ニュース
» 2018年02月05日 15時34分 公開

「作中で動物が死ぬかどうか」を教えてくれる検索サイトがパワーアップ 虫やピエロ、びっくり演出の有無まで検索可能に

作中にストレスになりうる要素があるかどうか総合的にチェックできる仕様に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 作中で動物が死ぬ描写があるかどうか調べられる検索サイト「Does the Dog Die?」(関連記事)が、近ごろパワーアップしたとTwitterで再び話題になっています。いつの間にか、虫やヘビ、ピエロなど「怖い要素」の有無まで分かるようになっている……これらを恐れる人に役立つはず。


IT ピエロが怖い人は検討すらしないような映画ですが、分かりやすい例として「IT」で検索。確かに「Are there clowns?(ピエロ出てくる?)」の項目が「YES」となっています。

 同サイトはもともと、「動物の死」が含まれる映画を、苦手な人がうっかり見てしまうことのないよう事前に調べられるサイトでした。現在は映画のほか、テレビ番組や書籍も対象に。そして各作品に含まれる「ストレスになりうる描写」の有無を、幅広く調べられるようになっています。

 洋題かローマ字で作品名を入力すると、18種類のチェック項目が表示。内容は非常に細かく、「jumpscare(突然の音や映像の変化で驚かせる演出)」「ドアベルの音」「何かが生きたまま焼かれる」「シャワーシーン」など、ホラーやサスペンスでよくある恐怖的もしくは残酷な描写の有無まで分かります。


子どもの死 「子どもの死」と「両親の死」は、ネタバレに大きく関わる可能性があるためか、クリックしない限り表示されないようになっています。また、性暴力描写に関しては、右側のリンク先で詳細を確認可能

 ここまで細かく調べられるとネタバレになりかねない気もしますが、苦手な(あるいは好きな)要素があるかどうか知っておかないと安心して作品を楽しめないこともありますし、気になる人はチェックしてみるといいでしょう。ちなみに「JoJos Bizarre Adventure(ジョジョの奇妙な冒険)」で検索すると、ほぼ全項目が「Yes」になっていて、言われてみれば……と感心させられます。それ自体が作品の価値を落とすわけではありませんけれど。


ジョジョ 「ジョジョ」の検索結果。そういえば、「カークラッシュ」も「(怖い)ヒゲそりシーン」も第3部にありますね。ラリホー(ピエロ要素)

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン