ニュース
» 2017年12月16日 11時30分 公開

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー(1/2 ページ)

満を持して登場したシリーズ最新作。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 サメ映画には「フォースの壁」が存在する。それは文字通り、なぜか4作目以降が作られない、という謎の現象だ。

「フォースの壁」を突破した「シャークネード」最新作

 例えばイロモノサメ映画の金字塔、「メガシャーク」シリーズは、巨大ダコ(ジャイアント・オクトパス)、巨大ワニ(クロコザウルス)、機械サメ(メカシャーク)との死闘を繰り広げてきたが、進撃の巨人(グレート・タイタン)との戦いを最後に新作は作られていない。

 「シャークトパス」からまさかのシリーズ化を果たしたサメダコシリーズも3作目「ホエールウルフ」にてシリーズは途絶しており、今年新作が公開された多頭サメシリーズも「ダブルヘッド」「トリプルヘッド」「ファイブヘッド」ときて、これ以上は正直キツいのではないか……と思う。そして何よりあの「ジョーズ」でさえ4作目で完結している。

 しかし我らが「シャークネード」シリーズはついにそのフォースの壁をいとも簡単に破ってしまった。その5作目が12月2日、ついに日本でもリリース。1〜4までの内容は前回の記事をご覧いただくとして、今回は最新作のレビューをお届けする。

【前回までのサメ映画記事】


 本作はシャークネードと人類の戦いが描かれた古代壁画を眺めるシーンから始まる。一行目から何を言っているのかわからないあたり、ああ、今自分はシャークネードの新作を見ているんだなあ……という感覚がやってくる。その後も「インディー・ジョーンズ」や「ミッション・インポッシブル」といった過去の名作映画を彷彿とさせる展開を経て、シャークネードを操ることができるとされる秘宝「シャークゴッド」に手をかけた途端、世界全土でシャークネードが発生。

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー 人類の歴史はシャークネードとの戦いの歴史

 「3」で宇宙に行ってしまっていたせいかすっかり忘れていたが、言われてみれば今までのシャークネードはアメリカばかり襲っていた。我らが主人公、もはや地球随一のシャークネード専門家と化したフィン・シェパードは折れ落ちたビッグ・ベンの長針を手に、ロンドン市街に降り注ぐサメをバッタバッタとなぎ倒し、全身サイボーグの対サメ兵器と化したその妻・エイプリルは宙を舞いながら夫をサポート。これサメ映画だよね? とツッコむ間もなく、愛する我が子・ギルがシャークネードに巻き込まれてしまう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響