ニュース
» 2017年07月07日 20時00分 公開

わーいたーの死ー! ハゲのおっさんが狂った物理法則のショッピングカートで滑っては死ぬ虚無ゲー「Cart Racer」週末珍ゲー紀行

やりたい気持ちは分かる。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第1回はハゲのおっさんがショッピングカートで滑るだけのゲーム「Cart Racer」を紹介します。あらゆる斜面を滑り降りて、ジャンプ台の向こうに待っている巨乳のお姉さんやドラゴンに見事突っ込めばクリアです。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。



週末珍ゲー紀行

 先月はじめにSteamでこっそり発売されたこのゲーム。スキンヘッドのおじさんを操作してショッピングカートに飛び乗るだけと、操作はこの上なくシンプルな一方、クリアするのは至難の業。カートに触れただけで血が吹き出すし、乗り損ねて地面に激突しただけで動かなくなるし、すぐパンツ破れるし。人によっては斜面を滑るまでに心折れるかも。


週末珍ゲー紀行 カートに乗れるまでに10回以上死にました

週末珍ゲー紀行 セクシーお姉さんのお部屋目がけて宙を舞う

週末珍ゲー紀行 ベッドじゃないと失格、そしてすぐパンツ破れる

週末珍ゲー紀行 136回目のジャンプでようやく1面クリア(※画像加工は編集部によるもの)

 無事カートにお尻を突っ込めれば、あとは乱れた物理法則に身を任せるだけ。進行方向だけ微調整しながら、ジャンプ台の向こうに待つゴールを目指します。

 全4ステージあって、それぞれ3段階の異なるゴール地点が用意されています。最初はピンポイントで壁やサンタクロースに突っ込むだけ。次はジャンプ台でセクシーお姉さんのベッドルームやドラゴンが鎮座する城壁へ。最後はさらに高く飛んでヘリやクジラに乗り込みます。


週末珍ゲー紀行 次のステージは鮮血くっきりの真っ白な雪原

週末珍ゲー紀行 くまさんと雪だるまに突っ込んで

週末珍ゲー紀行 サンタクロースを突き飛ばしたら最後はソリへ

 これが想像を絶する難易度で、100回や200回やり直すのは当たり前。ショッピングカートはフレーム単位での入力が求められるほどかじ取りが難しいです。それでいておじさんはスペランカーのように脆弱で、大抵カートに乗り込んだ時点で死んでいるのでジャンプ台から放り出された後はピクリとも動けません。うまくゴール地点に着地できるかは、ジャンプ台に突入する際の速度と角度が全て。見た目に反して繊細なゲームなんです。


週末珍ゲー紀行 第3ステージは大海原に浮かぶ船

週末珍ゲー紀行 目指すはでっかいクジラの頭頂部

 どうしてこんなものを作ろうと思ったのか小一時間問い正してみたいけれど、胸の奥で眠っていた子供のころからの夢みたいな、そんなうまく言葉にできない思いはなんとなく伝わってきます。

 誰もが童心に帰れるバカゲー「Cart Racer」は、Steamにて98円で発売中。開発元のHFM Gamesは過去、ゴキブリになってキッチンでの壮絶な生き様を体験できるゲーム「Cockroach Simulator」をはじめ、実は数々のバカゲーを手掛けてきた常習犯。7月11日からはハエの気持ちになれる「Fly Simulator」の販売も予定しています。


週末珍ゲー紀行 これが最後の難関、心が折れそうになりました

週末珍ゲー紀行 最初は城門に突っ込むだけだけど

週末珍ゲー紀行 次は立ちはだかるドラゴンを飛び越え

週末珍ゲー紀行 次は立ちはだかるドラゴンを飛び越え

週末珍ゲー紀行 しかしニアピンで壁に激突

週末珍ゲー紀行 250回のトライでを経てハッピーエンド

Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む