連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由 (1/3)

「HUGっと!プリキュア」今から楽しみです。

[kasumi,ねとらぼ]

 2018年2月4日から新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」が始まります。

 1年間見続けてきた「キラキラ☆プリキュアアラモード」が終わってしまうのは寂しいのですけど、プリキュアファンは毎年、この「別れと出会い」を繰り返し経験しているのですよね。しかし、何年たっても、この「寂しさ」と「期待」が同居する感覚は慣れるものではありません。

HUGっと!プリキュア タイトルロゴ HUGっと!プリキュアのロゴ。15周年記念作品としてハートの意匠が15個ちりばめられている?

 さて2018年の新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」ですが、2017年末にキャラクタービジュアル、基本設定が公開されています。

 まずは見てくださいよ。この美麗なビジュアルを。

HUGっと!プリキュア

 このキービジュアルを見たとき、僕は確信しました。

 2018年「HUGっと!プリキュア」。

 今まで通り、子どもたちに大人気になることは間違いない。

 そして、2018年を代表する「神アニメ」になると。

 なぜ、「HUGっと!プリキュア」は神アニメになり得るのか。

 そこには、5つの理由があるのです。


「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由

1.キャラクターのかわいさ
2.作品テーマが熱い
3.肉弾戦の復活
4.プリキュア15周年でさまざまな仕掛け
5.プリキュアシリーズ、絶好調


kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



1:キャラクターのかわいさ

 なんといってもこのキャラクターのかわいらしさです。

HUGっと!プリキュア

 まずは見てくださいよ。このプリキュアのビジュアル。

 もちろん例年のプリキュアも当然かわいいデザインではありました。しかし「HUGっと!プリキュア」は今までのプリキュアのデザインから「一歩踏み込んだ」攻めたかわいさを感じませんか? チアガール、ナース、キャビンアテンダントを大胆にアレンジしたデザイン、パステル調の彩色が新しい時代を感じさせます。もう、子どもも大人も魅了しまくりです。

 キャラクターデザインが誰なのかはまだ発表されていませんが、「目の描き方」「口の表現」など、個人的には「Yes!プリキュア5(GoGo!)」「スマイルプリキュア!」の川村敏江さんではないかと推測しています(違っていたら笑ってください)。

 (仮にキャラクターデザインが川村敏江さんだとして)実は川村敏江さんがキャラクターデザインを手掛けたプリキュア3作品は「プリキュア公式YouTubeチャンネル」内の無料で見られるプリキュアシリーズ「第1話の動画再生数上位5作品」のうち、3作品を占めているのです。

HUGっと!プリキュア YouTube第1話の再生数トップ5中、3つが川村敏江デザインのプリキュア

 そう。子どもはもちろん、大人のファンも川村敏江さんの「華のあるデザイン」に魅かれるのです。

 もう、この時点で「HUGっと!プリキュア」が神アニメになることは約束されたようなものです(もし、キャラクターデザインが川村敏江さんでなかったら全力で土下座します)。

作品テーマが熱い

 「HUGっと!プリキュア」のテーマは子どもを守るお母さん

HUGっと!プリキュア 今作では「はぐたん」を育てる

 「HUGっと!」のハグは、赤ちゃんをだっこするハグのことのようです。

 プリキュアにおける「子育て要素」は、「フレッシュプリキュア!」のシフォン、「ドキドキ!プリキュア」のアイちゃん、「魔法つかいプリキュア!」のはーちゃんなどでもありましたが、ここまで、ガッツリと「子育てをテーマ」にしてきたのは初めてですよね。

 プリキュア以前のニチアサ「おジャ魔女どれみシリーズ」を思い出した大きなお友達も多いかと思います。

おジャ魔女どれみ ハナちゃんを育てた、おジャ魔女どれみシリーズ(Amazon.co.jpから)

 この「子育て要素」は女の子向けアニメでは定番のシチュエーションでなじみやすく、特に東映アニメでは「おジャ魔女どれみ」「プリキュアシリーズ」などで蓄積された演出のノウハウもたくさんあるでしょう。

 プリキュア15周年記念作品として「本気で」取りにきているテーマだと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露