ニュース
» 2017年11月22日 22時15分 公開

「ナナナナー、ナナナナー」のジョイマン高木、ツイートの言葉選びが詩的だと再評価の声

文学の道もいけるな。

[のとほのか,ねとらぼ]

 「ナナナナー、ナナナナー」のリズムネタで知られるお笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋哉さんが日々Twitterに投稿している内容が詩的ですてきだと再評価する声が高まっています。

ジョイマン なつかしい(画像は吉本興業公式サイトから)

 きっかけとなったのは、深田恭子さんやマツコ・デラックスさんらが出演する宝くじの新テレビCM。深田さんが「なななな〜なななな〜なななな、ななおくえん♪」と口ずさみながらぴょこぴょこ動いて愛嬌(あいきょう)を振りまく姿が話題のCMです。

動画が取得できませんでした
BIG キョウコとお姉ちゃん ジョイササイズ篇 30秒

ジョイマン 深田さん「なななな〜なななな〜なななな、ななおくえん♪」(画像はYouTubeから)

 高木さん本人はこのCMに出演していないものの、「あんなに小さくて泣き虫だった『なななな』が、いつのまにか独り歩きし、独り立ちし、今ではちゃんと自炊までしてる」と我が子のようなネタが自らの手を離れてアレンジされたことを喜び、そのネタが帰ってこられる場所としてジョイマンであり続ける決意をつづっています。やだかっこいい……。


 耳に残るフレーズと韻を踏んだキャッチーなラップネタでブレイクしたジョイマン。Twitterで消えた芸人扱いされると「ここにいるよ」とレスを返すこともある高木さんは、「僕にとって再会の挨拶である『ここにいるよ』は、誰かにとっての別れの挨拶なのかもしれません」と哲学めいたフレーズを生み出すなど、人生の経験値が上がるにつれ、その文才は単純な言葉遊びから詩的な優雅さや切なさを感じさせるものへと昇華しつつあるようです。



 そんな高木さんは11月20日、「『ジョイマン知ってる〜ていうお友達いるかな?』そう子供達に問いかけた後の沈黙が、数時間経った今でも耳に張り付いている」「無愛想に通り過ぎていく木枯らしのざわめきすら、今の僕には優しく響く」などとツイート。情景が目に浮かびそうなポエミーなツイートにファンからは「高木さんの言葉の選び方というか、綴り方とても好きです」「言葉遣いがとても綺麗」「切なくて美しい言葉たち。大好きです」「こんな素敵な文章を書く方だったんですね!」など、秀逸な言葉を紡ぐ才能を称賛する声が相次いでいます。これは新たな可能性が開きつつあるな。

関連キーワード

小説・詩 | Twitter | お笑い芸人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響