ニュース
» 2017年11月20日 13時25分 公開

コトリンゴ、12月のライブで「キリンジ」から脱退 「ずっと悩んできました」

2013年からメンバーとして活動していました。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 バンド「KIRINJI」(キリンジ)は11月20日、同バンドでコーラスやピアノなどを担当しているコトリンゴさんが12月の東京・大阪公演をもって脱退することを公式サイトで報告しました。

コトリンゴ コトリンゴさん(コトリンゴ オフィシャルページから)

 コトリンゴさんは、脱退の理由について「これまでも自分の活動を同時に進めて行く際に、どうしてもKIRINJIの活動と重なってしまう事があり、そのことでまたこれからのKIRINJIの前進を妨げてしまうかもしれず、どちらも半端な気持ちでは出来ないと思い、ずっと悩んできました」と、バンドとして活動していくことに葛藤があったことを明かしています。

コトリンゴ 脱退 KIRINJI キリンジ コトリンゴさん(KIRINJI - Natural Foundationから)

 コトリンゴさんの脱退について、ボーカルを務める堀込高樹さんは「残念なご報告です」とした上で、「彼女は歌、演奏、作曲、編曲、その存在感でKIRINJIの音楽に大きな貢献をしてくれました。KIRINJIの再編成に立ち会ってくれて、本当に心強かった。ありがとう、コトリンゴ」と、感謝の言葉を寄せました。

 コトリンゴさんは、2013年に新体制となったKIRINJIに加入。2016年11月に公開された映画「この世界の片隅に」では、音楽やEDテーマを担当するなど、ソロでも活動していました。コトリンゴさんが抜けた後の体制について堀込さんは、「しばらくはサポートの鍵盤奏者に協力していただきながら活動します」としています。

KIRINJI キリンジ キリンジ(KIRINJI - Natural Foundationから)

コトリンゴさんのコメント

この度約4年5ヶ月の間、参加させていただいたKIRINJIより、12月のライブを最後に脱退という形をとらせていただくことにいたしました。これまでも自分の活動を同時に進めて行く際に、どうしてもKIRINJIの活動と重なってしまう事があり、そのことでまたこれからのKIRINJIの前進を妨げてしまうかもしれず、どちらも半端な気持ちでは出来ないと思い、ずっと悩んできました。

KIRINJIの活動では、本当にたくさんの事を勉強させていただきました。

初めてお誘いをいただいたときの驚きも、初めてのコンサートの緊張も、ツアーでメンバーの皆さんとやっとアンサンブルが揃ってきた時の喜びも、色んな気持ちを鮮明に覚えています。

バンドに参加する事が初めてだった私にとって、頼れる仲間がいるんだと気付いた時、とても嬉しかったです。

堀込さんそしてメンバーの皆さん、ありがとう。

良い思い出も苦い思い出も、かけがえのない宝物として、しっかり胸にしまって大切にしていきます。

そして、頼りない私をKIRINJIメンバーとして温かく見守ってくださり、私のライブにまで足を運んでお声がけしてくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。

こんな形でびっくりさせてしまい本当にごめんなさい。

これからもKIRINJIはもっともっと進化して、新しい作品が生まれる度に私たちみんなを驚かせてくださることと思います。

私も、陰ながらそのことを励みに、楽しみに、進んで行きたいと思います。

最後に、12月の東京・大阪公演、良い音が生み出せるよう全力で臨みます。

本当にありがとうございました。



堀込高樹さんのコメント

残念なご報告です。

本年12月の大阪公演を最後に、コトリンゴはKIRINJIより脱退する運びとなりました。

突然のことで驚かせてしまってごめんなさい。

コトリさんのような才能豊かで自律的なアーティストが4年半の長きに渡りグループの一構成員として活動を共にしてくれたことは異例と言ってもいいでしょう。

彼女は歌、演奏、作曲、編曲、その存在感でKIRINJIの音楽に大きな貢献をしてくれました。

KIRINJIの再編成に立ち会ってくれて、本当に心強かった。

ありがとう、コトリンゴ。

あなたの益々のご活躍、ひとりのファンとして楽しみにしています。

そして、今後の話です。

しばらくはサポートの鍵盤奏者に協力していただきながら活動します。

本年はライブもリリースも少なめでしたが、只今KIRINJIは鋭意アルバム準備中、年明け早々にレコーディングに入ります。乞うご期待!です。

これからもKIRINJIをよろしくお願いします。



関連キーワード

脱退 | 音楽 | アーティスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」