ニュース
» 2018年01月18日 21時06分 公開

「なんでも書けばいいという風潮に笑えます」GACKT、仮想通貨SPINDLE関連のネットニュースに言及

リテラシーって難しいね。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 2017年末に仮想通貨プロジェクト「SPINDLE」に本名の“大城ガクト”名義で参加を発表した歌手でタレントのGACKTさんが1月17日、ネットニュースで“お気に入り”だという2つのタイトルを紹介し、文言が物議を醸した自身のブログの内容について言葉を補いました。

 「GACKTの【最近のお気に入りニュース】」というブログエントリで、「ちまたではまた色んなネットニュースが騒いでますが」と前置きし、「最近のボクのお気に入りニュースのタイトルが二つあります」と紹介。

 その1つが「GACKTが脅迫!殺害予告」の見出し。これは、SPINDLEへの参画表明後、投資家でブロガーの山本一郎さんがコラムで同プロジェクトの違法性を指摘。年明けにGACKTさんが更新したブログで、「偏った解釈と情報を自信満々でアップしてくださる一部の方達と、SPINDLEを悪用して詐欺などを企てる方たちに(中略)この始まったばかりの一年をどうか無事にお過ごしできることを刹那に願っております。帰り道の一人歩きには十分お気をつけください」とつづり話題に。これに山本さんも「私に対する脅迫文書を掲載したとのことです」などと反応していました。なお、現在は該当箇所を削除したブログエントリが再投稿されています。

GACKT SPINDLE 妙に凝ったコラージュ画像で気になる見出しを紹介したGACKTさん(画像はGACKTオフィシャルブログから)

 “なかなか強烈なインパクトのあるルパン三世並みのタイトルに思わず顔が緩んだ”と感想を述べつつ、過去には食事や麻雀をした仲だという山本さんの切り返しは「ズキューンとやられました。さすがです!」と評価。

 反響を呼んだ文言は詐欺的なサイトを立ち上げるなどしている“スピンドルを語る輩”に対する“呆れの言葉”だと釈明しながら「もし、一郎さんが夜道で襲われるようなことがあったら、ボクが全力で守りますので安心しください。結構ボクは使えるヤツです」(原文ママ)と山本さんのボディーガードを買って出ました。

GACKT SPINDLE セブでSPINDLEのセミナーを行うGACKTさん(画像はGACKTオフィシャルブログから)

 また、もう1つのお気に入りとして挙げたのは「【悲報、GACKTコインは買ったが最後、売却できないことが判明!】」という見出し。これをつづった元のブログはSPINDLEに厳しい視線から分析を加えており、当該ブログエントリでもコインに交換性を持たせるため取引所に上場するには仮想通貨交換業者の登録が必要なはずが、SPINDLEの公式文書では上場の意思はみられず、購入しても一生塩漬け資産になるなどの考察をつづっています。

 この見出しにGACKTさんは、「これには久し振りに大笑いしました。インパクトが大きすぎです」と印象をつづり、「ボクが上場することもないコインをどんな理由で扱うのでしょうか? 謎です...」など内容に疑問を呈する格好に。詳細な説明は脇に置きながら、「最近はアクセス稼ぎの釣り記事があまりにも多く、なんでも書けばいいという風潮に笑えます」とネットニュースの傾向を非難し、「デマ・風説に惑わされることなく、正規代理店及び、当方オフィシャルサイトでの発表を楽しみに待っててください」と情報を判断するためのリテラシーが重要なのだと説いています。

GACKT SPINDLE この内容をつづった元ブログでは、これを受けブログを更新。少なくともGACKTさんは(SPINDLEを)“上場”させるつもりのようだが、「『上場』するのか『登録不要』なのかをはっきりとさせるべき」としています(画像はGACKTオフィシャルブログから)

 2つのトピックはいずれも仮想通貨の話題から派生しているもの。GACKTさんは「結論、すべて大きなプロモーションになっている現状、実は皆さんには大きく感謝しないといけない」としていましたが、目にする言説の中には琴線あるいは逆鱗(げきりん)に触れるものがあったようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声