ニュース
» 2017年12月09日 08時00分 公開

あの「セメント袋」がクッションになってふるさと納税に登場 セメント袋なのにかわいいぞ

「大船渡工場80周年記念」にあたっての、震災復興協力への一環とのこと。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 セメント業界でトップシェアを誇る、太平洋セメントの「セメント袋」を再現したクッションが、岩手県大船渡市のふるさと納税返礼品として登場し人気を集めています。


セメント袋クッション セメント袋……と思いきやクッションでした

セメント袋クッション セメント袋のデザインそのままなのに、かわいい

 1万円以上の寄付でもらえるこの「大船渡工場80周年記念 セメント袋クッション」は、全5色(赤、青、白、黄、緑色)の中から好きな色を選べます。サイズは幅370×縦550×マチ80(単位はミリ/上下に別布添付あり)で、枕にも使えそうな大きさ。

 工場に詰まれていそうな無骨なセメント袋が「色付きのクッション」になったその姿には、「欲しい!」という声が相次いでいます。なお通常のセメント袋は25kgもありますが、こちらは片手でカンタンに持ち運べる軽さです。


セメント袋クッション こちらがホントのセメント袋(丸紅セメント資材株式会社より)


 実は今年の夏ごろにもこの「セメント袋クッション」は話題になりましたが、このときのものは、数年前に制作し取引先向けに配布していたという、いわば“PR品”。太平洋セメント広報へ聞いてみたところ、今回はPR目的ではなく、復興途上にある大船渡市に少しでもふるさと納税が集まるようにという願いを込めて、あくまで返礼品として作られたとか。過去のPR品の中でも「価格的に適当」なことからこのクッションが選ばれたそうです。

 年間約200万tのセメントを生産し、東日本大震災からの復旧・復興工事を行っている太平洋セメントは、クッションでも地元復興に貢献しようとしています。


セメント袋クッション こちらが太平洋セメント・大船渡工場

※画像提供:太平洋セメント

辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」