ニュース
» 2018年01月15日 16時35分 公開

「一線越えた」神回はこうして生まれた 湯浅政明、「DEVILMAN crybaby」を語る

永井豪「まさしく、ちゃんとデビルマン」。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 永井豪さんの漫画『デビルマン』を原作としたNetflixオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」(全10話)が1月5日に全世界配信されました。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー DEVILMAN crybaby

 これまでにリリースされた『デビルマン』の映像作品と異なり、「原作をラストまで描く」ことで話題の同作。セクシャルでバイオレンスな原作を、「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメーション映画祭のグランプリ(クリスタル賞)を受賞した湯浅政明監督が映像化。特徴的な画調が独創的で特異な原作にかぶさって、ほぼ半世紀前に生まれた作品に現代のポップな命を吹き込んでいます。

 原作を知らない世代にも、あるいは、これまでの映像化に思うところがあった人にもお勧めしたい同作。本記事では、永井さんと湯浅監督に作品公開を迎えた心境を聞きました。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー 永井豪さんと湯浅政明監督

永井豪「DEVILMAN crybabyはまさしく、ちゃんとデビルマン」

── 湯浅監督は「ほかの人にやられるぐらいなら自分で作りたい」と同作の監督を引き受けたと聞きました。なぜそのように思ったのですか?

湯浅 『デビルマン』は衝撃を受けた大好きな作品で、まさか自分が映像化するとは思っていませんでしたが、誰かがやるのなら自分がやりたいと思いました。基本的に作るのが難しそうで、故に“怖い”作品ですが、まだ漫画版の最後まで映像化しきった作品はなかったので、最初に自分が示せればいいなという気持ちで挑みました。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー

 今、原作が“好き”とか“衝撃を受けた”とか言いましたけど、最初にこの作品に触れた当時、作品を十分に理解はしていなくて。人間の弱さみたいなところだけじゃなくて、最後のシーンの意味だったり、シレーヌとカイムに代表されるように、“悪魔にも愛情がある”ことだったり、(不動)明を失いたくなかった(飛鳥)了の気持ちだったりを自分なりにそしゃくして、そしてつなげていきました。

── 作中に登場するラッパーなど原作から変化を感じる部分もありますが、原作から変えてみようと思った部分は?

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー

湯浅 物語を今現在の現代で起こるかもしれない話として描きました。自分が高校生のときに原作を読んで衝撃を受けたり面白かったりした部分は感じたままに描きつつ、当時、一読しただけでは分からなかったような部分を「こうだったら当時の自分はもっと分かったかな」と自分に向けて作った感じです。アニメーションは一方通行で、(コミックを読むように)行って戻ったりすることができないのでそこは丁寧に描きました。

 原作に出てくる不良グループも、変えるというより現代に置き換える感じで、あのように面と向かって因縁を付け、その後はヒロインの牧村美樹と運命をともにするようなキャラって、現代だとラッパーしかないのかなと。「今はこういう時代」という状況を説明する吟遊詩人的な役割も担ってくれるので。

永井 僕は『デビルマン』を描いた時点で自分の出したいことは全て出ていると思っているので、映像化に当たっては(デビルマンという)素材を提供するだけで、それをどう料理するかは自由、というスタンス。過去にもさまざまな形で映像化されてきましたが、変えたいものがあれば変えてもいいと思うし、どんなに変わっても自分としてはうれしいものです。

永井豪50周年記念作品「DEVILMAN crybaby」永井豪篇

── 湯浅監督の画調がここまでフィットするのかと驚きすらあったんですが、永井さんが本作をご覧になった感想は? Netflixでの配信ということもあって、表現もかなり攻めていますよね。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー

永井 湯浅監督の「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」は見ていて、「この監督ならかなりシュールに作ってくれる」と感じていました。実際、なまじリアルに作りすぎてもうそくさいし、齟齬(そご)も出てくる悪魔という存在を描くのに、湯浅監督の抽象的なアニメーションのスタイルは合っていると思いましたね。

 僕が『デビルマン』を描いたとき、デーモンやデビルマン、あるいは“悪魔化”というものを象徴的、比喩的に使っているのを自分でも感じていました。例えば“悪魔化”なら、殺人兵器を持たされていきなり戦場に駆り出され、「いくら殺してもいいよ」と言われる人間と一緒、という思いで使っていたり。湯浅監督は抽象的に表現した本質的な部分をきちんと押さえてくれていて、まさしく、ちゃんとデビルマンになっていました。

 ネットもスマホもないような時代に描いた作品ですが、例えばネット炎上の先に待つ危ない世界まで描き出していたり、デビルマンで描きたかった方向性が現代でも通用することをうまく伝えてくれていますね。

 あとは、表現に対する規制が寛容なのは一番いいことですね。セックスシーンもバンバン出てきますし、これは今までできなかったことだなと(笑)。自由度が低くて制約がある中では作れない作品だったと思います。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビューDEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー 配信開始前の2017年12月28日には作中で描かれる“サバトナイト”をイメージしたイベント「DEVILMAN NIGHT」が開催され、盛り上がりを見せた

湯浅 自由度があるからこそできることもありましたし、映像の尺もはっきりとした決まりはなかったので、エンディングの形を話数によって臨機応変に作ったりすることもできましたね。内容的にもネットを伝播していくことを描いていることもあるので、配信で世界の人が見られるっていいなって。

── 永井先生はセクシャル&バイオレンスな部分の出来はどう感じましたか?

永井 あ、やっちゃったな、いいなって(笑)。

湯浅 作っていくに当たり永井先生にお聞きしたいこともありましたが、お聞きするのもおこがましいなと(笑)。完成された作品が既にあるので、それをただ「理解するんだ」という気持ちで、他の漫画や映像化作品なども見ながら「シレーヌのぬれ場が描きたかったのかな」など永井先生の当時の思いをあれこれ想像しました。永井先生が「やってくれ」と言っているんだと思うことにして(笑)。

「DEVILMAN crybaby」クリエーター篇 30秒

第9話は「一線越えた」神回

── 今作は、不動明や牧村美樹に陸上部という設定を与え、さらにリレー競技の「バトンをつなぐ」行為と重ね合わせながらデビルマンの物語が紡がれているように感じました。湯浅監督は作品をどう解釈し、こうした表現を挿入していったのですか?

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー

湯浅 “了に愛情というものを伝える話”と解釈しました。了が最期に気付くことは、明たちが守ろうとしているもので、それが了に伝わるまでさまざまな現実の出来事にも対峙(たいじ)している姿をバトンやリレーのイメージで重ねて描ければと思いました。

 1人だとそうでもないけど広がれば力となっていくというのは、ジョン・レノンの「Imagine」のような青臭さかもしませんが、理想を持って生きていくことが人間らしいと思います。合理的でもない愛情という概念をバトンに託して伝えるイメージでした。

DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー 不動明
DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー 飛鳥了


DEVILMAN crybaby 湯浅政明 永井豪 インタビュー ヒロインの牧村美樹

── どういう状況でも理想は捨てない美樹を描いた第9話のエンディングに至る流れには震えました。原作でも印象的なシーンですよね。

永井 あそこでデビルマンが助けちゃったりすると、それは物語を描いてきた自分を否定することだと追い込まれるような気持ちで生まれたシーンですね。“普通の漫画”になってしまうかどうかのポイントでした。

── 今作では1人で原画を手掛けた“1人原画回”もあると聞きますが、間違いなく9話もその1つですよね?

湯浅 そうですね。9話の内容は僕も原作で最も衝撃を受けたシーンです。9話は小島崇史さんに1人で原画をやってもらっています。いつもいい原作をいただいて、それがうまくできているのか不安になることも多いんですけど、9話は「一線越えたな」という手応えがあります。

 自分でも“神回”と言ってるんですが、「できている」と思えたのでよかった。(美樹の)叫び声も気合が入っていて、何度も見るのがつらい感じではありましたけど。

「DEVILMAN crybaby」PV第3弾

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」