ニュース
» 2017年12月16日 11時30分 公開

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー(1/2 ページ)

満を持して登場したシリーズ最新作。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 サメ映画には「フォースの壁」が存在する。それは文字通り、なぜか4作目以降が作られない、という謎の現象だ。

「フォースの壁」を突破した「シャークネード」最新作

 例えばイロモノサメ映画の金字塔、「メガシャーク」シリーズは、巨大ダコ(ジャイアント・オクトパス)、巨大ワニ(クロコザウルス)、機械サメ(メカシャーク)との死闘を繰り広げてきたが、進撃の巨人(グレート・タイタン)との戦いを最後に新作は作られていない。

 「シャークトパス」からまさかのシリーズ化を果たしたサメダコシリーズも3作目「ホエールウルフ」にてシリーズは途絶しており、今年新作が公開された多頭サメシリーズも「ダブルヘッド」「トリプルヘッド」「ファイブヘッド」ときて、これ以上は正直キツいのではないか……と思う。そして何よりあの「ジョーズ」でさえ4作目で完結している。

 しかし我らが「シャークネード」シリーズはついにそのフォースの壁をいとも簡単に破ってしまった。その5作目が12月2日、ついに日本でもリリース。1〜4までの内容は前回の記事をご覧いただくとして、今回は最新作のレビューをお届けする。

【前回までのサメ映画記事】


 本作はシャークネードと人類の戦いが描かれた古代壁画を眺めるシーンから始まる。一行目から何を言っているのかわからないあたり、ああ、今自分はシャークネードの新作を見ているんだなあ……という感覚がやってくる。その後も「インディー・ジョーンズ」や「ミッション・インポッシブル」といった過去の名作映画を彷彿とさせる展開を経て、シャークネードを操ることができるとされる秘宝「シャークゴッド」に手をかけた途端、世界全土でシャークネードが発生。

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー 人類の歴史はシャークネードとの戦いの歴史

 「3」で宇宙に行ってしまっていたせいかすっかり忘れていたが、言われてみれば今までのシャークネードはアメリカばかり襲っていた。我らが主人公、もはや地球随一のシャークネード専門家と化したフィン・シェパードは折れ落ちたビッグ・ベンの長針を手に、ロンドン市街に降り注ぐサメをバッタバッタとなぎ倒し、全身サイボーグの対サメ兵器と化したその妻・エイプリルは宙を舞いながら夫をサポート。これサメ映画だよね? とツッコむ間もなく、愛する我が子・ギルがシャークネードに巻き込まれてしまう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙