ニュース
» 2017年12月20日 09時20分 公開

セカオワSaori初の小説『ふたご』が直木賞候補に! 処女作が選出される快挙

ピアノだけが友達だった夏子が人一倍感受性の強い月島に導かれるままに成長していく青春小説。

[Kikka,ねとらぼ]

 人気バンド「SEKAI NO OWARI」で活躍するSaoriこと藤崎彩織さんの処女作となる小説『ふたご』(文藝春秋)が、2017年下期の直木三十五賞の候補となったことが日本文学振興会の発表により分かりました。受賞作は1月16日に発表される予定で、デビュー作がノミネートされるのは過去に事例があるものの珍しいことです。


ふたご SAORI SEKAI NO OWARI セカオワ Saoriさんの処女作『ふたご』

 「SEKAI NO OWARI」ではピアノやライブの演出などを担当しているSaoriさん。初の小説『ふたご』は、いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった夏子が、不良っぽく見えるけれども人一倍感受性の強い月島に導かれるままに成長し、自らの力で居場所を見つけようとする姿を描いた青春小説です。



 構想には5年以上をかけたといい、2017年10月28日に発売されると「凄い作家が出てきたと思います」「表現がとても美しくて、ぎゅっと抱きしめていたいような本」など高評価を獲得(Amazonの評価より)。「SEKAI NO OWARI」のファン以外にも広く受け入れられる作品となりました。


ふたご SAORI SEKAI NO OWARI セカオワ 「SEKAI NO OWARI」のメンバー、最右ピアノを弾いているのがSaoriさん(SEKAI NO OWARI公式サイトより)

 私生活では1月に俳優の池田大さんと5年間の交際を経て結婚し、来年年明けの出産を予定。直木賞の発表と出産時期が重なるため、もし受賞となれば“Wおめでた”となる可能性もあり、ファンからは期待の声があがっています。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」