ニュース
» 2017年10月14日 19時00分 公開

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い(4/4 ページ)

[池谷勇人, 大里ミチル,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

今までは見えていなかったものが、身体感覚として分かった

―― あともう1つお聞きしたかったのが、昨年プレミアムサービスとしてスタートした「読もう!コミックビーム」についてです。本誌の方ではもう発表されていますけど、その後のてん末についても触れないわけにはいかないなと。


コミックビーム100 インタビュー ニコニコチャンネル「読もう!コミックビーム」。詳細については前回のインタビューを参照

岩井:ええと……あれからいろいろご意見をいただきまして、取りあえず「第1シーズン終了」ということになりました!

―― 「緊急事態宣言」まで出してたのに……。

岩井:代わりに月額700円の「読もう!コミックビーム廉価版」なんていうサービスをですね、内容をちょっと絞った形で新しく始めようかなー、なんて。


コミックビーム100 インタビュー ニコニコチャンネル読もう!コミックビーム廉価版

―― 以前の月額1980円と比べると、かなり現実的な値段になりましたね。

岩井:サービス内容としては、まずコミックビーム電子版の最新号と過去2号が読めます。定期購読のような感じですね。それから今までは毎月50冊以上、ビームコミックスを読み放題で公開していたんですけど、これはもう少し数を絞る予定です。あとはブロマガとか、これまであげていた動画なんかはもうちょっと数を整理しようと思っています。

―― 毎号50冊読み放題はかなり太っ腹だと思っていました。

岩井:あれ社内では「やばいですよ」って言われるくらい安いサービスだったんですよ。

―― 僕も利用していたんですが、実際利用してみると50冊って読みきれないですよ。ただでさえビームって濃い作品ばかりなのに。

岩井:社内的にも「あれやりすぎじゃない?」って話もあったりしまして。あともう1つは、毎月1回やっていたニコ生。一部では非常に好評だったんですが、ほとんど内製でやっていることもあって、なかなかカロリーが高くてですね……。


コミックビーム100 インタビュー 連載作家を毎回呼んで、ビーム作品を「実況」するという、月イチのニコニコ生放送「ビーム マンガ実況!!」(画像は第1回より)

―― 本来ロフトプラスワンとかでやるようなイベントを、毎月やっている感じでしたからね。

岩井:チャンネル自体は1年目でもう黒字だったんですよ。トントンかやや黒くらい。それ自体はけっこうすごいことだと思うんですけど、ただ、カロリーのわりには黒が少ないというか、編集部にかかる負荷が強すぎた(笑)。

奥村:1年間よく持ったなと思うよ。オレはそんなでもなかったけど、やっぱ現場の連中は相当疲弊してたし。でもしんどいだけかっていうとそうでもなくて、作家さんの意外な面が見えたり、作家さんも喋ってみて楽しかったなんて言ってくれたり。ああ、こういうのも悪くねえなと思ったよ。

―― ビームのいち読者としては、お祭りがずっと続いているような1年間でした。

奥村:ただまあ、こんなの延々続けてると「オレ漫画が本業なのにな」みたいな感じになっちゃうんで。ちょっと間を空けて、またどこかでやるのがいいんじゃねえかなと。

―― この1年間で何か見えてきたことはありましたか。電子書籍とか、ネットに対する見方が変わったりとか。

岩井:それは確実にありましたね。今までは見えていなかったものが、身体感覚として分かった。ネットで生配信とかすると、なんだかんだで瞬間的に1万人とかが見てくれるんです。他にも電子書籍でコミックビームフェアをやって「こんなに数字が出るんだ」って驚いたり。業界の中にはまだ、電子というものをどこかで軽んじている風潮もあるんですが、少なくとも「うん、もうデジタルは無視できないな、完全に」というのは骨身に染みた。

奥村:うん、そういう腹のくくりはしたな。


コミックビーム100 インタビュー

―― その経験をコミックビーム100に生かしていくと。

岩井:生かしていかなければいけないとは思っています。

奥村:ただお客さんから見て、本当にデジタルが面白いのかっちゅうのはまだ分からない。まあ玉石混交の状態がこのあとも続いていくんだろう。漫画家さんと編集の関係性であるとか、そういう漫画作りの根っこの部分ってのは実は、電子だヘチマだとかそういうのとは無関係なわけでね。

―― それはそうです。

奥村:そういうオレらが持ってるモノを、どうやっていい形で残していくか、というのが今のオレらの仕事なんじゃねえかな。オレにしたって岩井にしたって50超えてるし、上の連中がそうやってドタバタやってるのを若い連中が見て、そっから何か学んでくれたらいいのかなという。なんか今、すごくいい締めをしたような気がするぞ。

岩井:いや、勝手に締めないでくださいよ(笑)。


コミックビーム100 インタビュー


だってグーテンベルクがよ、印刷技術を発明して何年よ?

―― 本気さんは既に電子系媒体でもけっこう仕事をされていますよね。

本気:増えていますね。紙の漫画もどんどんWebマガジンやWebコミックに置き換わっていきますし。

―― 本気さんの目から、電子媒体というのはどう見えているのかというのをお聞きしたくて。例えば今回、1冊まるごと電子漫画雑誌というのを聞いて、どう思いましたか。

本気:うーん、まあ、普通だなと(笑)。

―― デジタルで漫画というのは、わりとすぐに受け入れられましたか。

本気:なにしろ今やっている担当連載もWebがかなり多いので。ただ作家さんの方は、ちょっと前まで抵抗はあったみたいです。版元からも、Webだけど大丈夫か聞いてほしいと言われたりしていました。

―― 今もそういうのはあるんですか。

本気:いや、今はもうほとんどないかな。


コミックビーム100 インタビュー

岩井:作家さんによってはまだあるんじゃないかな。例えば何かをコミカライズしたりする時に、「紙ですか?」って聞かれたりすることはあります。あくまで紙が王道で、電子は傍流みたいな固定観念はまだ根強い気がします。

本気:「コミックスは紙でも出してほしい」という作家さんはいます。やっぱり手元に持っておきたいと。

岩井:これけっこう大きな問題なんですけど、電子だと著者にあげられないんですよ。

―― あげられない?

岩井:紙だと著者見本というのがあるんですが、電子はそれがないんです。

―― えええ、コードとかで送れないんですか。

岩井:できないんですよ。買ってもらうしかない。PDFデータを渡したりはもちろんできるんですが、やっぱり売っているものとはちょっと違ってしまう。

本気:やっぱり「オレの本だ!」ってのがないのはどうかなって思いますよね。

奥村:まあ親戚に配れないとか、親が読めないとかそういうのはあるだろうな。

岩井:親に送りたいはまだいいんですよ。漫画家本人がトシだったらどうするんだという話もあって。

奥村:そうなのよ、そうなのよ。

岩井:だってこの間、これ言っちゃっていいのかな……まあいいや、いましろたかし(※)さんがニコニコ生放送に出てくれた時なんですけど、ちょうどiPhoneに変えたばかりで、控室で大きい声で「ところでさ、アプリって何??」っておっしゃって(笑)。それ聞いていた姫乃たまさんが、「それ『愛って何?』みたいなものですよね」って。

※いましろたかし:漫画家。代表作に「釣れんボーイ」など。狩撫麻礼とタッグを組んだ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が山田孝之主演で映画化決定

コミックビーム100 インタビューコミックビーム100 インタビュー 「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」

―― いましろさん、リアルでもそんな感じなんですね(笑)。

奥村:そんなもんですよ。団塊の世代あたりになると、わりと壊滅的にヤバイ人はいっぱいいます。

本気:私も作家さんに「コミックスは電子だけなんですけど……」とはやっぱり言いづらいですね。

―― 単行本がデジタルだけってケースは多いんですか?

岩井:ジャンルによると思います。例えば女性向けのBLとかね。あのあたりは電子書籍だけというものも多い。女性は部屋にそういう本をあまり置きたがらないし、書店でも買いづらいですしね。

―― 作家さんとしては、作品をWebで無料公開するのに抵抗があったりはしないんでしょうか。

本気:そこはWebの仕事が増えていくにつれて、徐々に抵抗がなくなってきた印象があります。

―― 最初は抵抗があった?

本気:いや、正直いうと、最初からそんなになかった。僕は僕で、作家さんがよければいいと思っていたし。

―― ちょっと意外です。もっと抵抗あるものかと。

本気:自分でもWeb漫画は読んでましたしね。だからWebマガジンの仕事が来た時も、「ああ、そうか」という感じでそれほど抵抗はなかったんですよ。作家さんはどう思うかな、というのはありましたけど、作家さんもそんなには。

岩井:いやあ、僕のまわりではWebはダメって人、今でもいますよ。

本気:ただ、Webマガジンが増えたことで作家さんの発表の場は増えましたね。自分の仕事の可能性も広がるし、そこは確実に良くなったと思っています。

岩井:でもぶっちゃけ、作家さんへ入っていくお金は減ってますよね。

―― それは原稿料が安いとか、単行本になっても売れないとかですか?

岩井:まず1つは原稿料が安い。もう1つは、印税の仕組みが違うんですよ。紙だと制作印税なので、例えば1万冊刷って、そのうち5000冊しか売れなかったとしても、作家さんにはちゃんと1万冊分の印税が入る。でもデジタルだとダウンロード数に対して支払うので、極端な話、1冊しか売れなかったら10円しか入ってこないみたいなこともある。単行本が出ても安心できないんですよ。

奥村:完全歩合制だよな。

―― 原稿料はどれくらい違うんですか?

奥村:まちまち。

岩井:まちまちですねえ。

本気:紙で描いていた時と同じ原稿料を払うところもあるし、そうでないところもあります。

岩井:紙も出している版元だと、紙と同じ原稿料を払うところが多いですね。アプリ系の漫画サイトとかだと全体の売上から数パーセントとか、そもそも仕組みが全然違ったりする。

奥村:場所によってはページ3000円以上の作家は使うな、みたいなところもあるって言うな。

岩井:3000円は本当に安い。30ページ書いて9万。これじゃ食っていけないですよ。

奥村:絶対無理。


コミックビーム100 インタビュー

―― 本気さんが担当されているWeb連載はどうですか。

本気:さすがに原稿料だけで暮らしていけないというのはないですね。大体みなさん複数やってらっしゃいますし、僕が担当しているのは紙と同じ原稿料を払ってくれるところが多いので。

―― Webだと投稿型の漫画サイトみたいなのもありますが、ああいうところはやっぱり無料ですよね。

岩井:投稿型はそうでしょうね。

―― こうなるともう、作り方からしてまったく違ってきますよね。

岩井:昔は同人で活躍している作家さんがメインに出てくることはほとんどなかったんですが、今は同人からいきなりメインフィールドの花形になったりしますよね。無料で描かれたものが有料で描かれたものより売れる時代はもう来ていて、そうなってきたら原稿料についても、いろいろ考えていかなきゃいけないだろうなとは思います。

―― ただ無料の作品って、編集者が介在していないわけですよね。今後そこの差が、漫画編集者の存在価値になっていく可能性は。

岩井:腕の見せどころ……になればいいけど、「要らねえじゃんこんなの」って思われるかもね(笑)。

奥村:そのときオレらみたいなのが残ってるのか残っていないのか、こればっかりは分からない。まあオレはもうじき定年だから多分いねえけど、なるべくそういう仕事が残っていればいいとは思いますなあ。


コミックビーム100 インタビュー

―― 今みたいな状況って、漫画編集を始めたころは想像していましたか。

奥村:してるわけねえだろぉ。だってグーテンベルクがよ、印刷技術を発明して何年よ?

岩井:500年くらいです。

奥村:だろ? インターネットが出てきて何年だっけ。

岩井:普及したのは1990年代の初めだから、たかだか20年くらいですね。

奥村:早いわ! もうホント……めちゃくちゃじゃない。

岩井:いや、逆に言うと面白いよね。こんな変革期ないですよ。

本気:そうですねえ。

岩井:新しくヘンなことができるかもしれない。そういう乱世であることは間違いない。

奥村:まあ、ただ人口相当減るけどな。こう、屍だらけになるわけで。


(2017年9月14日 飯田橋のKADOKAWAにて)


関連キーワード

漫画 | 漫画家 | 電子書籍 | インタビュー | 出版


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」