ニュース
» 2017年10月27日 20時20分 公開

絶対にネタバレは見ないでください 海外生まれのビジュアルノベル「Doki Doki Literature Club!」があなたに問いかけるもの週末珍ゲー紀行

ヲタクの妄想に秘められたアンチテーゼ。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 海外ゲームファンの間で現在、大反響を巻き起こしているゲームDoki Doki Literature Club!。Steamの現在の評価は「圧倒的に好評」で(10月27日時点)、レビュー総数1万2250件のうち97%が“好評”という、ちょっと見たことがないレベルの高評価を獲得しています。



Doki Doki Literature Club! なかなか見られない「圧倒的に好評」表示

 公式サイトやゲーム画面を見ても“よくあるビジュアルノベル”にしか見えない同作ですが、一体何がそこまで評価されているのか? 「週末珍ゲー紀行」第9回はそんな「Doki Doki Literature Club!」を取り上げます。

 なお、この記事内でも核心部分には触れないよう配慮していますが、少しでも前情報を入れずに遊びたい人は、今すぐにページを閉じて遊んでみることをおすすめします。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




スタッフロールが流れるまでゲームは終わっていない

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第9回はギャルゲーの皮をかぶった精神的ホラーなビジュアルノベルDoki Doki Literature Club!を紹介します。

 なんてことはない。ただのアニメオタクが理由もなく初対面の美少女にモテまくる萌え系ハーレムゲームだと思いますよね。否。最後までプレイすれば、衝撃の真実と非情な現実を突きつけられるでしょう。あなたが現状を把握できて、真のエンディングにたどり着ければの話ですが。


Doki Doki Literature Club!


 主人公はアニメオタクの学生です。毎日寝坊してくるドジっ子な幼なじみの女の子がいて、もちろん主人公が大好きで無償の愛情であふれています。彼女の猛烈アタックをきっかけに、ひょんなことから読書クラブに入部したら美少女だらけのハーレム状態。しかも全員が理由もなく漫画しか読んだことのないアニオタにくびったけ。ここまではいつもの光景ですよね。実生活では味わえないオタクの妄想をかなえるのがギャルゲーの醍醐味ですから。

 しかし、これだけで終わらないのが「Doki Doki Literature Club!」です。ゲームを起動すると最初に表示されるのが、「お子様や精神的に不安定な方、うつ病を患っている人は不快に感じる可能性があります」という旨のギャルゲーらしからぬ警告文。これが何を意味するのかは、延々と垂れ流される中身のない妄想恋愛ごっこでお腹がいっぱいになったころに理解できるでしょう。それこそが本作の正体であり、公式フォーラムにて開発者があらかじめネタバレ厳禁とクギを差しているゆえんです。


Doki Doki Literature Club! Just Monika

Doki Doki Literature Club! 幼なじみのサヨリは主人公が好きすぎて死にそう

 Steamストアページの精神的恐怖というタグや上記の警告文から、鬱なシナリオやグロ画像を想像する人もいるかもしれません。ネタバレした時点でプレイする価値は水泡に帰してしまうので、具体的な内容には一切触れられません。ただ1つだけいえるのは、主人公がスキーのストックで突き殺されるだとか、ヤンデレのヒロインが別のヒロインの腹を掻っ捌いて中に赤ちゃんがいるかどうか確認するだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片りんを味わえるだろうということだけです。

 もしかしたら少し遊んだだけでは、本作がドキドキさせる真の理由を理解できないかもしれません。ショッキングな事件が起こって心臓が止まりそうになったからといって、それだけが精神的恐怖の正体ではありません。たとえモニターに「END」と表示されてタイトル画面に戻ったとしても、それだけがコンテンツの全てではありません。“スタッフロールが流れるまでゲームは終わっていない”という、全てのゲームにおける共通の事実だけは絶対に忘れないでください。


Doki Doki Literature Club! ロリ系ツンデレのナツキはお菓子作りが得意な子

Doki Doki Literature Club! 黒髪ロング清楚系のユリはシャイだけど独占欲が強い

 そもそもよく考えてみてください。ギャルゲーのヒロインたちはどうして特徴がないのが特徴で、これといってアピールポイントもないアニオタ童貞主人公に無条件でほれてしまうのだと思いますか。それは彼女らの意志ですか。彼女らは誰に向かって話しているのでしょうか。真実の扉を開いて現実と向き合う覚悟と勇気があるなら、ゲームプレイ中にデータがインストールされているフォルダをのぞいてみてください。もしかしたら創造主が残した狂気、あるいは性的に消費されるだけの“彼女”が刻んだ心の声が聞こえてくるかもしれません。

 現段階では英語のみ対応なので、英文がほとんど読めない人には少しハードルが高いかもしれませんが、ゲーム自体は無料です。もし少しでも興味を持っているなら、絶対にフォーラムや動画サイトでネタバレだけは見ないでください。何度でも繰り返しますが、ネタバレを見た時点でプレイする価値は一切ありません。そして警告が示す通り、精神的に不安定な人にはあまりおすすめできません。以上のことを踏まえて、PCの扱いに関する最低限の知識さえあれば、乳袋が舞い踊るヲタクの妄想に秘められたアンチテーゼを心の片隅に刻み込めるでしょう。


Ritsuko Kawai


関連キーワード

ゲーム | ネタバレ | オタク | 妄想 | ギャルゲー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる