ニュース
» 2017年12月16日 11時30分 公開

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー(2/2 ページ)

[将来の終わり,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 以後、フィン一行は世界を舞台にワープを繰り返すシャークネードにとらわれた息子を助けるため、スイス、オーストラリア、イタリア、ブラジル、エジプトを転々とすることになる。コロシアム、ピラミッド、トレビの泉、リオデジャネイロを経てたどり着いたのは西新宿。ついに日本にまでシャークネードが……いや違う、様子がおかしい。見れば無数のサメたちが集まり、一匹の怪獣と化している! あれはゴジラ、いやシャークジラだ! (英語字幕では"Shark-zilla"。クジラじゃないよ)

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー 街に巨大なシャークジラの影
「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー なにが始まるんです?

 これまでにない特大のシャーク・ディザスターに立ち向かう地球最強のサメ退治ファミリー(+元バイトの女戦士)。しかしシャークジラを始めとした、世界各地で雪に砂塵、雷を巻きあげる新手のシャークストームには家族のきずなも儚く、一人、また一人とサメの餌食に……って、この展開「4」でもやったじゃないか! と笑いながら見ていると、案外、同じように事は運ばないのだ。映画が後半に向かい勢いがドライブしていくうち、シリーズをここまで追ってきているマニアであればあるほど「いやこれどうすんの?」と息をのむであろう、驚がくの展開が次々待ちうける。

 冒頭の通り、サメ映画のシリーズは長く続かない。主役がサメであれ人間であれ、成長を続ける彼らは倒すべき敵、超えるべきものを失ってしまうのだ。それは「シャークネード」シリーズにも同じことがいえる。シャークネードは、そしてフィンたちは世界の壁を超え、すでに宇宙をも飛び越えてしまっている。しかし「これ以上何ができるのか?」という全世界のサメ愛好家からの期待の声に、製作陣は最大の形で答えてしまった。そこにあるのは例えるならば「続・猿の惑星」から「新・猿の惑星」に至るような、すがすがしい発想の飛躍だ。

「シャークネード」はついに「ジョーズ」を超えた―― 「シャークネード5 ワールドタイフーン」レビュー DVD好評発売&レンタル中

 思えばこれまで、シャークネードシリーズには大量のパロディーが仕込まれていた。「007」「スター・ウォーズ」「悪魔のいけにえ」「ツイスター」「狼男アメリカン」「クリスティーン」「永遠に美しく…」。しかしこれらはシナリオに生かされることはなかった。ただその場面場面単体で成立するギャグでしかなかったのだ。だが本作のラストを見て確信した。それらは全て、いまこの瞬間のための伏線であったのだと。

 終幕を飾るドルフ・ラングレンの満面の笑顔。それは彼だけのものではない。こちらも思わず頬をゆるませながら、「やりやがったなこの野郎」と笑ってしまった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」