ニュース
» 2017年11月14日 22時30分 公開

イケメン若手俳優ら30人が集結!  オスカー、初の「男劇団」に栗山航、塩野瑛久、西銘駿ら

「『オスカープロモーションには男もいるんだぞ、男も負けていないんだぞ!』と皆さんに強く言いたい」(リーダーの栗山航さん)。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 大手芸能事務所・オスカープロモーションは11月14日、所属するイケメン俳優30人で結成した同事務所初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のデビューを発表。東京・港区の「ザ・プリンス・パークタワー東京」でお披露目記者発表会を開催しました。

オスカープロモーション 男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」 イケメンが集結

 メンバーは、「牙狼<GARO>」で主役を演じた栗山航さんや「獣電戦隊キョウリュウジャー 」グリーン役の塩野瑛久さん、「仮面ライダーゴースト」で天空寺タケルを演じたジュノン・ボーイの西銘駿さん、「仮面ライダーエグゼイド」で宝生永夢を演じた飯島寛騎さんら、若手俳優・モデルから選抜された30人。平均年齢は22.7歳、平均身長は178.5センチ。

 米倉涼子さんや上戸彩さん、武井咲さんらを輩出した「全日本国民的美少女コンテスト」で、女性のイメージが強いオスカープロモーションですが、リーダーを務める栗山さんは「芸能界にオスカープロモーションらしい爽やかな風を吹かせたいです。『オスカープロモーションには男もいるんだぞ、男も負けていないんだぞ!』と皆さんに強く言いたい」と力強くアピールしています。

オスカープロモーション 男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」 リーダーの栗山航さんと、副リーダーの塩野瑛久さん

 今後は、12月25日にクリスマスファンイベント、2018年1月に公式ファンクラブを設立し、同年6月に旗揚げ舞台公演を実施する予定。名称にある“X”について、栗山さんは「“Doctor-X”や“X21”のように、オスカープロモーションでは縁起の良い文字なので付けていただいてうれしいです」と話しています。

オスカープロモーション 男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」 オスカープロモーション、注目の若手俳優たち

「男劇団 青山表参道X」メンバー(敬称略)

栗山航(くりやま わたる リーダー)、塩野瑛久(しおの あきひさ 副リーダー)、西銘駿(にしめ しゅん)、飯島寛騎(いいじま ひろき)、村上由歩(むらかみ ゆうほ)、小沼将太(おぬま しょうた)、仲田博喜(なかだ ひろき)、宇野結也(うの ゆうや)、定本楓馬(さだもと ふうま)、水江建太(みずえ けんた)、中村嘉惟人(なかむら かいと)、岡宮来夢(おかみや くるむ)、田中ジョシュア(たなか じょしゅあ)、池上翔(いけがみ しょう)、新井裕介(あらい ゆうすけ)、春口尚人(はるぐち なおと)、依田啓嗣(よだ たかし)、西脇大河(にしわき たいが)、山本学(やまもと まなぶ)、守谷駿(もりや しゅん)、長田翔恩(おさだ しょーん)、明珍隼人(みょうちん はやと)、立花裕大(たちばな ゆうた)、沢柳健(さわやなぎ けん)、湯本健一(ゆもと けんいち)、佐々木駿(ささき はやて)、土居秀士(どい しゅうじ)、沖津海友(おきつ みゆ)、辻憲人(つじ けんと)、岩田知樹(いわた ともき)




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」