ニュース
» 2017年11月22日 20時45分 公開

これが世界か Forbes「最も稼ぐモデル」ランキング、22歳のケンダル・ジェンナーが首位に

15年ぶりに首位交代。Instagramなどソーシャルメディア上での広告契約も盛んに。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 米経済誌『Forbes』が定期的に発表している「世界で最も稼ぐモデル」ランキングが発表され、2002年以降頂点に君臨していたジゼル・ブンチェンに代わり、22歳のケンダル・ジェンナーが首位に輝きました。

ケンダル・ジェンナー 「世界で最も稼ぐモデル」の頂点に立ったケンダル・ジェンナー(画像はケンダル・ジェンナーInstagramから)

 キム・カーダシアンの異父妹であるジェンナーのInstagramアカウントは、8485万人を超えるユーザーがフォロー。ジェンナーが2015年にInstagramに投稿した写真は、ジャスティン・ビーバーに破られるまでは史上最も多くの「いいね」を獲得した1枚で、SNS上でも存在感があるセレブモデルとして知られます。

 同ランキングには2015年に16位で初ランクインすると、翌2016年には3位に躍進。今回の集計では推定年収2200万ドル(約24億6000万円)。Instagramなどソーシャルメディア上での広告契約がランキングを大きく押し上げたようです。


 前回3050万ドル(約34億1600万円)だったブンチェンは、1750万ドル(約19億6000万円)で2位にランクダウン。1350万ドル(約15億1000万円)で初登場3位となったクリッシー・テイゲンも1500万人超のフォロワーを抱えるインフルエンサーとしてソーシャルメディア上で人気となっています。

ジゼル・ブンチェン 長らく同ランキングのクイーンだったジゼル・ブンチェンは今回2位に(画像はジゼル・ブンチェンInstagramから)

 この他、アジア人モデルのリウ・ウェンが8位に、「痩せすぎたモデル」の起用で議論が起こる中、わがままボディでファンを獲得しているアシュリー・グラハムが10位にそれぞれランクインしました。

アシュリー・グラハム わがままボディ 細身モデルの逆を行く健康的な肉体が人気のアシュリー・グラハム(画像はアシュリー・グラハムInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン