ニュース
» 2017年10月27日 20時20分 公開

絶対にネタバレは見ないでください 海外生まれのビジュアルノベル「Doki Doki Literature Club!」があなたに問いかけるもの週末珍ゲー紀行

ヲタクの妄想に秘められたアンチテーゼ。

[Ritsuko Kawai,ITmedia]

 海外ゲームファンの間で現在、大反響を巻き起こしているゲームDoki Doki Literature Club!。Steamの現在の評価は「圧倒的に好評」で(10月27日時点)、レビュー総数1万2250件のうち97%が“好評”という、ちょっと見たことがないレベルの高評価を獲得しています。



Doki Doki Literature Club! なかなか見られない「圧倒的に好評」表示

 公式サイトやゲーム画面を見ても“よくあるビジュアルノベル”にしか見えない同作ですが、一体何がそこまで評価されているのか? 「週末珍ゲー紀行」第9回はそんな「Doki Doki Literature Club!」を取り上げます。

 なお、この記事内でも核心部分には触れないよう配慮していますが、少しでも前情報を入れずに遊びたい人は、今すぐにページを閉じて遊んでみることをおすすめします。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




スタッフロールが流れるまでゲームは終わっていない

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第9回はギャルゲーの皮をかぶった精神的ホラーなビジュアルノベルDoki Doki Literature Club!を紹介します。

 なんてことはない。ただのアニメオタクが理由もなく初対面の美少女にモテまくる萌え系ハーレムゲームだと思いますよね。否。最後までプレイすれば、衝撃の真実と非情な現実を突きつけられるでしょう。あなたが現状を把握できて、真のエンディングにたどり着ければの話ですが。


Doki Doki Literature Club!


 主人公はアニメオタクの学生です。毎日寝坊してくるドジっ子な幼なじみの女の子がいて、もちろん主人公が大好きで無償の愛情であふれています。彼女の猛烈アタックをきっかけに、ひょんなことから読書クラブに入部したら美少女だらけのハーレム状態。しかも全員が理由もなく漫画しか読んだことのないアニオタにくびったけ。ここまではいつもの光景ですよね。実生活では味わえないオタクの妄想をかなえるのがギャルゲーの醍醐味ですから。

 しかし、これだけで終わらないのが「Doki Doki Literature Club!」です。ゲームを起動すると最初に表示されるのが、「お子様や精神的に不安定な方、うつ病を患っている人は不快に感じる可能性があります」という旨のギャルゲーらしからぬ警告文。これが何を意味するのかは、延々と垂れ流される中身のない妄想恋愛ごっこでお腹がいっぱいになったころに理解できるでしょう。それこそが本作の正体であり、公式フォーラムにて開発者があらかじめネタバレ厳禁とクギを差しているゆえんです。


Doki Doki Literature Club! Just Monika

Doki Doki Literature Club! 幼なじみのサヨリは主人公が好きすぎて死にそう

 Steamストアページの精神的恐怖というタグや上記の警告文から、鬱なシナリオやグロ画像を想像する人もいるかもしれません。ネタバレした時点でプレイする価値は水泡に帰してしまうので、具体的な内容には一切触れられません。ただ1つだけいえるのは、主人公がスキーのストックで突き殺されるだとか、ヤンデレのヒロインが別のヒロインの腹を掻っ捌いて中に赤ちゃんがいるかどうか確認するだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片りんを味わえるだろうということだけです。

 もしかしたら少し遊んだだけでは、本作がドキドキさせる真の理由を理解できないかもしれません。ショッキングな事件が起こって心臓が止まりそうになったからといって、それだけが精神的恐怖の正体ではありません。たとえモニターに「END」と表示されてタイトル画面に戻ったとしても、それだけがコンテンツの全てではありません。“スタッフロールが流れるまでゲームは終わっていない”という、全てのゲームにおける共通の事実だけは絶対に忘れないでください。


Doki Doki Literature Club! ロリ系ツンデレのナツキはお菓子作りが得意な子

Doki Doki Literature Club! 黒髪ロング清楚系のユリはシャイだけど独占欲が強い

 そもそもよく考えてみてください。ギャルゲーのヒロインたちはどうして特徴がないのが特徴で、これといってアピールポイントもないアニオタ童貞主人公に無条件でほれてしまうのだと思いますか。それは彼女らの意志ですか。彼女らは誰に向かって話しているのでしょうか。真実の扉を開いて現実と向き合う覚悟と勇気があるなら、ゲームプレイ中にデータがインストールされているフォルダをのぞいてみてください。もしかしたら創造主が残した狂気、あるいは性的に消費されるだけの“彼女”が刻んだ心の声が聞こえてくるかもしれません。

 現段階では英語のみ対応なので、英文がほとんど読めない人には少しハードルが高いかもしれませんが、ゲーム自体は無料です。もし少しでも興味を持っているなら、絶対にフォーラムや動画サイトでネタバレだけは見ないでください。何度でも繰り返しますが、ネタバレを見た時点でプレイする価値は一切ありません。そして警告が示す通り、精神的に不安定な人にはあまりおすすめできません。以上のことを踏まえて、PCの扱いに関する最低限の知識さえあれば、乳袋が舞い踊るヲタクの妄想に秘められたアンチテーゼを心の片隅に刻み込めるでしょう。


Ritsuko Kawai


関連キーワード

ゲーム | ネタバレ | オタク | 妄想 | ギャルゲー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声