ニュース
» 2017年12月08日 19時00分 公開

ポケ森をリアルで再現した結果 「実写版どうぶつの森」動画のクオリティーが高すぎてじわじわくる

この世界大丈夫かな……?

[宮原れい,ねとらぼ]

 スマホアプリゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)」を実写で再現する人が現れ話題になっています。クオリティーの高さにじわじわくる……!



実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 なんというか迫力がすごい……

 いきなり登場するのは、リアルなネコのお面をつけてまっすぐに立つ動物さん。そこも実写なのかとビックリしつつ、手に持つスケッチブックで求めている素材を無言アピールする様子が怪しさ満点です。いや、確かにすごく再現されてるけども。

 そこにプレイヤーキャラクター(人間)が虫取り網を持って現れ、ネコさんが求めている「チョウ」をゲット。かわいい効果音とともに決めポーズをすると、ゲームと同じように迷いなくズボンのポケットにチョウ(※作り物)を押し込みます。だれかはやくプレイヤーに虫かご渡してあげて!


実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 もう持ってるマークが出てるけど、ネコさん用のチョウをゲット

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 手に持ってから

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 このいつもの決めポーズ!(気の抜ける効果音有り)

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 そしてやっぱりポケットへ直行……!

 そして集めたチョウをいつもの紙袋に入れてネコさんに渡すと、ふたりは小刻みに上下左右に揺れる楽しそうな動きをしながら、字幕がないと全然わからない会話へ。細かい部分の動きまで再現されているのに愛を感じる。

 さらにチョウをあげたあとは、チョウを観客にライブの練習をするイベントがスタート。夢はでっかく、スターダム! ゲームをプレイしていると「うん、わかる」となるのが不思議なところ。


実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 願いをかなえてあげるプレイヤー

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 あの楽しそうな動きも再現!

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 そして突然のカラオケである

 続いては、またしてもリアルな真顔のシカさんの願いをかなえるためサカナ釣りへ。こちらもリアルなサカナを釣って袋で渡すと、スケッチブックに描かれた「なかよし度」がアップ。それを見たプレイヤーは勝手に体が動き出すほどうれしそうな様子で、「招待」のボタンは即タッチで反応しています。


実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 サカナまでまさかの本物……?

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 お金をゲット

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 「なかよし度」がアップしてウキウキになるの図

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 迷わず招待!

 最後はプレイヤーのキャンプ場に招待された動物さんのシーンをバッチリ再現。辺りを見回して納得したシカさんは、置いてある椅子に座っては足をゆらゆらしたり、置いてある謎のボタンを数秒ごとに押したりと、超シュールながらすっごく楽しそうです。このシーンの実写の破壊力やばい……。


実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 確認して納得した様子です

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 ただ椅子でブラブラしたり……

実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 ボタンをひたすら押したり……実写だと絵面が危険な気がする……

 投稿したのはTwitterユーザーのよざ ひかる(@HikaruYoza)さん。動画について伺うと、制作費は「黒頭巾」が高く3500円ぐらいかかったそうで、また製作期間は企画・テスト・撮影と土日2日間に編集3日間と、合計5日ぐらいかかったとのこと。

 また製作時はフリー素材だけで作ったため音探しが大変だったとよざさん。むしやサカナをゲットした瞬間のよろこびの声や、動物さんたちの会話などは探してもちょうど良いのがなく、最終的に自分の声を加工して音を作ったそうです。こだわりがすごい。

 ちなみに「どうぶつの森」に登場する中で好きな“どうぶつ”は「アポロさん」とのことでした。もし実写版でワシが登場したら迫力がすごそうだ……。


実写版 どうぶつの森 ポケットキャンプ 再現 この動きだけでもじわじわくる

 動画が投稿されたTwitterでは「再現度高すぎ」「そのまんま」「めっちゃ笑う」と多くのポケ森プレイヤーからの声が寄せられ、また実写で再現された世界観に「ちょっと狂気な世界」と笑いと同時に恐怖を覚える人も現れるなど、さまざまな反応が見られました。


YouTubeでも視聴できます

画像提供:@HikaruYozaさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」