ニュース
» 2017年12月27日 21時30分 公開

せんせ……キスって気持ちいいんですか、教えてください『先生、好きです。』

教えたら人生終わってしまう……。

[たまごまご,ねとらぼ]

 先生と生徒の恋愛物語って昔からありますけども、現実ではそもそもだめなんですよ、アウトですよ。

 だからフィクションで楽しもう。『先生、好きです。』三浦糀)の第1話タイトル「女子校教師になってJKと恋してみたいと一度でも思ったことはありますか」に、果たしてNOと言える人はどのくらいいるのか。


先生、好きです。 !!

異性として先生が好きなんです

 女子校の教師、樋口夕樹。先生になって2年、全然うまくいかない日々が続く中、生徒の市川さんに告白されます。

 恋愛経験ゼロの樋口先生。「私は異性として先生が好きなんです!!」と攻めてくる市川さんにたじろぐ。いやいやだめでしょ、倫理的に。すると市川さんの次の手は、こうだ。


先生、好きです。 やわらかいですね

 彼女の攻め方は超至近距離戦。女性として見てもらうための行動をどんどん取っていきます。女子高生が自分の胸をもませてくる。人生でどんだけ徳を積めばこんな体験できるんでしょうか。いや、とはいえこれ、他人に見られたらアウトですね。


先生、好きです。 これ恋に落ちないほうがむりじゃないの

 ピュアな瞳で、グイグイせまる市川さん。

 本人は「女」アピールをしているようですが、彼女の真の凶器は無垢の方。揺れるセミロングの髪。大きく開いた瞳。あどけない口元。ゆるめの胸元のリボン。真っ赤な頬。本人、そこは意識していないからこそ、怖い。胸の「ふに」も本人わかってないんじゃないかなあ。

 一生懸命背伸びして、女としてドキドキさせようとするけど、子どもっぽさが前に出る。このアンバランスが、人を惑わせる。

市川さんによる恋心猛攻撃

 市川さんによる、樋口先生への好き好き猛ラッシュ。一話だけ見ても、すごい。ガード不能な攻撃しかしてこない。


先生、好きです。 うまいなー、わかってるなー市川さん

 まずは授業中にこっそり手を握る。巧みなのは、吊り橋効果抜群なところ。だってギリギリ見つかるか見つかんないかのスレスレじゃないの。心臓破れかねん。そしてこの上目遣いの「せんせ」。男子高校生なら確実にイチコロ。ここの市川さんは「わざとやっている」方。

 他にも「キスって気持ちいいんですか? 教えてください」と唐突に迫ってきたりと、先生なら無理としか言えない詰め寄り方をしてくる。ある意味ガン攻めなのは、子どもっぽいところかも。

 極め付きは、市川さんが体操着に着替えている最中。こう迫ってくる。


先生、好きです。 この構図だいぶえっちなんですが、ちょっと切なさがにじむ

 市川さんの攻めは、全部「ダメ」って言われるの前提なものばかりです。彼女が求めているのは、男として欲望を返すことではなく、なぜダメなのかを誠意を持って応えることなんでしょう。やりすぎな攻めを積み重ねることで、先生が何を考えているか、引き出して自分のものにしたいんじゃないかな。それで、2人のきずなを作っていきたいんじゃないかな。

 だからこそ、彼女の行動にはイヤミがないし、愛らしい。

熱くてはかない恋

 えっちなシチュエーションが次々起きるラブコメディーなんですが、作品全体の空気のしっとり感が胸を突いてきます。

 市川さん、自分からは先生の手を握ろうとするのに、偶然手が重なるとすごくびっくりします。

 「急に触らないでください!!」「私から触る時は、心の準備をしてるからいいんです! 好きな人に触れるには覚悟がいるんです!!」

 かなりガードが固い。このセリフが入ることで、市川さんの貞操観念がはっきりします。

 市川さんは真面目な先生が好き。先生として接してくれる部分も、好き。そんな先生に、触れたい。スキンシップを取りたい。先生として返してほしい。

 女性として見てほしい、とは言うけれども、もしそう見られたら彼女、逃げちゃうかもしれない。生徒じゃなければ、と市川さんは言うけれど、もし樋口先生が先生でなくなったら、本当に好きなままでいられるんだろうか。

 先生を振り回しているようで、実は一番ゆれゆれなのが市川さん。彼女の不安定な恋心、かわいいけど同時に、不安になる。言動全部が儚くて仕方ない。だから、読んだら彼女のこと、好きになってしまう。

 応援していいのかすごく悩ましい。シチュエーションとしてはニヤニヤものなんだけど、今後の状況を考えると苦しさの方が強くなる。内緒で付き合い始めたら、その時点でうまくいかない可能性が出てきそう。追われている現状のバランスが良すぎる。

 しかも一話のラスト、意外な展開も待ってます。「JKに好きって言われて参っちゃうなーコメディー」とはいかなさそう。市川さんの、初々しくて生々しい恋心、もっと見たい。


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  2. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  3. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  4. /nl/articles/2205/15/news003.jpg “お手”を覚えた子柴犬、披露してみると…… まさかの新技に「進化したお手」「かわいすぎる」の声
  5. /nl/articles/2204/25/news111.jpg 華原朋美、怒り爆発の騒動から初家族ショット “ファンへの非礼”謝罪した夫の姿に「3人揃って良かった」
  6. /nl/articles/2205/15/news039.jpg 生駒里奈、乃木坂46のライブにサプライズ出演し「激アツ」「号泣」「最強」と反響 制服姿で同期メンバーへの感謝メッセージも
  7. /nl/articles/2205/15/news006.jpg タイハクオウムが足をダンダンして荒ぶるワケは…… ママの足の間に入ってご満悦な姿が面白かわいい
  8. /nl/articles/2205/14/news071.jpg ありえない立体「ペンローズの三角形」が粘土で制作される 切れ目無しでの再現に「うおぉぉぉ」「脳がバグる」
  9. /nl/articles/2205/13/news168.jpg ルービックキューブは「2次元」にすると分かりやすい……? 画期的な動画が「天才的発想」「すごいことをしていることだけ分かった」と話題
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」