わーいたーの死ー! ハゲのおっさんが狂った物理法則のショッピングカートで滑っては死ぬ虚無ゲー「Cart Racer」週末珍ゲー紀行

やりたい気持ちは分かる。

» 2017年07月07日 20時00分 公開
[Ritsuko Kawaiねとらぼ]

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第1回はハゲのおっさんがショッピングカートで滑るだけのゲーム「Cart Racer」を紹介します。あらゆる斜面を滑り降りて、ジャンプ台の向こうに待っている巨乳のお姉さんやドラゴンに見事突っ込めばクリアです。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。



週末珍ゲー紀行

 先月はじめにSteamでこっそり発売されたこのゲーム。スキンヘッドのおじさんを操作してショッピングカートに飛び乗るだけと、操作はこの上なくシンプルな一方、クリアするのは至難の業。カートに触れただけで血が吹き出すし、乗り損ねて地面に激突しただけで動かなくなるし、すぐパンツ破れるし。人によっては斜面を滑るまでに心折れるかも。


週末珍ゲー紀行 カートに乗れるまでに10回以上死にました

週末珍ゲー紀行 セクシーお姉さんのお部屋目がけて宙を舞う

週末珍ゲー紀行 ベッドじゃないと失格、そしてすぐパンツ破れる

週末珍ゲー紀行 136回目のジャンプでようやく1面クリア(※画像加工は編集部によるもの)

 無事カートにお尻を突っ込めれば、あとは乱れた物理法則に身を任せるだけ。進行方向だけ微調整しながら、ジャンプ台の向こうに待つゴールを目指します。

 全4ステージあって、それぞれ3段階の異なるゴール地点が用意されています。最初はピンポイントで壁やサンタクロースに突っ込むだけ。次はジャンプ台でセクシーお姉さんのベッドルームやドラゴンが鎮座する城壁へ。最後はさらに高く飛んでヘリやクジラに乗り込みます。


週末珍ゲー紀行 次のステージは鮮血くっきりの真っ白な雪原

週末珍ゲー紀行 くまさんと雪だるまに突っ込んで

週末珍ゲー紀行 サンタクロースを突き飛ばしたら最後はソリへ

 これが想像を絶する難易度で、100回や200回やり直すのは当たり前。ショッピングカートはフレーム単位での入力が求められるほどかじ取りが難しいです。それでいておじさんはスペランカーのように脆弱で、大抵カートに乗り込んだ時点で死んでいるのでジャンプ台から放り出された後はピクリとも動けません。うまくゴール地点に着地できるかは、ジャンプ台に突入する際の速度と角度が全て。見た目に反して繊細なゲームなんです。


週末珍ゲー紀行 第3ステージは大海原に浮かぶ船

週末珍ゲー紀行 目指すはでっかいクジラの頭頂部

 どうしてこんなものを作ろうと思ったのか小一時間問い正してみたいけれど、胸の奥で眠っていた子供のころからの夢みたいな、そんなうまく言葉にできない思いはなんとなく伝わってきます。

 誰もが童心に帰れるバカゲー「Cart Racer」は、Steamにて98円で発売中。開発元のHFM Gamesは過去、ゴキブリになってキッチンでの壮絶な生き様を体験できるゲーム「Cockroach Simulator」をはじめ、実は数々のバカゲーを手掛けてきた常習犯。7月11日からはハエの気持ちになれる「Fly Simulator」の販売も予定しています。


週末珍ゲー紀行 これが最後の難関、心が折れそうになりました

週末珍ゲー紀行 最初は城門に突っ込むだけだけど

週末珍ゲー紀行 次は立ちはだかるドラゴンを飛び越え

週末珍ゲー紀行 次は立ちはだかるドラゴンを飛び越え

週末珍ゲー紀行 しかしニアピンで壁に激突

週末珍ゲー紀行 250回のトライでを経てハッピーエンド

Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  8. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  9. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」