ニュース
» 2018年01月28日 20時19分 公開

世界のいろんな「さよなら」が集合 クロアチアで生まれた人気企画展「別れの博物館」が日本初上陸

あなたの「さよなら」がみんなの「さよなら」に。

[戌田港,ねとらぼ]

 2018年3月31日〜4月14日にかけ、東京都のアーツ千代田3331で、「別れ」をテーマにした企画展「あなたと私のお別れ展」が開催されます。実際にクロアチアに存在する「別れの博物館」が日本に初上陸したもの。入場料は一般1300円、大学生1000円、中高生500円、小学生以下は無料。


別れの博物館

別れの博物館

 この「別れの博物館」は“別れの経験を共有する”をコンセプトに、クロアチアで2006年に始まったもの。4年間恋愛関係にあった元カップルが「思い出の品物とお話」を展示してみてはどうだろう――と考えて立ち上げました。

 企画展は現在までに世界29カ国45都市を巡回しており、30万人以上が来客。ロンドンでは劇場、オランダでは教会、マケドニア共和国は郵便局と、それぞれ個性的な場所で開催しているのもこの企画展の特徴です。


別れの博物館 クロアチアにある「別れの博物館」

別れの博物館 ロンドンでの開催の様子

別れの博物館 こちらは台北のもの

 「愛する人との何らかの関係が終わりを迎えた時、その時間を思い出すようなアイテムとそれにまつわる品物」を展示するのが別れの博物館のコンセプト。有名なアート作品や歴史的価値のある絵画などではなく、ぬいぐるみや調理器具、オノといった生活の中で何げなく使っていたものや、愛する人が残していったものなどが展示されています。

 展示の一例として2つの小さな置物を紹介します。


別れの博物館 2人の女の子の置物

 両手で手紙を持って立っている女の子。その顔は手紙をワクワクしながら見ているようです。待ちに待った手紙の返事が来たのでしょうか。もう1人は椅子に腰掛け編み物をしている女の子。しかしその視線は手紙を持って立っている女の子に向けられています。もしかしたら編み物をしている子も手紙の返事が気になっているのかもしれません。

 この2つの小さな置物は、寄贈者の2人の子どもを象徴しています。夫の激しい感情の起伏に耐えられなくなっていた寄贈者は、子どもたちを連れアイルランドへ向かいます。寄贈者の夫と娘2人は離れた後も手紙を送りあったり編み物を送ったりしており、その姿を忘れないようにと買った人形なのだそうです。

 このように展示してある品物1つ1つに「別れ」という共通点を持ったストーリーが存在します。先ほどの品物はアイルランドの話でしたが、日本でもこの話に共感を覚える人もいるのではないでしょうか。創設者の2人も「別れの話」に共感することで人々の心がいやされてほしいと語っています。

 現在「別れの美術館」はザグレブの旧市街にあり、13世紀に建立されたカトリック教会「聖マルコ教会」のすぐ近くにあります。

 今回の日本開催にあたり「別れ」にまつわる品物を2月15日まで募集しているので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか。応募は専用ホームページから可能です。小さなコンテナから出発し世界が共感した、見えない「別れ」のカタチ。他の人の「別れ」がどんなカタチをしているか見てみたいものです。


(戌田港)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」