連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由サラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

「HUGっと!プリキュア」今から楽しみです。

[kasumi,ねとらぼ]

 2018年2月4日から新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」が始まります。

 1年間見続けてきた「キラキラ☆プリキュアアラモード」が終わってしまうのは寂しいのですけど、プリキュアファンは毎年、この「別れと出会い」を繰り返し経験しているのですよね。しかし、何年たっても、この「寂しさ」と「期待」が同居する感覚は慣れるものではありません。

HUGっと!プリキュア タイトルロゴ HUGっと!プリキュアのロゴ。15周年記念作品としてハートの意匠が15個ちりばめられている?

 さて2018年の新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」ですが、2017年末にキャラクタービジュアル、基本設定が公開されています。

 まずは見てくださいよ。この美麗なビジュアルを。

HUGっと!プリキュア

 このキービジュアルを見たとき、僕は確信しました。

 2018年「HUGっと!プリキュア」。

 今まで通り、子どもたちに大人気になることは間違いない。

 そして、2018年を代表する「神アニメ」になると。

 なぜ、「HUGっと!プリキュア」は神アニメになり得るのか。

 そこには、5つの理由があるのです。


「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由

1.キャラクターのかわいさ
2.作品テーマが熱い
3.肉弾戦の復活
4.プリキュア15周年でさまざまな仕掛け
5.プリキュアシリーズ、絶好調


kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



1:キャラクターのかわいさ

 なんといってもこのキャラクターのかわいらしさです。

HUGっと!プリキュア

 まずは見てくださいよ。このプリキュアのビジュアル。

 もちろん例年のプリキュアも当然かわいいデザインではありました。しかし「HUGっと!プリキュア」は今までのプリキュアのデザインから「一歩踏み込んだ」攻めたかわいさを感じませんか? チアガール、ナース、キャビンアテンダントを大胆にアレンジしたデザイン、パステル調の彩色が新しい時代を感じさせます。もう、子どもも大人も魅了しまくりです。

 キャラクターデザインが誰なのかはまだ発表されていませんが、「目の描き方」「口の表現」など、個人的には「Yes!プリキュア5(GoGo!)」「スマイルプリキュア!」の川村敏江さんではないかと推測しています(違っていたら笑ってください)。

 (仮にキャラクターデザインが川村敏江さんだとして)実は川村敏江さんがキャラクターデザインを手掛けたプリキュア3作品は「プリキュア公式YouTubeチャンネル」内の無料で見られるプリキュアシリーズ「第1話の動画再生数上位5作品」のうち、3作品を占めているのです。

HUGっと!プリキュア YouTube第1話の再生数トップ5中、3つが川村敏江デザインのプリキュア

 そう。子どもはもちろん、大人のファンも川村敏江さんの「華のあるデザイン」に魅かれるのです。

 もう、この時点で「HUGっと!プリキュア」が神アニメになることは約束されたようなものです(もし、キャラクターデザインが川村敏江さんでなかったら全力で土下座します)。

作品テーマが熱い

 「HUGっと!プリキュア」のテーマは子どもを守るお母さん

HUGっと!プリキュア 今作では「はぐたん」を育てる

 「HUGっと!」のハグは、赤ちゃんをだっこするハグのことのようです。

 プリキュアにおける「子育て要素」は、「フレッシュプリキュア!」のシフォン、「ドキドキ!プリキュア」のアイちゃん、「魔法つかいプリキュア!」のはーちゃんなどでもありましたが、ここまで、ガッツリと「子育てをテーマ」にしてきたのは初めてですよね。

 プリキュア以前のニチアサ「おジャ魔女どれみシリーズ」を思い出した大きなお友達も多いかと思います。

おジャ魔女どれみ ハナちゃんを育てた、おジャ魔女どれみシリーズ(Amazon.co.jpから)

 この「子育て要素」は女の子向けアニメでは定番のシチュエーションでなじみやすく、特に東映アニメでは「おジャ魔女どれみ」「プリキュアシリーズ」などで蓄積された演出のノウハウもたくさんあるでしょう。

 プリキュア15周年記念作品として「本気で」取りにきているテーマだと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」