ニュース
» 2018年01月04日 18時42分 公開

「MeeToo」に続く新たな流れ 2018年、ハリウッドで一斉にスタートした「TIME’S UP」

ナタリー・ポートマンもInstagram開設。

[城川まちね,ねとらぼ]

 2018年の1月1日、米女優のリース・ウィザースプーンや英女優のエマ・ワトソンらが一斉に「#TIMESUP」のタグが付いたメッセージを投稿し始めました。

TIME’S UP リース・ウィザースプーン Instagram 沈黙は終わり、待つのは終わり、差別やハラスメント、虐待を許すのは終わりにしよう(リース・ウィザースプーンのInstagramから)

 この「時間切れ」を意味する「TIME’S UP」は、映画、テレビ、舞台などエンターテインメント業界で働く俳優、プロデューサー、脚本家たちによって起こされた運動。300人以上の賛同のもと作成された書簡は米『The New York Times』誌にも全面広告として掲載されました。「Dear Sisters」と題されたこの書簡では、農業に従事する女性、工場で働く女性といった、セクシャルハラスメントがうやむやになることが多い職業の女性たちへの支援を表明しており、有色人種、移民、レズビアンやバイセクシャル、トランスジェンダーなどあらゆる立場の人への平等な労働環境も求めています。

TIME’S UP 女優 エマ・ワトソン Instagram フェミニストのエマ・ワトソンも全面支持(エマ・ワトソンのInstagramから)
TIME’S UP アメリカ・フェレ−ラ ドラマ「アグリー・ベティ」で知られるアメリカ・フェレ―ラも賛同者。書簡が掲載された紙面を掲げてにっこり(アメリカ・フェレーラのInstagramから)

 2017年に映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインへのセクシャルハラスメント被害告発をきっかけに起こった「#MeeToo」運動。今回の「TIME’S UP」は、それに賛同した農業に従事する女性たちの組織「Alianza Nacional de Campesinas」による書簡と強くひもづいているもよう。約70万人が署名したこの書簡では、彼女たちがハリウッドで起こっているセクシャルハラスメントにショックを受けたことや、これを告発する運動に勇気付けられたこと、そして農業の世界で起きているセクシャルハラスメントの実態などが明かされています。

 「TIME’S UP」では、彼女たちのように訴訟費用のない人を法的に支援するための基金が設立。15億円を目標にしたこの基金は、記事執筆時点で約14億7800万円まで集まっています。また、セクシャルハラスメントへ対策を行わない企業に対する法的な罰則も訴えかけており、抜本的な改革とともに解決に向かおうとする強い意志が見られます。

 「TIME’S UP」には、この他にメリル・ストリープ、ケリー・ワシントン、クロエ・モレッツ、ブレイク・ライヴリー、ナオミ・ワッツ、マーゴット・ロビーら多くの人々が賛同。これまでSNSアカウントを持っていなかったナタリー・ポートマンは、これを機にInstagramのアカウントを設立しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」