ニュース
» 2017年10月18日 12時27分 公開

あの「ことでん」がまたやってくれた 2017年は「自宅踏切設置権」が買える

自宅にホンモノの踏切を設置できるよろこび。11月3日開催のことでん電車まつりで買える。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 ガチな香川在住鉄道ファンの皆さんに再度朗報! 2016年10月に「ホンモノの線路を自宅に敷設できる権利」(関連記事)を販売して話題になった香川県の高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)が、2017年も「第16回ことでん電車まつり」を11月3日に開催します。

 目玉は、あの「権利販売シリーズ」。今回は前回好評だった「線路敷設権」に加えて、「四種踏切設置権」も販売されます。

四種踏切設置権は40万円

photo 四種踏切設置権

 四種踏切設置権は、ことでんで使われていた四種踏切一式と標準軌道3メートルを自宅などに設置できる権利。販売数は限定1つ、お値段は標準工事付きで40万円(税別、以下同)です。警報柱、簡易遮断管、渡り板、歩道の施工も含まれます。なお、標準軌道は最大5メートルまで延長(1メートル当たりプラス10万円)できるそうです。

photo 「四種踏切設置権」の申し込み書

線路敷設権は30万円

photo 線路敷設権

 線路敷設権は、過去に琴平線の三条−太田間で使われていた標準軌道3メートル分を自宅などに敷設できる権利。販売数は限定3つ、お値段は標準工事付きで30万円(税別、以下同)です。こちらも有料のオプションで最大5メートルまで延長可能です。

photo 「線路敷設権」の申し込み書

 それぞれ、申し込み期間は2017年11月3日の10〜15時。購入条件や設置条件の詳細は申し込み書に記載されています。購入希望者は申し込み書に記入の上、第16回ことでん電車まつり会場へ行きましょう。鉄道部品・乗務員アイテムのオークションも11月3日の13時30分から行われます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響