連載
» 2017年11月22日 12時00分 公開

「他とは違う夫婦契約=イケてる」という“気持ち悪い自意識”に酔えるか? マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(4)

「せめて仮説を持てよ!」

[ねとらぼ]
合理的な婚活

 Webコミックサイト「スピネル」で連載中の『合理的な婚活 〜DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画〜』。11月22日のコミックス発売を記念して、著者である横嶋じゃのめ先生にインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。

漫画『合理的な婚活』とは?

 「子どもは持たない」「家計は別々」「できれば同居もしたくない」という条件付きでの理想の結婚を目指すべく、マッチングアプリを使ってできるだけ効率的に婚活を進めていこうとする、営業系おたく女のガチ婚活レポ漫画。

著者プロフィール:横嶋じゃのめ

1987年生まれ。雑誌の広告営業をしながら趣味の同人漫画を描いている。三度の飯よりBLが好き。















横嶋じゃのめ先生インタビュー(4)



前回からの続き)

――婚活を続けていると、猛烈な「中だるみ」の時期がやって来るとか。

 来ますねー。私の場合は、職場の先輩で「婚活の定期報告」をしているねこみさん(1話参照)の存在が大きくて。1人でやっていたら今頃やめていたかもしれません。ねこみさんへの定期報告は今も続けていて、コミックスの書き下ろしに当たって話を聞きに行ったりもしました。

 あとは、この連載自体がもう、自分を引っ込みつかなくさせるための装置として働いています。「(婚活しないと)ネタがない!」という。そういうものがない人でも、信頼できる周りの人に婚活していることをふれこむのはおすすめです。

 1人でやっていたら、途中でどうでもよくなっちゃうと思います。「ここまでしてる意味なんだっけ?」「大して食べたくもないレストランに行って、結婚するかどうかも分からない人のヒアリングを一生懸命やってるこの時間なんだっけ?」って絶対なっちゃうなって。

 そんなときに、人に「ちゃんと婚活進めてるの?」って聞かれるだけで、そういえば私が自分で始めたことだったな、こんなことやろうとしてたんだな、って思い出せるから、できるだけ人に言った方がいいです。

――作中にはねこみさん自身の恋愛失敗エピソードも出てきますね。

 男に尽くし過ぎてしまう「末席プレイ」ってやつですね(笑)。ねこみさんの場合は、失恋後に当時の上司が的確な恋愛のアドバイスをくれたという話でしたが、私も「なんで誰も恋愛のことを教えてくれないんだろう?」って本当に思います。

 みんなどこで学ぶんでしょうね。うまく行ってるケースの人たちってきっと満足してるから黙ってて、そのノウハウが拡散されないんですよね。

――4話で出てくる「浜田くん(仮名)」に、「うーん 浮気しそうなんだよな」とダメ出しする場面があります。こういうときは相手のどこを見ているんですか?

 (即答で)若い女が好きそう、っていう。

――(笑)。

 相手と持続性を持って、ずっと長いこと一緒にいたくて、かつ浮気されたくないと思うと――しかも子どもがいなくて別居で、所帯という縛りもないとすると――ある程度、こういう「他と違う独自の夫婦契約を結んでいる自分たちイケてる」みたいな気持ち悪い自意識を一緒に持ってくれる人じゃないと、絶対別の誘惑に負けるだろうな、というのがあるので。それに一緒に酔ってくれそうになかった、という感じです。

 ちなみに彼からはこのあいだ連絡がきて、「マンガ読んだよ、俺そんな浮気しそうかな?」って。「いやめっちゃ若い女好きそうじゃん」と返したんですけど、「毎月連載楽しみにしてるよ〜がんばってください」と応援してくれました。いい人。

――そういうフィードバックが来ることもあるんですね(笑)。このマンガを描いていることはオープンにしているんですね。

 最初に会ったときに、(マンガを描いていることを)言ってもだいじょうぶだなと思った相手なら言います。そのことで「うえーーー」って思われないだろうな、好感持ってくれるだろうな、という人には。

――横嶋さんからの「どんな相手を探してるの?」という質問に、「うーん…それ決めちゃうと狭まっちゃう気がするんだよねぇ そんなに深く考えなくてもいいじゃん」とふんわり答えた彼に、「せめて仮説を持てよ!」と詰め寄るシーンもあります。

 世の中の男の人は、女の人に激詰めというか、いろいろ問い詰められたり提案されたりするのが苦手だってことに1年経って気づきました……。今更ですが。今勤めている会社は周りが全員強い女ばっかりで、あんまりそういうことに気付いていなかったんです。


(5)に続く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい