ニュース
» 2017年12月09日 11時15分 公開

「ファンタビ」ジョニ―・デップ降板を望む声に作者J・K・ローリングが正式声明 ファン「本当にがっかり」

元配偶者アンバー・ハードに対するDV報道を理由に。

[城川まちね,ねとらぼ]

 2018年冬に全国公開予定の映画 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で、米俳優ジョニー・デップの出演へ再考を求める声に対し、12月7日(現地時間)、原作者のJ・K・ローリングが正式に声明を出しました

 シリーズ第1作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」でヴォルデモートに次ぐ力を持った闇の魔法使いグリンデルバルドとしてカメオ出演し、続く第2作目となる同作でも同役柄を演じるデップ。ローリングは声明の中で、そのことに対しファンが持つ疑問は「正当な」ものであると認めており、「私たちは再キャスティングの可能性も考えていた」と明かしつつも、「それが実現しなかったことに混乱し怒る人がいるのは理解できる」とデップを起用し続けることに納得できないファンへの理解を示しました。

 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ファーストルック ファーストルックは両端をジュード・ロウとジョニー・デップではさんでいるという豪華さ(画像はJ・K・ローリングのWebサイトから)

 事の発端は、デップが2016年に元配偶者の米女優アンバー・ハードからドメスティックバイオレンスを理由に離婚を申請されたこと。同年8月に離婚成立するまで、デップからの暴力によるとされるハードの痛々しい顔写真や、デップがハードに怒鳴り散らす動画などが流出し、世間を戸惑わせる報道が相次ぎました(関連記事)。

 これを受けてデップが同作へ出演することに抵抗を示す人が現れ、ネット上でも彼を別の俳優と替えるべきとする声と、私生活と俳優としての才能は混同すべきでないとする声がぶつかり合う格好に。また2017年10月に、映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインからセクシャルハラスメントの被害に遭ったことがあるとする声が続出したことで、女性の人権にいっそう強い意識を向けはじめた人も多かったようで、やはりセクシャルハラスメントで告発された米俳優のケヴィン・スペイシーが、主演ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などから降板させられたことと比較し、デップの起用に是非を問いかける投稿も多くみられました。

 「ファンタビ」原作者のJ・K・ローリング 原作者であり脚本も書いているJ・K・ローリング(画像はファンタスティック・ビーストのInstagramから)

 同作の原題は「The Crimes of Grindelwald(グリンデルバルドの罪)」で、グリンデルバルドはタイトルロールでもあることから、物語の核をなす役としてデップの出演シーンも多いと推測されます。ローリングは「この問題をファンと公に話しあえないことがつらく、いらだたしく、時に苦痛でもあった」と重大な決断に伴った苦悩も明かし、デップとハードの間にある協定により2人のプライバシーを守らなくてはいけないこと、そして「あの出来事を理解したうえで、フィルムメーカーらと私は、オリジナルキャストで続けることにただ満足なだけではなく、ジョニー・デップが大役を務めることを心からうれしく思っています」と複雑な事情を踏まえてもデップ起用は制作陣にとって喜ばしいものであると表明しました。

 さらに「タイトルロールの俳優に対する私たちの決断に満足しない人がいるだろうことも受け入れる」とし、善悪を判断する難しさについて述べつつ「ファンタジーの世界でもその外の世界でも、私たちはみんな正しいと信じることをしなくてはならない」と結んでいます。

 「ファンタビ」続編出演のエディ・レッドメインとジュード・ロウ エディ・レッドメインとジュード・ロウ。ダンブルドア役のロウとデップの共演は特に楽しみにする人が多い(画像はファンタスティック・ビーストのInstagramから)

 ローリングがこの声明を拡散したツイートのリプライには、「あなただって以前DVの被害者で、アンバー・ハードの立場だったはず。それなのに今、攻撃者を守る決断をするなんて、本当に、本当にがっかりした」「おっしゃる通り“正しいと信じることをしなくてはならない”のだから、私はこの映画を見ません」「あなたなら再キャスティングする力ぐらいあるはずなのに」と失望を訴えるものが多数寄せられています。

  舞台版ハリー・ポッターのハーマイオニー役に黒人女性が起用されたことに対する反発にも毅然とした態度を取り(関連記事)、人種差別的な風潮には断固として反対の立場をとってきたローリング。彼女自身がかつてシングルマザーとして苦しい時期を経験したこともあり、今回の声明内容とは別のものを期待していた人は多かったようです。

 なお、ローリングが声明を出したあとにハードはTwitter上で、「正確を期するためですが、これが私たちの共同声明全文です。一部をかいつまんで引用するのは正当ではありません。女性たち、がんばって」というコメントともに離婚成立の際に出したデップとの共同声明全文の画像を投稿。ローリングの声明に対する反応に注意を喚起するものと思われますが、リプライ欄ではまた「DVはハードがデップを陥れるためでっちあげたもの」とする人とそれに反論する人たちの対立もみられます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声