連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由 (2/3)

[kasumi,ねとらぼ]

「ママとお仕事」要素で、議論を巻き起こす?

 また、「HUGっと!プリキュア」では子育てと同時に「お仕事」もテーマの一部になるようです。

 「ワーキングマザー」
 「子育てをするのはお母さん」
 「イクメン」

 これらのテーマはネット上で話題になりやすく、この1年間、さまざまな媒体で、さまざまな言及がされることが予測されます。

HUGっと!プリキュア 関西弁を話すハムスター妖精、ハムハム・ハリー。人間体になると、イケメンのイクメンになる

 しかも日曜日の朝に子どもが「お母さん」「お父さん」と一緒に見るプリキュアで「子育て」「ワーキングマザー」「イクメン」を正面から取り上げ、1年間放送する。うん。ネットで盛り上がること間違いなしです。

 「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」というキャッチフレーズが示すように、今作はかなり「ポジティブな内容」になるみたいです。

 これらたくさんの要素を詰め込んだ難しい作品です。まだ発表されていませんが、おそらくシリーズディレクター(監督さん)も、相当実績のある人が務められるのではないでしょうか?

 とにかく、作品テーマ的にも「神アニメ」になる要素がふんだんにあるのです。

肉弾戦の復活

 公式で発表されたコメントなどを見ると、「キラキラ☆プリキュアアラモード」で封印された「肉弾戦」が復活することが予測されます。

 しかも「ひとたび戦えば圧倒的に強い」らしいのです。

 キラキラ☆プリキュアアラモードのクリームエネルギーで敵を拘束するバトルも、あれはあれで面白かったのですが、やっぱり「プリキュア」といえば「肉弾戦」が華ですよね。

 肉弾戦の復活によって、ある意味分かりやい「圧倒的に強いヒーロー」が描かれると思われます。

HUGっと!プリキュア 元気のプリキュア、キュアエール

 初代「ふたりはプリキュア」も、その卓越した戦闘シーンで、多くの新規ファンを増やしました。

 「HUGっと!プリキュア」も、印象的な戦闘シーンで、より多くのファンを魅了するものと思われます。

 プリキュアの戦闘シーンは「よく動く」ことにも定評があり、この肉弾戦の復活は、往年のプリキュアファンにもうれしいことですし、新規のファンを増やすきっかけにもなるのです。

 この肉弾戦の復活もまた、HUGっと!プリキュアが神アニメになる大切な要素なのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた