ニュース
» 2017年10月27日 16時30分 公開

ああっドロンジョ様! 「意外とドS」な人気コスプレイヤー伊織もえが“お仕置き”したいこと

編集部にあめとむちを届けてくれました。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「このスカポンタン!!」――台風21号の影響で大荒れの天気に見舞われた10月19日、ねとらぼ編集部には、ドロンジョ様に扮(ふん)した人気コスプレイヤー、伊織もえさんの姿がありました。とうとうねとらぼがお仕置きされる日がやってきたようです。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ 伊織・ドロンジョ・もえがねとらぼ編集部にやってきた。なにこのご褒美

 同日に配信が始まったiOS/Android向けアプリ「タツノコパズルヒーローズ ドロンジョ様におしおきだべぇ」。ガッチャマンやキャシャーン、ヤッターマン1号などタツノコヒーローが集結し、ドロンボー一味が生み出したクローンヒーローたちを撃破していくパズルゲームで、タツノコプロの創立55周年を記念して制作されたアニメ「Infini-T Force」同様、タツノコユニバースが感じられるゲームとなっています。ドロンジョ様がお仕置きされる側というのもポイント高い。



 同作がリリースされたことを伝える号外チラシを都内で配布する前に、ねとらぼ編集部に立ち寄ってくれた伊織さん。FINAL FANTASY IXのユウナコスが話題を呼び、最近では『週刊プレイボーイ』での初グラビアや、マンガ『東京卍リベンジャーズ』(講談社)のマイキーを完全再現した特攻服グラビアなどで話題沸騰中。海外からの注目度も高い人気コスプレイヤーです。

伊織もえ 伊織もえさん(画像提供:伊織もえ

 しかしこの日はあいにくの大雨。「今日すごく寒いことを“お仕置き”したい。とても」と悲しむ伊織さんに再び笑顔が戻るよう、いろいろと聞いてみました。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ 寒さのせいで冷たい目になる伊織さん
伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ こいつ寒いとドロンジョ様みたいになるんだよな(スニッカーズ並感)

―― 伊織さんがお仕事を受けるときって、どんな基準で選んでいるんですか?

伊織 少しずつお仕事を受けさせていただくようになったんですが、まず自分が知っているキャラクターであること、というのが前提ですね。その上で、作品へのリスペクトが感じられてお手伝いしたいなと思うかどうか。私自身はコスプレをアングラな趣味だと思っているので、原作へのリスペクトがある取り組みがあって、そこに自分の力をうまく使っていただけるのであればご協力したいなって思います。

―― ドロンジョコスというと、2009年公開の実写映画で深田恭子さんが見せた姿も記憶にありますが、コスプレイヤーの間ではハードルが高いコスだとも聞いたことがあります。実際にコスをしてみてどうですか?

伊織 正直、衣装が入るか不安だったので入ってラッキー、というのが本音です。自分の衣装ならウエストを詰めたりレース足したりするんですけど、この衣装はすごい金額だって聞いて、「何もできないな」って(笑)。Dの文字のところにラインストーンを付けたりはしましたけど。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ


―― 伊織さんといえばTwitterではゲーム好きが伝わってくるんですが、普段はどんなゲームをされているんですか?

伊織 「Fate/Grand Order」や「アズールレーン」「ミラクルニキ」、あと中国のゲームで「王者栄耀」、たまに「アイドルマスター シンデレラガールズ」ですね。PCでは「Overwatch」をやっているんですけど、そのマッチング待ち時間だったり、ご飯食べてるときとかにボタン押して放置、みたいな感じで並行してやってますね。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ

―― 「タツノコパズルヒーローズ ドロンジョ様におしおきだべぇ」はどうですか?

伊織 「ツムツム」のようなパズルゲームも好きなので、いいですよね。コレクター的なやりこみ要素がほしいので、キャラクターの絵柄がたくさんあるとうれしいです。欲を言えば、クエストをこなしていったら作品の音楽が聴けたりするととってもうれしいです。

―― このゲーム、手持ちのキャラクターを入手するのにかけらを集めるゲームシステムになっていて、かけらは買えたりもするみたいですが、伊織さんはゲームに課金は結構されますか? FGOのピックアップガチャなどは?

伊織 はい。本当にほしいやつ(サーバント)は(ガチャ)回さないと出ない、と思っているので出るまで回します。最近のピックアップのときはあっさり(欲しいのが)出ましたけど。

 あと、ミラクルニキは、前のシリーズからやっていて、先日コスプレ活動を終了された肉球あやとちゃんのギルドでずっとやっていたんです。イベントごとに3万円とか使っちゃったりしてて、最近また復活しなきゃって。

―― すごく課金してる! ところで、ドロンジョってSッ気がある女王様気質ですけど、伊織さん自身は……?

伊織 自分では普通だと思っているんですけど、友達からは「意外とドSね」って言われます。「優しそうに見えてバッサリ言うよね」って。

―― 先日『週刊少年マガジン』で見せた『東京卍リベンジャーズ』のマイキーコスもそうでしたけど、露出多めなイメージを持っていました。

伊織 私は「見えてはいけないものが見えたらよろしくない」派なので、露出多めでも対策は相当しっかりしてますよ。ストッキングはかなかったことがないくらいです。

―― そうなんですね。今、TwitterやFacebookだとそれぞれ19万人以上のファンがいますけど、一番伊織さんの素が見えるSNSってどれなんですか?

伊織 Weiboですね。好き勝手書いてます。上海や広州、シンガポールのコスプレイベントに参加させていただいたのもWeiboを通じて主催の方に声を掛けていただいたのがきっかけでした。30万人くらいの方にフォローしていただいていたんですけど、この間アカウントがなぜか削除されてしまったので、また新たに始めたところです。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ


 こうして笑顔を取り戻した伊織さん。最後は編集部内を闊歩(かっぽ)して、日夜記事執筆にいそしむ編集部員の福利厚生としてあめとむちを振る舞ってくれました。

伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ あめと
伊織もえ ドロンジョ ねとらぼ むち

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  5. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/28/news123.jpg 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」