連載
» 2018年01月04日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由 (3/3)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

プリキュア15周年でさまざまな仕掛け

 プリキュアシリーズが15年目を迎えます。

 現在「プリキュア15周年公式サイト」も開設され、東映アニメーションも気合を入れてプリキュアを盛り上げていくと思います。

 15周年記念として、子ども用のアイテムだけではなく、プリキュアファンの大人たちに向けて、さまざまなアイテムが発売されるようです。

 一例をあげると、キュアブラックとキュアホワイトの大型ヴィネットフィギュアの発売や、

キュアブラック キュアホワイト ふたりはプリキュア 稲上晃さん描き下ろしイラストを元にした大型ヴィネットフィギュア発売。……おいくら万円するのだろう……(YouTubeから)

 「ふたりはプリキュアカードコミューン 15th Anniversary Edition」の発売、

キュアブラック キュアホワイト ふたりはプリキュア カードコミューン ふたりはプリキュア変身アイテム「カードコミューン」。プリキュア、妖精の音声も収録されるようです(YouTubeから)

……などなど。

 これだけで終わるとも思えません。もっと「その先」があるでしょう。

 2017年は初音ミクとのコラボ(関連記事)なども話題になりました。

キラキラ☆プリキュアアラモード 初音ミク 鏡音リン 鏡音レン

 個人的には15周年なので「過去のプリキュア」が少しでも出てくれると、うれしいのですけどね。

 この先「もっと大きなサプライズ」も用意されていると思います。

 このサプライズが発表されるたびに「HUGっと!プリキュア」は神アニメに一歩ずつ近づいていくのです。

プリキュアシリーズ絶好調

 実は、昨年2017年は「プリキュアシリーズ自体」が好調な年でした。

 秋に上映された「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリっと!思い出のミルフィーユ!」は初動2日間の観客動員、興行収入がここ数年で最高の数値を上げ、最終的な興行収入もここ4年で最も高くなりそうです。

プリキュア 映画 興行収入 プリキュアの映画はここ数年、興行収入が増え続けている。キラキラ☆プリキュアアラモードの興行収入は初動数値からの推測値

 また、バンダイナムコが発表しているプリキュアのトイホビー関連商品の売り上げもここ3年は上昇傾向。

 毎年ネットショッピングのアマゾンで発表されているアマゾンランキング大賞2017の「女の子のおもちゃ部門」では、「キラキラ☆プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクト」が第1位を獲得するなど、「プリキュアシリーズ自体が盛り上がっている」のです。

 そしてプリキュア自体が「好調な推移」である、ということは「土台となる視聴者の数が年々増えてきている」ということです。

HUGっと!プリキュア 知恵のプリキュア、キュアアンジュ

 そういった土台の上に、この「子どもも大人も魅了する、一歩進んだ華麗なキャラクターデザイン」で「子育て、お仕事をテーマ」に「格闘も復活」する。

 それを東映アニメーションが一流のスタッフで15周年の総力を結集して作るのです。

 もう「HUGっと!プリキュア」は「神アニメ」になることは約束されたようなものです。

HUGっと!プリキュア 力のプリキュア、キュアエトワール

まとめ

1:キャラクターデザインがかわいい
2:作品テーマが熱い
3:肉弾戦の復活
4:15周年記念で盛り上がる
5:プリキュアシリーズ、絶好調

 これら5つの点を考慮すると、2018年「HUGっと!プリキュア」は、子どもに大人気になるのは間違いなく、

プリキュアファン、そしてたくさんのアニメファンに支持される、まさに、2018年を代表する「神アニメ」になることは、間違いないものと思われます。

 うそだと思うなら、2018年2月4日8時30分。

 ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。


(C)ABC-A・東映アニメーション

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた