ニュース
» 2017年10月19日 18時00分 公開

世界生産1億台、「スーパーカブ」がモデルチェンジ (1/2)

日本が誇る名車がモデルチェンジ。50ccと110cc、各ビジネスモデルの4シリーズを発売。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は10月19日、ロングセラーバイク「スーパーカブ」4シリーズをモデルチェンジし、11月10日に発売すると発表しました。

photo スーパーカブ50(パールシャイニングイエロー)
photo スーパーカブ50 プロ

 ラインアップは排気量50ccの「スーパーカブ50」、排気量110ccの「スーパーカブ110」、これらに大型のカゴとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」の4シリーズ。それぞれ、生産拠点をこれまでの中国から日本の熊本製作所に戻し、メイドインジャパンモデルとして展開されます。

 新型は、一目で「スーパーカブだ」と分かるデザインアイデンティティーはそのままに、レッグシート部分などに滑らかな曲線を取り入れてスッキリと洗練化。ヘッドライトも省エネで長寿命のLED型に変更されました。一方で、空冷単気筒の4ストロークエンジンや自動遠心式クラッチによる独特の変速機構など、スーパーカブならではの特徴は継承されます。排ガス規制への対応困難などを理由に車種の生産終了が相次いでいますが、新型スーパーカブは2段キャタライザー式マフラーなどによって平成28年排ガス規制に対応しています。

 カラーバリエーションも豊富に用意。スーパーカブ50はパールシャイニングイエロー、バージンベージュ、ムーンストーンシルバーメタリック-U、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色。スーパーカブ110はグリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色で展開されます。

 価格は、スーパーカブ50が21万5000円(税別、以下同)から。スーパーカブ110が25万5000円から。「プロ」はそれぞれ同型からプラス2万1000円増。

 併せて、スーパーカブシリーズの世界累計1億台達成(2017年10月)を記念した特別サイトも開設。第一弾として「スーパーカブスペシャル壁紙」が公開されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた