連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由 (1/3)

「HUGっと!プリキュア」今から楽しみです。

[kasumi,ねとらぼ]

 2018年2月4日から新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」が始まります。

 1年間見続けてきた「キラキラ☆プリキュアアラモード」が終わってしまうのは寂しいのですけど、プリキュアファンは毎年、この「別れと出会い」を繰り返し経験しているのですよね。しかし、何年たっても、この「寂しさ」と「期待」が同居する感覚は慣れるものではありません。

HUGっと!プリキュア タイトルロゴ HUGっと!プリキュアのロゴ。15周年記念作品としてハートの意匠が15個ちりばめられている?

 さて2018年の新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」ですが、2017年末にキャラクタービジュアル、基本設定が公開されています。

 まずは見てくださいよ。この美麗なビジュアルを。

HUGっと!プリキュア

 このキービジュアルを見たとき、僕は確信しました。

 2018年「HUGっと!プリキュア」。

 今まで通り、子どもたちに大人気になることは間違いない。

 そして、2018年を代表する「神アニメ」になると。

 なぜ、「HUGっと!プリキュア」は神アニメになり得るのか。

 そこには、5つの理由があるのです。


「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由

1.キャラクターのかわいさ
2.作品テーマが熱い
3.肉弾戦の復活
4.プリキュア15周年でさまざまな仕掛け
5.プリキュアシリーズ、絶好調


kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



1:キャラクターのかわいさ

 なんといってもこのキャラクターのかわいらしさです。

HUGっと!プリキュア

 まずは見てくださいよ。このプリキュアのビジュアル。

 もちろん例年のプリキュアも当然かわいいデザインではありました。しかし「HUGっと!プリキュア」は今までのプリキュアのデザインから「一歩踏み込んだ」攻めたかわいさを感じませんか? チアガール、ナース、キャビンアテンダントを大胆にアレンジしたデザイン、パステル調の彩色が新しい時代を感じさせます。もう、子どもも大人も魅了しまくりです。

 キャラクターデザインが誰なのかはまだ発表されていませんが、「目の描き方」「口の表現」など、個人的には「Yes!プリキュア5(GoGo!)」「スマイルプリキュア!」の川村敏江さんではないかと推測しています(違っていたら笑ってください)。

 (仮にキャラクターデザインが川村敏江さんだとして)実は川村敏江さんがキャラクターデザインを手掛けたプリキュア3作品は「プリキュア公式YouTubeチャンネル」内の無料で見られるプリキュアシリーズ「第1話の動画再生数上位5作品」のうち、3作品を占めているのです。

HUGっと!プリキュア YouTube第1話の再生数トップ5中、3つが川村敏江デザインのプリキュア

 そう。子どもはもちろん、大人のファンも川村敏江さんの「華のあるデザイン」に魅かれるのです。

 もう、この時点で「HUGっと!プリキュア」が神アニメになることは約束されたようなものです(もし、キャラクターデザインが川村敏江さんでなかったら全力で土下座します)。

作品テーマが熱い

 「HUGっと!プリキュア」のテーマは子どもを守るお母さん

HUGっと!プリキュア 今作では「はぐたん」を育てる

 「HUGっと!」のハグは、赤ちゃんをだっこするハグのことのようです。

 プリキュアにおける「子育て要素」は、「フレッシュプリキュア!」のシフォン、「ドキドキ!プリキュア」のアイちゃん、「魔法つかいプリキュア!」のはーちゃんなどでもありましたが、ここまで、ガッツリと「子育てをテーマ」にしてきたのは初めてですよね。

 プリキュア以前のニチアサ「おジャ魔女どれみシリーズ」を思い出した大きなお友達も多いかと思います。

おジャ魔女どれみ ハナちゃんを育てた、おジャ魔女どれみシリーズ(Amazon.co.jpから)

 この「子育て要素」は女の子向けアニメでは定番のシチュエーションでなじみやすく、特に東映アニメでは「おジャ魔女どれみ」「プリキュアシリーズ」などで蓄積された演出のノウハウもたくさんあるでしょう。

 プリキュア15周年記念作品として「本気で」取りにきているテーマだと思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2009/23/news159.jpg 「私の勘違い」「虐待ではありません」 華原朋美、高嶋ちさ子に号泣謝罪 尋常でない様子の動画に心配の声やまず
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2009/24/news053.jpg 1歳児の寝かしつけ後、布団を離脱した母が見たものとは…… 育児の「思わぬ伏兵」を描いた漫画が予想外にかわいい
  4. /nl/articles/2009/24/news155.jpg 井村屋が具のない素の中華まん「すまん」を開発中 Twitter担当者とフォロワーの熱意で試作までこぎつける
  5. /nl/articles/2009/25/news014.jpg 「こんなこともできないの?」と言う人は“出来ないこと”がわからない――傷つく言葉が出てくる理由を考えた漫画にハッとする
  6. /nl/articles/2009/21/news037.jpg 「辞めさせていただきます」 「半沢直樹」最終回予告で半沢の出向辞令&退職願提出……衝撃展開にネット考察相次ぐ
  7. /nl/articles/2009/24/news112.jpg アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く
  8. /nl/articles/2009/24/news177.jpg 「Microsoft Flight Simulator」無料アップデートで日本マップを大幅刷新 “完全に実写”だこれ!
  9. /nl/articles/2009/25/news063.jpg 税率が変更されるお酒が一目で分かる! Yahoo! JAPANが特設サイト「酒税法改正 なにがどうなる?」を公開
  10. /nl/articles/2009/24/news159.jpg 「年齢なんてただの数字よ!」夫たちのカミングアウトから始まったおばあちゃん2人の共同生活は…… 「グレイス&フランキー」がコミカルでパワフル

先週の総合アクセスTOP10