ニュース
» 2017年11月22日 20時45分 公開

これが世界か Forbes「最も稼ぐモデル」ランキング、22歳のケンダル・ジェンナーが首位に

15年ぶりに首位交代。Instagramなどソーシャルメディア上での広告契約も盛んに。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 米経済誌『Forbes』が定期的に発表している「世界で最も稼ぐモデル」ランキングが発表され、2002年以降頂点に君臨していたジゼル・ブンチェンに代わり、22歳のケンダル・ジェンナーが首位に輝きました。

ケンダル・ジェンナー 「世界で最も稼ぐモデル」の頂点に立ったケンダル・ジェンナー(画像はケンダル・ジェンナーInstagramから)

 キム・カーダシアンの異父妹であるジェンナーのInstagramアカウントは、8485万人を超えるユーザーがフォロー。ジェンナーが2015年にInstagramに投稿した写真は、ジャスティン・ビーバーに破られるまでは史上最も多くの「いいね」を獲得した1枚で、SNS上でも存在感があるセレブモデルとして知られます。

 同ランキングには2015年に16位で初ランクインすると、翌2016年には3位に躍進。今回の集計では推定年収2200万ドル(約24億6000万円)。Instagramなどソーシャルメディア上での広告契約がランキングを大きく押し上げたようです。


 前回3050万ドル(約34億1600万円)だったブンチェンは、1750万ドル(約19億6000万円)で2位にランクダウン。1350万ドル(約15億1000万円)で初登場3位となったクリッシー・テイゲンも1500万人超のフォロワーを抱えるインフルエンサーとしてソーシャルメディア上で人気となっています。

ジゼル・ブンチェン 長らく同ランキングのクイーンだったジゼル・ブンチェンは今回2位に(画像はジゼル・ブンチェンInstagramから)

 この他、アジア人モデルのリウ・ウェンが8位に、「痩せすぎたモデル」の起用で議論が起こる中、わがままボディでファンを獲得しているアシュリー・グラハムが10位にそれぞれランクインしました。

アシュリー・グラハム わがままボディ 細身モデルの逆を行く健康的な肉体が人気のアシュリー・グラハム(画像はアシュリー・グラハムInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる