ニュース
» 2017年11月07日 11時40分 公開

アニメ「ボールルームへようこそ」が原作に先行 作者がコメント「アニメとは異なる部分も出てくるかと思います」

アニメが追いついてしまう形に。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 放送中のアニメ「ボールルームへようこそ」が、月刊少年マガジンで連載中の原作の展開に先行することが、原作者の竹内友さんのコメントで分かりました。

アニメ「ボールルームへようこそ」が原作に先行 作者がコメント「アニメとは異なる部分も出てくるかと思います」 作者の竹内さんがコメント

 竹内さんは作品公式Twitter上で「原作とアニメで歩調をあわせてストーリーを進行させる予定でしたが、原作側の進行の遅れによりアニメが先行することとなりました」と報告。原作はまだ描き上がっていないものの、想定している展開はスタッフに伝えており、アニメもそちらを踏まえたものになるとのこと。ただし連載を進める上では「当初の想定から変わりアニメとは異なる部分も出てくるかと思います」ともコメント。「アニメ/原作のどちらも楽しんでいただけると幸いです」としています。

 同作は気弱な中学生の主人公・多々良(たたら)が社交ダンスに出会い、ライバルやダンスのパートナーらと共に成長していく物語。社交ダンスという少年漫画では珍しい題材にもかかわらず、熱い展開と魅力的なキャラクターで人気を獲得しています。原作は2011年に連載が始まり、アニメは2017年7月から放送開始。しかしながら、原作は竹内さんの体調不良などを理由に近年では休載や掲載ページ数の減少が目立っていました。

アニメ「ボールルームへようこそ」が原作に先行 作者がコメント「アニメとは異なる部分も出てくるかと思います」 DVD&Blu-ray1巻ジャケット

 原作は10月の雑誌掲載時にも公式Twitter上で「体調不良のなか最後まで粘っていただきましたが、短いページ数での掲載となってしまいました」との報告があり、ファンからは「健康が第一です」「あのページ数でも圧倒的満足感を得れたのが驚きです」「体調不良なら粘らせないで」など、無理をしないでほしいという応援メッセージが多数寄せられていました。


竹内友さんのコメント

キャストの皆様、スタッフの皆様に素敵なアニメを制作していただき、本当に有難うございます。

都民大会の終盤、原作とアニメで歩調をあわせてストーリーを進行させる予定でしたが、原作側の進行の遅れによりアニメが先行することとなりました。原作は描き上がっていませんが、こちらの想定をお伝えして進めていただいたものになります。

なお今後原作を描き進める上で、都民大会以後の展開も見据えると、当初の想定から変わりアニメとは異なる部分も出てくるかと思いますが、アニメ/原作のどちらも楽しんでいただけると幸いです。

(C)竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

関連キーワード

アニメ | ダンス | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」