ニュース
» 2017年11月20日 13時25分 公開

コトリンゴ、12月のライブで「キリンジ」から脱退 「ずっと悩んできました」

2013年からメンバーとして活動していました。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 バンド「KIRINJI」(キリンジ)は11月20日、同バンドでコーラスやピアノなどを担当しているコトリンゴさんが12月の東京・大阪公演をもって脱退することを公式サイトで報告しました。

コトリンゴ コトリンゴさん(コトリンゴ オフィシャルページから)

 コトリンゴさんは、脱退の理由について「これまでも自分の活動を同時に進めて行く際に、どうしてもKIRINJIの活動と重なってしまう事があり、そのことでまたこれからのKIRINJIの前進を妨げてしまうかもしれず、どちらも半端な気持ちでは出来ないと思い、ずっと悩んできました」と、バンドとして活動していくことに葛藤があったことを明かしています。

コトリンゴ 脱退 KIRINJI キリンジ コトリンゴさん(KIRINJI - Natural Foundationから)

 コトリンゴさんの脱退について、ボーカルを務める堀込高樹さんは「残念なご報告です」とした上で、「彼女は歌、演奏、作曲、編曲、その存在感でKIRINJIの音楽に大きな貢献をしてくれました。KIRINJIの再編成に立ち会ってくれて、本当に心強かった。ありがとう、コトリンゴ」と、感謝の言葉を寄せました。

 コトリンゴさんは、2013年に新体制となったKIRINJIに加入。2016年11月に公開された映画「この世界の片隅に」では、音楽やEDテーマを担当するなど、ソロでも活動していました。コトリンゴさんが抜けた後の体制について堀込さんは、「しばらくはサポートの鍵盤奏者に協力していただきながら活動します」としています。

KIRINJI キリンジ キリンジ(KIRINJI - Natural Foundationから)

コトリンゴさんのコメント

この度約4年5ヶ月の間、参加させていただいたKIRINJIより、12月のライブを最後に脱退という形をとらせていただくことにいたしました。これまでも自分の活動を同時に進めて行く際に、どうしてもKIRINJIの活動と重なってしまう事があり、そのことでまたこれからのKIRINJIの前進を妨げてしまうかもしれず、どちらも半端な気持ちでは出来ないと思い、ずっと悩んできました。

KIRINJIの活動では、本当にたくさんの事を勉強させていただきました。

初めてお誘いをいただいたときの驚きも、初めてのコンサートの緊張も、ツアーでメンバーの皆さんとやっとアンサンブルが揃ってきた時の喜びも、色んな気持ちを鮮明に覚えています。

バンドに参加する事が初めてだった私にとって、頼れる仲間がいるんだと気付いた時、とても嬉しかったです。

堀込さんそしてメンバーの皆さん、ありがとう。

良い思い出も苦い思い出も、かけがえのない宝物として、しっかり胸にしまって大切にしていきます。

そして、頼りない私をKIRINJIメンバーとして温かく見守ってくださり、私のライブにまで足を運んでお声がけしてくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。

こんな形でびっくりさせてしまい本当にごめんなさい。

これからもKIRINJIはもっともっと進化して、新しい作品が生まれる度に私たちみんなを驚かせてくださることと思います。

私も、陰ながらそのことを励みに、楽しみに、進んで行きたいと思います。

最後に、12月の東京・大阪公演、良い音が生み出せるよう全力で臨みます。

本当にありがとうございました。



堀込高樹さんのコメント

残念なご報告です。

本年12月の大阪公演を最後に、コトリンゴはKIRINJIより脱退する運びとなりました。

突然のことで驚かせてしまってごめんなさい。

コトリさんのような才能豊かで自律的なアーティストが4年半の長きに渡りグループの一構成員として活動を共にしてくれたことは異例と言ってもいいでしょう。

彼女は歌、演奏、作曲、編曲、その存在感でKIRINJIの音楽に大きな貢献をしてくれました。

KIRINJIの再編成に立ち会ってくれて、本当に心強かった。

ありがとう、コトリンゴ。

あなたの益々のご活躍、ひとりのファンとして楽しみにしています。

そして、今後の話です。

しばらくはサポートの鍵盤奏者に協力していただきながら活動します。

本年はライブもリリースも少なめでしたが、只今KIRINJIは鋭意アルバム準備中、年明け早々にレコーディングに入ります。乞うご期待!です。

これからもKIRINJIをよろしくお願いします。



関連キーワード

脱退 | 音楽 | アーティスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」