ニュース
» 2017年12月19日 21時30分 公開

なぜかスタッフがビンタされる 毎年攻めまくる五ヶ瀬ハイランドスキー場CM、2018年版もやっぱりおかしい

ヒロインの南ちゃんが都会に出て体当たり営業。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ちょっとエッチな演出が物議を醸したり、恋愛ドラマが展開されたり、毎シーズン“攻めた”仕掛けが話題となる五ヶ瀬ハイランドスキー場CMが、またやってきました(関連記事)。今回の2018年シーズン版は、新設の初心者コースや格安の直行バスをアピールするべく、ヒロインの「南ちゃん」が都会へ営業に出ます。もう変な予感しかしない。


本本本気 営業のため都会へ向かう南ちゃん。キャッチフレーズはまだ昨年の流行を引きずっている

 営業に出る理由は、前回の結果を反省してのこと。スキー場の運営は地元の努力で継続されるものの、目標の来場者数4万人を達成できなかったのです。「このままでは五ヶ瀬ハイランドスキー場は“お客入らんぞスキー場”だと思われてしまう」と、ちょっとうまいこと言った感じの焦燥感から、南ちゃんは旅立ちます。


お客入らんぞ そこでうまいこと言わなくていい

 営業はまず、地道なビラ配りから。「日本最南端の天然雪スキー場」をアピールしますが、なかなか相手にしてもらえず、しまいにはチラシに電動ヒゲそりのカスを落とされてしまいます。昔別のCMで見たぞこんな絵面。


ビラ配り 都会人の反応が冷たい……

ヒゲ ヒゲをそりながら対応する人も

ヒゲ 「こんなにそれましたよ」みたいなCMじゃないってば

 それでもめげない南ちゃんは、ヤマトスキーの専門店へ。店員の浦さんにCMのファンだと言われ、あまりのうれしさに抱きついてしまいます。浦さんとはその後も仲良くしているのですが、2015年版で恋人「テッちゃん」の二股を責めた南ちゃんはどこに行ってしまったのでしょうか。


浦さん 浦さん「ファンなんです。応援してます!」

浦さん 南ちゃん「うれし〜い」

浦さん テッちゃんピンチ

 その後もスケボー好きの少年たちをスノボーに誘っていつもの身振りで指導したり、おとなしそうな青年に「五ヶ瀬ハイランドスキー場なら、初めてのスキーも“キスー”も大丈夫」ときわどい勧誘をかけたり、自由すぎる営業を続ける南ちゃん。撮影スタッフが同スキー場に一度も来たことがないと知ると、「そういうとこよ!」と怒って平手でひっぱたきまくります。もう何でもアリだな。


スノボー 毎年恒例のスノボーのしぐさで勧誘

キスー 「キスーも大丈夫」……何やってるんすか

ビンタ 一度も五ヶ瀬ハイランドスキー場に行ったことがないですって?

ビンタ そういうとこよ! ビターン

ビンタ そのへんにしといてあげて……

 最後は南ちゃんが営業の感想やスキー場への思いを語るインタビュー。スタッフをビンタした理由を聞かれると、「スタッフなのに一度も来たことがないなんて、頭に来ちゃって」と普通に答えました。いや、普通な話でもないな。


インタビュー 理由「頭に来たから」


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」