ニュース
» 2017年11月21日 11時45分 公開

「佐世保競輪場」のポスターが“とある恋愛ゲーム”風だと話題に 理由を競輪事業所に聞いてみた

やたらと再現度が高い。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 長崎県の佐世保競輪場で12月14日から開催される「九十九島賞争奪戦」のポスターが、90年代に大ヒットした“とある恋愛ゲーム”みたいだとうわさに、いや、話題になっています。


佐世保競輪場 させぼ競輪 恋愛ゲーム風 ときめき 九十九島賞争奪戦 ドット絵 なぜだろう、見てると心がときめいてくる

 ポスターは、初代PlayStationを思わせるドット絵風のイラストで、マフラーを巻いてニット帽を被った女の子がこちらの手を引いているという構図。「九十九島賞争奪戦」のロゴは、どこかで見たようなフォントとカラーリングをしており、女の子の手前に表示されている「会話ウィンドウ」の右上には初代特有の見やすい縦型日付も。これ完全に……。

 ポスターの女の子は、2017年2月にさせぼ競輪公式マスコットキャラクターとして誕生した「九十九島凪海(くじゅうくしま なみ)」ちゃん。かわいらしい女の子のイラストをマスコットにするのは、いまの日本ではもはや珍しくはありませんが、なぜあの恋愛ゲーム風にしてしまったのか。その理由を、公営競技を運営する日本トーター佐世保競輪事業所に聞いてみました。


させぼ競輪 九十九島凪海 マスコットキャラクター 巫女 公式キャラクターの「九十九島凪海」ちゃん

―― まず、「九十九島凪海」ちゃんはどういった経緯で生まれたのか教えて下さい。

佐世保競輪事業所 もともと、2016年末にお正月向けのイベントを考えている中で制作の話が上がりました。競輪の願掛け・レースの安全なども考え、縁起の良い「巫女」がピッタリということもあり、新たなマスコットキャラクターとして誕生しました。

―― 凪海ちゃんは、させぼ競輪でどんな役割を担っているのですか?

佐世保競輪事業所 ひとつは、先輩マスコットの「トップくん・ウィンちゃん」と一緒に、させぼ競輪を盛り上げていくという役割。もうひとつは、佐世保の観光活性化のために今後いろいろと活動を予定しています。



―― 競輪だけじゃなく、佐世保の街全体の活性化を考えているんですね。そんな凪海ちゃんですが、なぜあの恋愛ゲーム風にアレンジしたのでしょうか。

佐世保競輪事業所 競輪のファン層が大体このあたり(30代後半)から濃くなってきているというのが理由です。それと、やっぱり若い人たちにも競輪に興味を持ってもらいたいので。20代の人からすると、ドット絵は逆に新鮮ですよね。

―― Twitterでは、ポスターを見た人から「製作者は絶対30代後半だ」とつぶやかれていましたが、実際はどうなのでしょう。

佐世保競輪事業所 大正解です。30代後半から40代前半まで、いいおっさんが関わってます(笑)。



―― 今後、イラストを使った活動ではどのような展開を目指していますか?

佐世保競輪事業所 もちろん、競輪の普及やイメージアップも目標なのですが、地元佐世保の観光やグルメを盛り上げたいですね。佐世保にこういうキャラクターがいるということで、県外から来てくれた人が競輪場にも寄ってくれればいいかなと思います。


させぼ競輪 郄橋朋恵 野口のぞみ ガールズケイリン イラスト ミニキャラ ミニキャラで地元選手を応援 こちらもさまざまな展開を予定しているとのこと

 させぼ競輪は、「凪海ちゃん」の他にも、佐世保をホームとするガールズケイリンの高橋朋恵選手(「高」ははしごだか)や、野口のぞみ選手をミニキャラ化してグッズ化しており、選手が着用するなど展開を始めています。こういった活動には、競輪という枠にとらわれず地元全体を盛り上げたいという大きな目標があるようです。

 心ときめくレースが連日繰り広げられる「九十九島賞争奪戦」の開催期間は、12月14日から17日までの4日間。訪れる予定の人は、レース日を忘れないように。スケジュールをすっぽかすと凪海ちゃんの爆弾が破裂しちゃうかも?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」