ニュース
» 2017年12月09日 18時48分 公開

「ジングルベル」を短調に変えたらトナカイもソリごと崖へダイブしそうな鬱ソングが誕生 「これが本当のシングルベルか」

シングルベル? シングルヘル?

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 クリスマスソングの代表曲「ジングルベル」。これを転調して短調にすると暗い曲になってしまう……。そんなピアノ演奏の動画がTwitterで注目を集めています。



 動画を投稿したのは、これまでも「世にも奇妙な物語」のテーマを変調で弾くなど(関連記事)、たくさんの曲をアレンジ演奏してきたあたりめさん(@atarime_400)。Twitterでの反応は「ロシア民謡みたい」「ハロウィンぽい」「嫌いじゃない」「クリぼっち」となかなかの高評価です。

 それにしてもこの曲、聞けば聞くほど悲しくなってきます。「『ジングルベル』短調にしてみたら悲しいクリスマスになる」とタイトルがついているように、明るいクリスマスソングのはずがどんどん寂しい気分に。サンタクロースもトナカイもデートするカップルも思い浮かばない。こんなクリスマスソングは嫌です。


あたりめ 短調は物悲しい

 あたりめさんご本人もこれは「シングルベル」と追いツイート。それに反応するように「むしろ、シングルヘル」「今年もフリークリスマス」とレスが付き、さらに悲しさが増しているようです。


あたりめ これをクリぼっちのテーマソングにしよう

(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」