連載
» 2017年12月21日 18時00分 公開

自分に合ったプリキュアの見つけ方 2017年の「最も再生数が多かったプリキュア第1話」から考えるサラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

ここまで大差がつくとは思いませんでした。

[kasumi,ねとらぼ]

 2017年も終わりに差し掛かり、個人的な趣味で今年のプリキュア関連の数字をまとめていたところ、「とある面白い数字」を見つけました。

 プリキュアシリーズは「プリキュア公式YouTubeチャンネル」で、最新作を除く全シリーズの第1話を無料公開しています。


 そこで、最も「再生数が多い第1話」はどのプリキュアなのか、ちょっと気になって調べてみました。

 初代「ふたりはプリキュア!」でもなく、おもちゃなど関連商品売り上げトップの「ハートキャッチプリキュア!」でもなく、映画興行収入トップの「ドキドキ!プリキュア」でもない。

 2017年、「第1話」の再生数が最も多かったプリキュアは、あのプリキュアでした。と、その前に剣城あきら総決算回、第44話のお話を少しだけ。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



キラキラ☆プリキュアアラモード 「プリキュア今、どこまで進んでいるの?」メーター

このさびしさこそが私の強さ、そして愛だ!

 第44話「雪に秘めた想い!愛をさけべ、あきら!」は剣城あきらが主役の回でした。何事にも万能に見える彼女の唯一の弱点である「妹、みく」を利用したエリシオさん、なかなかのワルでした。あと、毎回のコスプレ姿もすてきです。

キラキラ☆プリキュアアラモード 妹、みく(左)と、剣城あきら(右)

 「自分が寂しかったこと」に気付き、それを受け入れ、やっぱり研究者になる道を選んだ剣城あきら。

 「キラキラ☆プリキュアアラモード」における成長の物語は、「自分のコンプレックス、負の感情を排除するのではなく『そうですけど、それが何か?』と受け入れること」に重点を置いていますよね。排除ではなく、受け入れること。これはプリキュアアラモードの描く「多様性」の面から見ても面白い結論だと思います。

キラキラ☆プリキュアアラモード (左)毎回のコスプレ姿がすてきなエリシオさん

2017年、YouTube再生数が一番多かったのは?

 さて、東映アニメーションは2016年11月29日に「プリキュア公式YouTubeチャンネル」を開設しています。

 同チャンネルでは次回予告から変身シーン、キャラクターソング、ダンス動画などさまざまなコンテンツが配信されています。

 このYouTubeチャンネルが、キラキラ☆プリキュアアラモードという作品を盛り上げた1つの要因であったことは間違いないと思います(子どもたちがいつでも、ダンスの練習ができたり、歌を聞けるのはやっぱり良いことですよね)。

 その公式YouTubeチャンネルでは、最新作「キラキラ☆プリキュアアラモード」を除く、2004年「ふたりはプリキュア」〜2016年「魔法つかいプリキュア!」までの全13作品の「第1話が無料で公開」されています。

 ここで自分が気になったのが「どのプリキュアシリーズが1番YouTube上での再生数が多いのか」です。

 調べてみました。

 (別に「再生数が多い方が優れている」といった話ではありません。あくまで「2017年にたくさん見られたのはコレ」といったただの数字です)。

 また、シリーズにより公開開始時期も違うので、一概に比較はできませんが取りあえず2017年12月17日20時現在での再生数をまとめています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響