくれていて、その本気さんが「この人いいな」ってつれてきた作家さんが、力いっぱい描いてくれているのなら、それはやっぱりビームですよ。

本気:バラエティ豊かなのが一番いいだろう、というのは意識しました。作品ごとに見るとさすがにバラバラすぎるとは思ったんですが、校正紙があがってきて、まとめて読んでみたら「いいじゃん!」って。

岩井:あと再録なんですけど、桜玉吉さんの『読もう!コミックビーム』の四コマ(※)が、単行本未収録分から毎号2本ずつ載ります。

※読もう!コミックビーム:『週刊ファミ通』に掲載されているビームの宣伝四コマ。昨年スタートしたプレミアムサービスの「読もう!コミックビーム」とは別

コミックビーム100 インタビュー 『読もう!コミックビーム』(桜玉吉)

―― それはもうビームですよ(笑)。

岩井:やっぱりビームと何の関係もないのもなんだかなあ、ということで入れてみたら、本気さんが「これはビームですよ!」って(笑)。

本気:間違いなくビームですよ。

奥村:ちょっとしたマークみてえなもんだよな。

岩井:あとビーム本誌と比べたら、マンガ的に、絵がキレイな作家が多い(笑)。

本気:絵がキレイな作家さんにひかれるんですよ、僕。

岩井:ビーム本誌はいろいろだから。

奥村:うん、まあ、結果的にだけどな。

本気:あとは若干女性を意識しました。マーケティングとかはあんまり考えていないんですけど、うちの女性スタッフにはかなり見せました。

岩井:これもいろいろヒアリングしていて分かったんですが、例えば1巻無料、2巻からは買ってね、ってやった場合、男性読者はほとんど買ってくれないんだけど、女性は買ってくれるんですよ。なんでもかんでもってわけじゃないけど、ちゃんと試し読みをして、これは価値があると思ったら次はお金を払ってくれる。

―― そんな違いがあるんですか。

岩井:あとは本気さんのこれまでの漫画編集キャリアを振り返ったときに、麻宮騎亜さんの存在ってやっぱり大きかったんだろうなと。初めて担当した漫画が『快傑蒸気探偵団』ですし。

本気:そうですね。今回も真っ先に連絡しました。

岩井:そのスピンアウトを今回載せられるのは大きいなと思います。


コミックビーム100 インタビュー 原作/麻宮騎亜・漫画/金村連『快傑蒸気探偵団 ANOTHER STORY 少年怪盗ル・ブレッド』。創刊号では6ページの予告編を掲載

本気:麻宮さん本人が書くわけじゃないんですけどね。描かせてほしいんです、って言ったら「いいですよ、好きにしてください」っておっしゃってくれて。

岩井:だから、僕はキチンと思いのこもった100ページができたなと思っています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」