連載
» 2017年11月15日 12時00分 公開

「子どもなし別居希望? それ結婚する意味あるの?」に対する答え、逆風に立ち向かうということ マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(3)

親切な人たちからの、辛辣な言葉。

[ねとらぼ]
合理的な婚活

 Webコミックサイト「スピネル」で連載中の『合理的な婚活 〜DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画〜』。11月22日のコミックス発売を記念して、著者である横嶋じゃのめ先生にインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。

漫画『合理的な婚活』とは?

 「子どもは持たない」「家計は別々」「できれば同居もしたくない」という条件付きでの理想の結婚を目指すべく、マッチングアプリを使ってできるだけ効率的に婚活を進めていこうとする、営業系おたく女のガチ婚活レポ漫画。

著者プロフィール:横嶋じゃのめ

1987年生まれ。雑誌の広告営業をしながら趣味の同人漫画を描いている。三度の飯よりBLが好き。



















横嶋じゃのめ先生インタビュー(3)



前回からの続き)

――「子どもなし別居が希望」という条件で婚活を始めてみて、いかがでしたか?

 思ったより逆風が強かったです。「それは結婚とは呼ばない」みたいなことを、わりと味方から言われることが多くて。

――味方というのは?

 つまり、私を攻撃するつもりのない普段の知り合いから。婚活していて、こんな条件で相手を探してるんですって話すと、「待って待って、それって結婚する意味あるの?」とか、「そんなの絶対長続きしないよ」とか。善意で言ってくれる人が多いんですけど。

 だから今回の話(第3話)の中では、なぜこういう条件で探すに至ったのかを描きました。

――現実では、漫画の中で描かれたようなことを皆に説明するのは大変だと思うのですが、そういうときはどうしているのでしょう?

 もちろん言える相手にはちゃんと説明しますけど、そうじゃない場合には、心の中で「あなたがイメージしているようなパートナーシップじゃ満足できないからこうしているんだよ!」と思ってやり過ごすようにしています。

 それでも、仕事で尊敬していたある人から、「横嶋さん、結婚は修行だよ」と言われたことがあって。まるで結婚していない=修行をしていない私が怠慢かのような。「そんな風に辛抱するために家庭に入る意味ってなんなんだろう?」と感じて、すごくショックでした。

――おそらくはその方も、善意というか一般的なアドバイスのつもりで言われたのでしょうね。

 そうだと思います。自分の価値観がマジョリティ側にある人は、そういう自分の発言が何かのマイノリティを圧迫してることにすごく気付きにくくて。別にそれは本人の怠慢じゃないから何とも言えないんですけど、何か変わった指向で結婚相手を探してたことがある人なら、そういう言い方はしないと思うので。

――作中でも、「僕がどんな理由でどんな関係を望もうが自由!」「絶っっ対いけてるパートナー見つけて 最っ高にいい関係築いて 幸せという武器でボッコボコに殴ってやるからな!!!!!」と描かれていますね。

 こういう描き方が賛否両論を呼ぶことは分かっていますが、それによって議論が起こって、同じ条件で婚活をしている人たちへの逆風がちょっとでも少なくなれば、と思って描いています。

 『となりの801ちゃん』(BL:ボーイズラブ趣味を持つ彼女との生活を描いた漫画作品)が流行ったときに、「世の中にはそういう趣味の人がいるんだ」という認知が広まったことが、後の(同じ趣味を持つ)人たちへの逆風をすごく緩和してくれたなって私は勝手に思っています。

 もともと自分はそういう、世の中に対して作品で何か言いたいようなタイプではなかったけど、自分が逆風を受けて初めて、「この後ろに続く人たちがこれ(逆風)を同じ強さで受けるのはきついな」って思ったんです。

――3話にはそのBL趣味の話も出てきます。

 私はBL好きをかなりこじらせているので、「女が考えた(男同士の)理想の恋愛」みたいなものに信仰が深まりすぎて。「いやいやリアルの世界でそれを実現するのは無理なのでは」って皆が引いてる中で、「うるせーーーできるんだよ!!!」って言って今婚活をしている状況です。


(4)に続く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」