ニュース
» 2017年09月29日 19時42分 公開

手を使って手を操作するという無理ゲー 人体の神秘をイヤというほど体験できる人体シミュ「Hand Simulator」週末珍ゲー紀行

こんな複雑な手を余裕で操作している脳みそってすごい。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第7回は自分の手を使って自分の手を操作するだけの体験ゲーム「Hand Simulator」を紹介します。この地球上に人間ほど前肢を器用に使いこなす生物はいません。物をつかんだり拳で殴ったりできるだけでなく、手話やジェスチャーによる意思疎通、信仰や祈願のために祈るという行為、親子や恋人同士による愛情確認など、手は人類文化そのものを象徴する存在でもあります。その偉大さの片りんを味わえる作品です。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。



珍ゲー Hand Simulator

 ゲームモードは全部で4つ。牛の乳搾りに始まり、殺人老婆から身を守るホラー体験、リボルバーやライフルの射撃を弾込めから行うシューティング、そしてアメリカで社会現象にまでなったハンドスピナー。内容だけ聞くと簡単そうに思えるかもしれませんが、手の位置や高さ、手首の角度はもちろん、指の1本1本まで細かく操作しなければいけません。おそらく初見では何1つこなせなくてストレスだけたまるでしょう。

 乳搾りくらいなら、人差し指でツンツンしたり適当にグニグニしたりを繰り返しているだけで白い液体が勢いよく飛び出るので、片手で手軽にこなせます。しかし、銃に弾を込めて撃鉄を起こし、引き金に指をかけるという一連の操作は両手を同時に使うだけでなく、異なる複数の指を器用に動かさなければいけません。ハンドスピナーを回すという行為もしかり。ホラーモードに至っては何をすべきかすら分からずに、指先だけピクピクしながら殺されてしまいます。


珍ゲー Hand Simulator カートリッジをつかむだけで一苦労なのに、これを薬室に込めるなんて無理!

珍ゲー Hand Simulator いい感じに持ち上げるだけで精いっぱいなのに、これを病み付きになるまで回すなんて無理……

珍ゲー Hand Simulator 自分の手すらうまく操れないのに……この婆さんを撃退するなんて無理……

 これらの複雑なアクションを、脳と直結していないマウスとキーボードという外部装置だけでコントロールすることが、いかに困難な課題かを思い知らされるでしょう。むしろ自分の手を使えないことが歯がゆくてイライラしてきます。それもそのはず。手とは、人間が外界への即物的な働きかけを行う際の大部分を占める部分であり、脳内がつかさどる割り当て領域の広さも、人体を占める体積が手よりも大きい腹や腿をはるかに上回っているといわれているのです。手のメカニズムは、それほどに繊細かつ複雑で、それをコントロールするために脳が処理している情報量も並大抵のものではありません。

 実はこの作品、以前に第1回で紹介したアクションゲーム「Cart Racer」と同じ開発元。「Hand Simulator」のほかにも、ゴキブリになってキッチンでの壮絶な生き様を体験できるゲーム「Cockroach Simulator」や、ハエの気持ちになれる「Fly Simulator」、これらを3点セットにしたバンドル「Life Simulator」を販売しています。ちなみに本作にはオンライン対戦モードもありますが、発売から2カ月がたった現在はどの地域を選んでもほとんど人がいないので、野良でのマルチプレイは期待できません。ぶっちゃけゲームとしてはおすすめしませんが、198円で乳搾りを疑似体験するくらいの価値はあるでしょう。


Ritsuko Kawai


関連キーワード

ゲーム | ハンドスピナー | Steam | ストレス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声