ニュース
» 2018年02月01日 17時15分 公開

「恋愛関係でもあります」 事務所独立の小泉今日子、“人間としてのけじめ”と豊原功補との関係について言及

豊原さんもサイト上で説明。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 女優の小泉今日子さんが2月1日、デビュー以来所属していた事務所を1月末で離れ独立したことを、自身が2015年に設立した制作会社「明後日」Webサイト上で発表。併せて、“人間としてのけじめ”として、一部週刊誌などが報じた俳優の豊原功補さんとの関係について「恋愛関係でもあります」などと認めました。



 サイト上で、“デビューから36年もの間、育て守って頂いたことに返しきれないほどの恩を感じ”ているというバーニングプロダクションからの独立を報告した小泉さん。50代に差し掛かり残りの人生を意識したときに「このままでいいのかという疑問が心に生じた」と独立の契機をつづり、“より成熟したエンターテイメントの世界を見るために”マネジメントとアーティストとの関係性も含めて模索していきたいと考えるようになったからであると説明しています。

 加えて、豊原さんとの関係については、明後日の設立当初から力を貸してもらっている“同じ夢を追う同士”であると同時に「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と報道を一部認めるも、事実ではない記事も多く“豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております”と謝罪。

 2人の関係が最初に報道されたときに、“(豊原さんの)ご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨”をスタッフに伝えた結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年が過ぎてしまったと説明。結果、豊原さんが既に離婚しているかのような誤った報道がはびこる一因につながっていったことを悔い、「一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません」とつづりました。

豊原功補 小泉今日子 豊原さんも公式サイト上で報告(画像は豊原功補公式サイト

 また同日、豊原さんも公式サイト上でこの件について言及。小泉さんとの関係について、「志を共にするパートナーシップ」「恋愛感情も伴っております」と小泉さんの説明を追認する形で報告。家族とは3年近く前から別居しているものの、離婚が成立しているわけではなく、家族に対しさまざまな厳しい思いを強いていることに自責の念は尽きないとしながらも、それら全てを公に語っていくのではなく、自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいとつづりました。

 一方で、一部週刊誌などで報じられてきた内容は直接の取材要請などもない虚実入り乱れたものだったにもかかわらず、それを黙認し、口を閉ざしてきたこの数年間を反省していると今回の発表に至る心境を吐露。文意としては小泉さんが「私の行動に一因があったのかもしれない」と自責する部分は自らの責であるとも読み取れますが、いずれにせよメッセージの終盤では「今後全て私の一身で受ける所存」だとし、私人である家族や親類などへの取材などをしないよう訴えました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声