ニュース
» 2017年09月16日 22時51分 公開

深い無意識の喜びに満ちた世界へご招待、シンボルとサウンドだけで意思疎通するオープンワールドのMMO雰囲気ゲー「Meadow」週末珍ゲー紀行

認識の木の実を貪った者の末裔にとっては神になるより困難な世界。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第6回はオープンワールドで野生動物になって走り回るだけのゲーム「Meadow」を紹介します。本作は、感情表現やシンボルだけで他のプレイヤーとコミュニケーションを図るというワイルドなゲーム性が脚光を浴びた昨年(2016年)のゲームですが、SNSで話題が再沸騰しているこの機会に、あらためてユルくてふわっと癒される魅力を伝えたいと思います。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




Meadow

 ゲーム開始時、あなたは子どものアナグマです。ストーリーも目的もありません。最大50匹のプレイヤーが野生動物として放り込まれた箱庭の中で、野山を駆け回ったり、お花をつんだり、木の実を食べたり、お昼寝したり。自我を持たない神の領域に浸るだけ。個体名すら持たない動物なので、他のプレイヤーの名前も表示されなければ、もちろん言語で意思疎通を図ることもできません。使えるのは数種類の感情表現と、行動目的をやんわり示唆するシンボルのみです。あとは動物に応じた鳴き声を発するくらい。

 はじめはアナグマしか選べませんが、フィールドのあちこちに点在するお花や木の実、アーティファクトに触れるたびに得られるエッセンスを集めれば、カエルやウサギ、ヤギといった他の動物がアンロックされていきます。同様にエッセンスの量に応じて感情表現やスキンのバリエーションも豊富になります。アーティファクトの中には一定数以上の群れを成していないと入手できないものが多く、こうしたアーティファクトは通常より多くのエッセンスが得られます。他の動物たちと群れれば群れるほど、必然的にできることが増えるというわけです。


Meadow 初めて別の個体と出会った時の感動

Meadow いつのまにか仲間が増えていく

 特筆すべきは、コミュニケーションにシンボルやサウンドしか使えなくても、私たちはかなり正確に意思疎通できるという点です。他の個体に出会った時には誰に教わっただけでもなく飛び跳ねたり鳴いたりして喜びを分かち合い、群れで移動する際には誰かが遅れないようにアイコンで確認をとり、そしてアーティファクトを視認するたびに進行方向を群れで共有するプレイヤーたち。そこにはあらかじめ定められたルールなどなく、それぞれのシンボルの意味すら暗黙のうちに理解し、いつの間にか使いこなしているのです。

 種族も自我も脱ぎ捨てて共に野山を駆け回るうちに、動物たちの間に言葉にできない親近感が生まれていることに気が付くでしょう。それこそが、私たち人間が現代社会で到底味わうことのできない原始への回帰であり、ペットが心理的に与える影響にも似た大自然の癒やしです。もちろん食物連鎖も縄張り争いも天敵の存在もないという条件下ではありますが、非言語的なコミュニケーションツールだからこそ実現できる平和とも言えます。もしチャット欄を備えていたら、行き先を巡って必ず中の人がケンカを始めるでしょうから。


Meadow みんなで仲良くお昼寝の時間

Meadow 群れで協力して大きなご褒美

 この「Meadow」はもともと、オオヤマネコやアナグマになって大自然を生き延びるサバイバルゲーム「Shelter」シリーズや、ネコになりきるアクションゲーム「Paws: A Shelter 2 Game」の世界観を、開発元のMight and DelightがMMOとして再構築した作品です。そういう意味で298円という価格の本作は、同社の別製品をカジュアルに宣伝するためのツールといえるかもしれません。ちなみに、既に他のタイトルを所有しているプレイヤーは過去作品に登場したユニークな動物も使用できます。また、ゲームのサントラを購入すると特別な音響能力が利用できるようになります。

 発売から1年が経過したタイトルとはいえ、時間帯やサーバによってはいまだに200人近いプレイヤーが同時にアクセスしています。デートスポットに必ず動物園を選ぶくらい生き物が大好きな人はもちろん、仕事や恋愛で人生に疲れ果てた人、言葉ですらうまく伝わらない人間のコミュニケーションに嫌気が差した人、真面目に人間を辞めたいと考えている人にはぜひおすすめです。何も考えずに鳴きながら飛び跳ねているだけで必ず癒されること間違いなし。あなたも自己意識の強い生物が決して感じることのできない、深い無意識の喜びに浸ってみてはいかがでしょうか。


Ritsuko Kawai


関連キーワード

動物 | ゲーム | 癒し | コミュニケーション


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」