連載
» 2018年02月01日 18時00分 公開

「キラキラ☆プリキュアアラモード」が大成功を収めた5つの理由サラリーマン、プリキュアを語る(3/4 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]

新しいことに挑戦した意欲作

 キラキラ☆プリキュアアラモードは「肉弾戦の封印」を筆頭に、さまざまな挑戦を行ったプリキュアでもありました。


<肉弾戦の封印>

 キラキラ☆プリキュアアラモードでは「スイーツを作る楽しさをバトルでも生かしたい」という監督の思いから、パンチやキックといったプリキュアの代名詞ともいえる肉弾戦を封印しました。

 「小さな子どもの中には敵が出てくると怖がって見なくなる」といった意見もあったようです。

 「ホイップエネルギーを駆使して戦う」場面はカラフルでどこかコミカルで、またそれでいて映像的にも派手な戦闘シーンが描かれ、小さな子どもでも安心して見ることができたようです。

キラキラ☆プリキュアアラモード キュアホイップ クリームエネルギーで戦うキュアホイップ

 (一方で「大きなお友達的」には戦闘がやや物足りない、といった意見も聞かれましたが、「子どもの思いを最優先する」プリキュアにおいては、正しい選択だったのだと思います)。

 肉弾戦の封印は「キラキラ☆プリキュアアラモード」の最大の特徴といえるのではないでしょうか。


<スイーツ作り実写映像の挿入>

 第1話において、スイーツを作る際に「実写の映像」が挿入されました。プリキュアシリーズの歴史の中でも「実写映像」が本編に入ってきたのはめずらしく(初代「ふたりはプリキュア」第8話で1回あったようです)以後、番組の最後に1分間クッキングとして実写でのスイーツメイキング映像が放送されるようになりました。

 これにより、子どもとその親がたくさんのスイーツを作り、TwitterなどのSNSに上げて盛り上がる、といった光景を目にするようになりました。プリキュアの作ったスイーツを現実でも作る。まさにスイーツが「アニメ」と「現実」をつなげる1つの役割を果たしていたものと思われます。

キラキラ☆プリキュアアラモード スイーツ 番組内ではたくさんのスイーツが作られました

<ライブイベント開催>

 2017年10月7日、かつしかシンフォニーヒルズにて、「キラキラ☆プリキュアアラモード LIVE2017スウィート☆デコレーション」と銘打ったライブが開催されました。

 声優さんと歌手が一緒になってプリキュアのキャラクターソングを歌う音楽ライブイベントはプリキュアでは初の試みとなりました(自分は行くことができなかったのが残念です……)。

 また、キャラクターソングを積極的に展開するなど、「音楽」に関しても新しい挑戦が見受けられました。

キラキラ☆プリキュアアラモード プリキュアLIVEスイートデコレーション プリキュアLIVEスイートデコレーションでは声優さんと歌手一緒になってプリキュアソングを歌いました(Amazon.co.jpから)

<国境なき医師団とのコラボ>

 宇佐美いちかの母親が海外で医者として活躍していることより、実現したコラボレーション。国境なき医師団の日本設立から25周年を迎えたのを記念し、主人公のキュアホイップ(宇佐美いちか)がお祝いのコメントを寄せました。

 自分的には、最初聞いたとき、目を疑った「意外なコラボ」でした(関連記事:国境なき医師団と「プリキュア」が異色コラボ、アニメ界で初 主人公の母親とSNSの話題がきっかけ)。

キラキラ☆プリキュアアラモード 国境なき医師団 描き下ろしのビジュアル

 これも新しい試みですよね。

 その他、2017年1月28日の最終回には直前に放送されている「サンデーLIVE!!」にキュアホイップが出演。

 キャスターの東山紀之さんとリアルタイムで会話をしました。

キラキラ☆プリキュアアラモード キュアホイップ サンデーLIVE!のキャスター東山紀之さんとリアルタイムで会話したキュアホイップ

 とにかく「新しいことにチャレンジし、それを取り入れていこう」ということが感じられた1年でした。


YouTubeプリキュアチャンネルの開設

 2017年「キラキラ☆プリキュアアラモード」からプリキュア公式YouTubeチャンネルが開設され、本格的に動画配信が行われるようになりました(ただし、「見逃し配信」はいまだにありません)。

 この動画が子どもたち(とその親)にかなり好評だったもようです。

 再生数を見てみると、

オープニングソング 480万再生
前期エンディングソング 700万再生
後期エンディングソング 650万再生
ダンスレッスンムービー 250万再生
キュアマカロンダンスムービー 230万再生

その他たくさんの動画が公開され、軒並み100万再生以上の大人気を博しています。

 NHK放送文化研究所が発表している「幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況」によると、2017年においてインターネット動画を見る幼児は47%にも達しているようです。

 いまや、幼稚園児もスマホなどでインターネット動画を見る時代です。

 これまでのプリキュアシリーズはネット動画には消極的なイメージがありましたが、この施策によりいつでもどこでもプリキュアの歌とダンスが見られ、「子どもの心」を常時プリキュアに向けることに成功したものと推測されます。

 上記のように、「キラキラ☆プリキュアアラモード」ではコンテンツ力の高さに加え、新しいチャレンジが成功し、またYouTubeによる積極的な動画配信などにより、子どもたちに好評を博したものと思われます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」