ニュース
» 2018年01月06日 14時00分 公開

夢のような列車だー! “全席サイクリスト専用”列車「B.B.BASE」がデビュー(2/3 ページ)

[岩城俊介,ねとらぼ]

両国駅「幻の3番線ホーム」から出発 週末に2往復、週ごとに4方面で運行

 B.B.BASEは、JR両国駅の「幻の3番線ホーム」と呼ばれるホームから出発します。両国駅の3番線ホームは1982年まで総武線の急行で、また1988年まで「しおさい」「あやめ」など千葉・房総方面特急列車の始発駅として使われていましたが、2010年の新聞輸送列車の定期便廃止を最後に、近年は臨時列車のみが発着するホームとなっています。なお、夏場は「ギョーザステーション」などとして駅ナカの限定ビアガーデンになることもあります。

 JR東日本はB.B.BASEのために、自転車を押してそのままホームへ入れるように、両国駅西口の裏手に専用の出入り口を新たに整備しました。初列車の乗客も「この特別感もいいですね。いきなりワクワクさせてくれます」とにこやかです。

photo 専用のスロープ出入り口を整備。B.B.BASEの乗客はここから直接ホームへ行けます

 車両は6両編成で、1〜3号車と5〜6号車に全99席を用意。全席指定で、1席/2席配列のボックスシートを備えます。4号車はフリースペースとして解放し、サイクリスト同士で交流できる場にしてあります。

photo 座席数は99席で全席指定。ゆったり仕様の座席スペースも魅力です
photo 4号車は広々フリースペースに

 「交流スペースを設けてくれたのもいいですね。なにせ全員サイクリストですから。仲良くならないわけがないですよ」(スポーツナビゲーター 白戸太朗さん)

 運行は、週末の両国駅を出発駅とし、内房線(館山、和田浦行き)、外房線(勝浦行き)、成田線(佐原行き)、総武本線(銚子行き)を使う4方面へ週ごとに切り替わります。例えば、館山と和田浦へ向かう「B.B.BASE内房」は、土曜日と日曜日の7時39分両国発で9時55分館山/10時50分和田浦着、同じく17時10分館山発で19時38分両国着で運行。日帰り、宿泊のどちらにも対応できるようになっています。

 なお、B.B.BASEはびゅう旅行企画商品として販売されます。参考価格は、日帰りプランで1人6500円(往復)から、宿泊プランは現地の各ホテル宿泊料込みで1万円台半ば(往復、2人宿泊の場合)からです。

photo 運転日と各コースの出発/到着時刻


 通常、日本で自転車とともに鉄道などの公共交通機関を利用するには、運行や乗客の安全のために車両を解体したり、折りたたんだりして専用の袋に収めて運ぶ「輪行」が必要。専用の設備を備え、それを不要にしたB.B.BASEは、サイクリストにとって「革命」なのだそうです。このように「専用」「特化」「工夫」で、新たな消費行動を喚起させ、ワクワクする「楽しい特別な体験」を提供する列車、今後ももっと増えていくことに期待です。

photo 車体カラーやグラフィックもB.B.BASE専用デザインを採用。一度は乗ってみたいぞと思わせる特別感が心地いい
B.B.BASE(YouTube/JR東日本千葉支社公式チャンネル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む