連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由サラリーマン、プリキュアを語る(2/3 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]

「ママとお仕事」要素で、議論を巻き起こす?

 また、「HUGっと!プリキュア」では子育てと同時に「お仕事」もテーマの一部になるようです。

 「ワーキングマザー」
 「子育てをするのはお母さん」
 「イクメン」

 これらのテーマはネット上で話題になりやすく、この1年間、さまざまな媒体で、さまざまな言及がされることが予測されます。

HUGっと!プリキュア 関西弁を話すハムスター妖精、ハムハム・ハリー。人間体になると、イケメンのイクメンになる

 しかも日曜日の朝に子どもが「お母さん」「お父さん」と一緒に見るプリキュアで「子育て」「ワーキングマザー」「イクメン」を正面から取り上げ、1年間放送する。うん。ネットで盛り上がること間違いなしです。

 「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」というキャッチフレーズが示すように、今作はかなり「ポジティブな内容」になるみたいです。

 これらたくさんの要素を詰め込んだ難しい作品です。まだ発表されていませんが、おそらくシリーズディレクター(監督さん)も、相当実績のある人が務められるのではないでしょうか?

 とにかく、作品テーマ的にも「神アニメ」になる要素がふんだんにあるのです。

肉弾戦の復活

 公式で発表されたコメントなどを見ると、「キラキラ☆プリキュアアラモード」で封印された「肉弾戦」が復活することが予測されます。

 しかも「ひとたび戦えば圧倒的に強い」らしいのです。

 キラキラ☆プリキュアアラモードのクリームエネルギーで敵を拘束するバトルも、あれはあれで面白かったのですが、やっぱり「プリキュア」といえば「肉弾戦」が華ですよね。

 肉弾戦の復活によって、ある意味分かりやい「圧倒的に強いヒーロー」が描かれると思われます。

HUGっと!プリキュア 元気のプリキュア、キュアエール

 初代「ふたりはプリキュア」も、その卓越した戦闘シーンで、多くの新規ファンを増やしました。

 「HUGっと!プリキュア」も、印象的な戦闘シーンで、より多くのファンを魅了するものと思われます。

 プリキュアの戦闘シーンは「よく動く」ことにも定評があり、この肉弾戦の復活は、往年のプリキュアファンにもうれしいことですし、新規のファンを増やすきっかけにもなるのです。

 この肉弾戦の復活もまた、HUGっと!プリキュアが神アニメになる大切な要素なのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」