連載
» 2018年01月11日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:プリキュアって今、何人いるの? 気になったので調べてみた結果 (1/3)

「プリキュアは何人いるのか?」問題は永遠に答えの出ない超難問なのです。

[kasumi,ねとらぼ]

 年も明けて2018年。「キラキラ☆プリキュアアラモード」も佳境に入ってきました。この先はプリキュア最後の戦いが描かれ、俄然(がぜん)盛り上がっていくので、目が離せません。

 さて、1月に入って、番組の最後には次作「HUGっと!プリキュア」の予告映像も流れました。次作は3人のプリキュアでスタートするようですね。

 プリキュアのブログなんかを書いていると、この時期必ず聞かれることがあるのです。

 「結局、今、プリキュアって何人いるの?」。

 どう、答えましょうか……?

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



キラキラ☆プリキュアアラモード 「プリキュア今、どこまで進んでいるの?」メーター

 第46話「ノワール大決戦!笑顔の消えたバースデー!」は、2話構成で来週にも続くお話なので、感想などは次回にまとめて書きたいと思います。次週は「キュアペコリン」が出るようで楽しみですね。


結局、今プリキュアは何人いるの?

 1月に入り番組の最後に次作「HUGっと!プリキュア」の予告が放送されるようになりました。

 公式サイトでは、声優さん、製作陣も発表され、期待も高まっていきますね。

 個人的には「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」の監督、佐藤順一さんがニチアサに帰ってくるのが楽しみです。

 さて、プリキュアのブログなんかを書いていると、新しいプリキュアが発表される度にいつも聞かれるのが、

「結局、今、プリキュアって何人いるの?」です。

 年々増え続けるプリキュア、なんとなくたくさんいるイメージはあるけど、正確な人数を知らない人もたくさんいるのですよね。

 でも、これって実はものすごく答えにくい質問なのです。

 2004年「ふたりはプリキュア」で2人で始まったプリキュアシリーズも年を重ねるごとに人数が増えていきました。

 2007年「Yes!プリキュア」では5人のプリキュアが登場し、その後も毎年3人〜6人ずつプリキュアが増えています。

 そして2018年「HUGっと!プリキュア」スタート時では、3人のプリキュアが登場します。

HUGっと!プリキュア HUGっと!プリキュアでは3人のプリキュアが登場する

 今、プリキュアは何人いるのか?

 2018年1月現在での、プリキュアの人数を表にしてみました。


HUGっと!プリキュア

シリーズ毎のプリキュア人数

2004年:ふたりはプリキュア:2人

2005年:ふたりはプリキュアMaxHeart:1人

2006年:ふたりはプリキュアSplash☆Star:2人

2007年:Yes!プリキュア5:5人

2008年:Yes!プリキュア5Go!Go!:1人

2009年:フレッシュプリキュア!:4人

2010年:ハートキャッチプリキュア!:4人

2011年:スイートプリキュア♪:4人

2012年:スマイルプリキュア!:5人

2012年:映画プリキュアオールスターズNewStage:1人

2013年:ドキドキ!プリキュア:5人

2014年:ハピネスチャージプリキュア!:4人

2015年:Go!プリンセスプリキュア:4人

2016年:魔法つかいプリキュア!:3人

2016年:映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!:1人

2017年:キラキラ☆プリキュアアラモード:6人

2018年:HUGっと!プリキュア:3人



 プリキュア映画を基準として考えた場合、2018年1月現在では、

「55人のプリキュアがいる」

というのが教科書的な答えになります。

 身も蓋もない言い方をすれば、商業的に「子ども向けに商品化されるプリキュア」が55人いる、ということです。


HUGっと!プリキュア

 ただし、これは映画基準なので「キュアエコー」「キュアモフルン」をカウントしています。

 「テレビシリーズに出てきたプリキュア」としては、「キュアエコー」「キュアモフルン」を除いた、

「53人のプリキュアがいる」

となります(さらに「キュアエコー」は入れるけど、「キュアモフルン」はカウントしない、などの考えもあり複雑なのです)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」