ニュース
» 2018年01月13日 08時00分 公開

“ほぼそのまま”レーシングカー トヨタ、市販想定の次世代スポーツカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表東京オートサロン2018(1/2 ページ)

すごい迫力です!

[岩城俊介,ねとらぼ]

 トヨタ自動車のスポーツカーブランド TOYOTA GAZOO Racingは1月12日、幕張メッセで開催されたカスタムカーの展示会「東京オートサロン2018」で、コンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表しました。

photo GRスーパースポーツコンセプト

 GRスーパースポーツコンセプトは、世界耐久選手権(WEC)に参戦するハイブリッドレーシングカー「TS050 HYBRID」とほぼ同じパーツで構成された、高性能市販車のコンセプトモデルです。これまで「シルエット」のみを先行公開(関連記事)していましたが、東京オートサロンの開幕とともにその詳細が明らかになりました。

 パワーユニットには、2.4リッターのV型6気筒ツインターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)」を採用。最大出力はなんと1000馬力(735kW)。高効率のEVシステムと、希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指すとしています。

photo GRスーパースポーツコンセプトの後面

 これまでのトヨタの高性能スポーツカーと大きく違うのは、市販車をレベルアップしていく方法ではなく、モータースポーツ活動で得た先端のノウハウを市販車へ、端的にはレースカーを市販車にしたことです。これが、もっと楽しみ、親しむ、クルマの新たな在り方を示す取り組みだとGAZOO Racing Company プレジデントの友山茂樹氏は述べます。

 そして、「実際に皆さまがステアリングを握れるようになるまでには、まだ時間がかかります。しかし、トヨタが目指す次世代のスポーツカーの在り方を、このGRスーパースポーツコンセプトで感じていただきたいと思います」とし、コンセプトカーといえど本当に市販化を目指していることを強調しました。

photo 主要のパーツはレーシングカー「TS050 HYBRID」と同じ
photo 公開されたスペック

 一体いくらになるかは想像もできませんが……実現したらすごいことになりそうです。

東京オートサロン 2018 プレスカンファレンス(YouTube/トヨタグローバルニュースルーム)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響