ニュース
» 2018年01月13日 14時00分 公開

歴代日本の郵便ポスト、明治から平成まで 激しぶなガチャコレクションが登場

そろえて飾りたい。

[ねとらぼ]

 日本郵便とタカラトミーアーツがコラボした人気の「郵便局ガチャシリーズ」に、郵便ポストの歴代コレクションが登場します。価格は1回300円で、3月4週発売予定。

明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場 「書状集箱(都市用)」(画像左)と「黒ポスト」(画像右)

 日本で郵便制度が始まったのは明治4年(1871年)3月1日から。当時の郵便ポストは「書状集箱」「集信箱」等と呼ばれていましたが、そんな最古のポストもばっちりガチャ化。

 「書状集箱(都市用)」の他にも明治5年から設置された「黒ポスト」や、明治34年(1901年)の「中村式ポスト」、昭和24年(1949年)の「郵便差出箱1号(丸型)」、昭和35年(1960年)の「郵便差出箱4号(速達専用)、昭和45年(1970年)の「郵便差出箱(角型)」、そして平成8年(1996年)の「郵便差出箱13号」まで、年代ごとの代表的なポストをラインアップ。

明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場 「中村式ポスト」(画像左)と「郵便差出箱4号(速達専用)」(画像右)
明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場 「郵便差出箱1号(角型)」

 世代によっては初めて見るものや、まだまだ自宅付近で見たことがあるというものまで、年齢を問わず楽しく眺めることができるガチャになっています。

明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場
明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場
明治から平成まで 日本の郵便ポストガチャコレクションが登場

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響