ニュース
» 2017年10月14日 17時31分 公開

これは分かりやすい 北海道庁が「ミサイル飛来時の行動について」の漫画を公開

「数分でできる行動をとることが大事」

[宮原れい,ねとらぼ]

 北海道庁が、ミサイル飛来時の行動についてまとめた漫画「ミサイルが飛んできたときには」を公式サイトで公開しています



 漫画はPDFで2ページ。弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合に発信される「Jアラート」をはじめ、防災行政無線やテレビから流れる緊急情報を聞いたらどう行動すれば良いのかを漫画で分かりやすく描いています。

 発射の知らせを聞いた場所によって“身を守る行動”が変わるため、「学校」「公園」「平地」「海上」「自宅」「通勤中」の大きく6つに分けてそれぞれ説明。爆風により飛散する窓からは離れて頭を守るといった基本的なことから、近くに何も無い場合や早朝の通勤中などのパターンもポイントを抑えつつ、“数分でできる行動”を紹介しています。


北海道 ミサイルが飛んできたときには 漫画 視覚的で行動が分かりやすい(マンガリーフレット「ミサイルが飛んできたときには」より)

 またこの漫画リーフレットを公開している同ページでは、同じく「弾道ミサイル落下時の行動について」(関連記事)の情報を掲載している内閣官房国民保護ポータルサイトへのリンクがまとめられているので、詳しいQ&A等はそちらでもチェックできます。






(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」