連載
» 2018年01月18日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:「妖精ペコリン」が「キュアペコリン」に 妖精がプリキュアになれる確率は何%なのか調べてみた (3/4)

[kasumi,ねとらぼ]

ここ3年、妖精が人間になる確率が上がってきている

 2004年の「ふたりはプリキュア」からでみると約半数(51%)が「人間体」および「プリキュア」になっていますが、最近の傾向を見るために、「ここ3年間」で集計してみると、

 Go!プリンセスプリキュア(2015年)、魔法つかいプリキュア!(2016年)、キラキラ☆プリキュアアラモード(2017年)のレギュラーで出てる9体の妖精が全て「人間体」「プリキュア」になっているのです。

 2015年〜2017年の3年間でみると、9体の妖精のうち、

人間体になる率 8体(88.9%)

プリキュアになる率 4体(44.4%)

もあるのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード 映画「奇跡の変身!キュアモフルン!」ではモフルンがプリキュアに(Amazon.co.jpから)

2015年:Go!プリンセスプリキュア

パフ:人間体になれる

アロマ:人間体になれる

ミス・シャムール:人間体になれる

2016年:魔法つかいプリキュア!

はーちゃん:人間体になった。プリキュアになれる

モフルン:プリキュアになった(映画限定)

2017年:キラキラ☆プリキュアアラモード

ペコリン:人間体になった。プリキュアになった

長老:人間体になれる

キラリン:人間体になれる。プリキュアになれる

ピカリオ:人間体になれる

 自主的に変身できる妖精や、不思議な力で一度だけ変身した妖精もいますが、とにかく最近の傾向として「妖精が人間体、プリキュア」になりやすくなっているようです。

 2018年の新しいプリキュア「HUGっと!プリキュア」でもお世話妖精「ハムハム・ハリー」は人間体になれるようです。

キラキラ☆プリキュアアラモード イケメン(イクメン)に変身するハリー

 このままいけば「HUGっと!プリキュア」で育てることになる不思議な赤ちゃん「はぐたん」も人間体に……いや既に人間っぽい赤ちゃん妖精なので、この先成長したり、最終的にプリキュアになったりしないものでしょうか? 楽しみです。

キラキラ☆プリキュアアラモード HUGっと!プリキュアの3人が育てる「はぐたん」

なぜ近作ではプリキュアになる妖精が増えた?

 では、なぜ最近の作品では「妖精」が「人間体」「プリキュア」になることが増えたのでしょうか?

 一概には言えませんし、あくまで個人の推測なのですが、

プリキュアにおいて、「妖精キャラ」というものは基本、子どもたちが「お世話するもの」です。

 そして、プリキュアというアニメは良くも悪くも「おもちゃ」の販促が先行する部分があると思います。

キラキラ☆プリキュアアラモード ドキドキ!プリキュアのお世話してきゅぴ!ちゅぱちゅぱアイちゃん(Amazon.co.jpから)

 「妖精キャラクター」は、番組開始と同時期に「お世話する妖精おもちゃ」が販売され、1年間の売り上げを支えるリードアイテムの1つとなります。春に「変身おもちゃと妖精おもちゃ」、GW前に「武器おもちゃ」、初夏に「追加戦士の玩具」、秋に「箱もの玩具」といった、プリキュアおもちゃの販売方法論が確立された「フレッシュプリキュア!」以降では、「メインの妖精たち」はプリキュアになっていませんでした。

(「スイートプリキュア♪」においても、メイン妖精ハミィはプリキュアになれず、友達のセイレーンがプリキュアになりました)。

 「お世話するべき妖精が変身して人間になる」ことは「妖精玩具」の売り上げを左右しかねない問題なのかもしれません(そのため、メイン妖精は人間体になったとしても1回とか最終回付近のみだったのです)。

 しかし2017年「魔法つかいプリキュア」において、成長する妖精「はーちゃん」の玩具「リンクルスマホン」が大ヒットし、また、モフルンは変身アイテムとしての機能を持つなど、妖精アイテムにもさまざまな種類が見られるようになりました。その辺りから妖精キャラの「新しい見せ方」が増えてきたように思われます。

キラキラ☆プリキュアアラモード リンクルスマホン(Amazon.co.jpから)

 妖精おもちゃの多様化が、結果、昨今の妖精キャラの人間化、プリキュア化につながっているのではないでしょうか。

 もう、妖精キャラは単純に「お世話されるだけ」の存在ではないのです。

キラキラ☆プリキュアアラモード おしゃべり変身モフルン(Amazon.co.jpから)

 この先、妖精キャラは「多様化する玩具」とともに、さらに「新しい見せ方」をしてくることが予測されます。

 単純に「人間体」「プリキュア化」以外に、なにか面白い見せ方をしてくるのではないでしょうか。

 「おもちゃの多様化」により、「妖精の描かれ方も多様化」していく。

 そんな気がするのです。

 HUGっと!プリキュアでは、まさに王道の「お世話される赤ちゃん妖精」が出てくるようですが、単にそれだけで終わるとも思えません。どんな面白いことになるのでしょうか? 楽しみですね。

キラキラ☆プリキュアアラモード HUGっと!プリキュアでお世話する赤ちゃん「はぐたん」(Amazon.co.jpから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」